Extra ニュース

ロイター「米軍トップの将軍が中国に密かに電話、トランプ大統領が戦争を引き起こす可能性を懸念 」

写真は、米バージニア州アーリントンのペンタゴンでニュースブリーフィングを行う統合参謀本部議長のマーク・ミリー陸軍大将(2021年8月18日撮影)。REUTERS/Yuri Gripas

Photo 出典元

米国時間9月15日6:27 PM JST byREUTERS

日本語解説:WAU

米軍トップの将軍が中国に密かに電話、トランプ大統領が戦争を引き起こす可能性を懸念

U.S. top general secretly called China over fears Trump could spark war

記事によると、昨年の大統領選挙での敗北の可能性が迫り、その余波でドナルド・トランプ大統領(当時)が中国との戦争を引き起こす可能性があるとの懸念から、米軍トップの将軍が中国側に2回、密かに電話をかけていたとワシントン・ポスト紙が14日に報じました。

統合参謀本部議長のマーク・ミリー米陸軍大将は、選挙の4日前の2020年10月30日に人民解放軍の李左城大将に電話をかけ、トランプ支持者が連邦議会で死者を出す暴動を起こした2日後の1月8日にも電話をかけたと、同紙は報じています。

李左城大将
Li Zuocheng

Photo 出典元

通話の中でミリー氏は、米国は安定しており、攻撃するつもりはないこと、もし攻撃がある場合は相手に事前に警告することを李氏に伝えようとした、と報じています。

この報道は、ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏ロバート・コスタ氏が200人の情報源へのインタビューに基づいて執筆した新刊「Peril」に基づいており、来週発売される予定です。

ボブ・ウッドワード

Photo 出典元

ロバート・コスタ

Photo 出典元

トランプ氏は声明の中で、この話を「捏造されたもの」と疑いの目を向けました。もしこの話が本当なら、ミリー氏は反逆罪で裁かれるべきだと述べました。「言っておくが、私は中国を攻撃しようと考えたことすらない」とトランプ氏は述べています。

ミリー氏の事務所はコメントを控えています。

共和党のマルコ・ルビオ上院議員は、民主党のジョー・バイデン大統領にミリー氏の即時解雇を求めました。

ルビオ上院議員は、バイデン大統領に宛てた手紙の中で、「軍の上級士官が米軍の作戦に関する機密情報を漏らすことの危険性について、私が説明する必要はありませんが、このような破壊行為は、外国との交流において国力の手段である大統領の交渉力や活用力を損なうものであることを強調します」と述べています。

マルコ・ルビオ上院議員

Photo 出典元

ワシントン・ポスト紙の報道について尋ねられたホワイトハウスのカリーヌ・ジャンピエール報道官はコメントを控え、統合参謀本部と国防総省に質問を伝えました。

カリーヌ・ジャンピエール報道官

Photo 出典元

共和党のトランプ氏は、2018年に軍のトップポストにミリー氏を指名したが、2020年11月の大統領選挙後、他の任命者や元スタッフと同様にミレイ氏を批判し始めました。

ワシントン・ポスト紙は、ミリー氏が2回目に北京に接触するに至ったのは、1月8日にナンシー・ペロシ米下院議長との電話で、「不安定な大統領」が核攻撃を行うのを防ぐためにどのようなセーフガードが用意されているかを将軍に質問したことが一因だと報じています。

通話記録によると、ペロシ氏はミリー氏に、

「トランプは狂っている、あなたは彼が狂っていることを知っている」と言ったと、新聞は通話記録を引用して報じました。

ミリー将軍は「すべてにおいてあなたに同意します」と答えたという。

ナンシー・ペロシ

Photo 出典元

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です