フォックス・ニュース

FOX News「バイデンのアフガン 恐怖の戦慄 責めるべきは米軍ではなく、ブリンケン、バイデン、民主党上院議員」

カブール空港でアフガニスタン人が米空軍のC-17旅客機の側面にしがみついている悲惨な光景を、米軍のせいにしてはいけない。 この失敗はワシントン国務省とホワイトハウスが起こした。
Photo 出典元on FOX NEWS

8月17日FOX NEWS
by レベッカ・グラント
Rebecca Grant

ワシントンD.C.を拠点とする国家安全保障アナリスト。国際関係学博士号。ランド社、空軍長官および空軍参謀長のスタッフとして勤務経験。IRISインディペンデント・リサーチ社設立者。ツイッター: @rebeccagrantdc
Photo出典元

日本語訳:WAU

「バイデンのアフガン 恐怖の戦慄 責めるべきは米軍ではなく、ブリンケン、バイデン、民主党上院議員」

Biden’s Afghanistan horror – don’t blame our military, blame Blinken, Biden, Senate Dems

アメリカがこのような形で大使館を失ったのは、1979年にイランの学生がテヘランの大使館を占拠して以来のことである。

カブール空港でアフガニスタン人が米空軍のC-17旅客機の側面にしがみついている悲惨な光景を、米軍のせいにしてはいけない。この情報の失敗は、この失敗はワシントン国務省とホワイトハウスが起こしたのです。

上院では、ベン・カーディン上院議員(民主党)がバイデンの撤退計画を支持し、クリス・マーフィー上院議員(民主党)が「アフガニスタンよりも重要な他の争点に軸足を移す」ことが最善であると主張しました。

ベン・カーディン上院議員

クリス・マーフィー上院議員

カブール空港はアラモのようになっています。アメリカがこのように大使館を失ったのは、1979年11月4日にイランの学生がテヘランのアメリカ大使館を占拠し、444日間にわたって人質を取った事件以来のことです。

アントニー・ブリンケン国務長官は先週末、CNNのジェイク・タッパーに「残念ながら、アフガン軍は空虚だ」と語たりましたが、ひねくれているのか、無能なのか判断は難しいが、今となっては遅すぎるのです。

アントニー・ブリンケン国務長官

Photo出典元



ブリンケン国務長官は早急に解雇すべきです。バイデン政権は長期にわたる政策の見直しを行い、4月14日にホワイトハウスで行われたジョー・バイデン大統領の「和平合意を維持する」という大演説で最高潮に達しました。

「慌てて出口に向かうようなことはしない、責任を持って、慎重に、そして安全に行います」とバイデンは言っていました。

バイデンは7月8日、2万人以上のアフガニスタン人をアメリカに招くための「アリーズ・リフュージ作戦」を開始しました。バイデンは、「あなたが私たちと一緒にいてくれたように、私たちもあなたと一緒にいます」と言いました。

明らかに、米軍が完全撤退する前にタリバンに占領させることは、計画の一部ではなかったのです。バイデン氏が今更何を言っても、彼の外交チームの大失敗を覆すことはできません。

米国の上級外交官であり、バイデンの右腕であるブリンケンは、米国人を保護し、米国の政策を実行するための確かな計画を確認する責任がありました。彼は失敗したのです。バイデン自身が撤退に固執したとしても、外交官を守るのはブリンケンの役目でした。

アメリカの外交的信頼性を回復するための一歩として、ブリンケンは辞めるべきです。ブリンケンの解雇は、バイデンがこの危機を解決しようとしていることを示す最も手っ取り早い方法です。

このようにする必要はありませんでした。1990年8月、イラクが戦車と重装備でクウェートに侵攻した後、ナット・ハウエル大使は在クウェート米国大使館を開き続けました。ハウエル大使は5カ月間、スタッフを率いて、電気も水道も断たれた後、スイミングプールを盗聴を続けていました。



カブール崩壊の失敗は、生の情報が不足していたからではありません。おそらく中東にあるすべてのアメリカのスパイ・ドローンは、アフガニスタンとカブールの全土を監視していたでしょう。

そうではなく、バイデンとそのチームの大雑把な計画と反応の悪さが失敗の原因です。彼らにはストリート・スマート(困難な状況や危険な状況を管理したり、成功させる能力、特に大きな町や都市での能力)がなかったのです。

バイデン氏は4月14日、「我々の外交は、米国が地上に出ることで決まるものではない」と述べました。

しかし、カブールではそうなのです。重要なのは、空軍のパイロット、荷役担当者、治安警察、そしてカブール国際空港をオープンさせるために奮闘している兵士や海兵隊員の人手です。

この空港は、20年間アフガニスタンに駐留してきたアメリカの最後の外交手段です。空港が開いていれば、軍が入ってくることができ、避難者が出て行くことができます。アメリカには精鋭の軍隊があり、秩序を回復して飛行場を保持することができます。しかし、彼らには政治的な指示が必要であり、ブリンケンはそれに応じるのが遅かったのです。

連邦議会も無実ではありません。バイデンに味方して、アシュラフ・ガーニ大統領と一緒に写真を撮った上院議員たちを恥じるべきだと思います。少なくともニュージャージー州のボブ・メネンデス上院議員は、Axiosに「大統領は今起きていることが自分の思い描いていたことなのかを考えなければならない」と語っていました。

カブールの混乱を見れば、バイデンの離脱が正しかったことがわかる、という恐ろしい説がありますが、それを信じてはいけません。

本当の混乱はほんの数日前にエスカレートしました。空港を確保して避難計画を立てるのはタリバンが現れる前にすべきだったのです。

バイデンのキャンプデービッドへの出発、8月というタイミングでの撤退、先週以降のアフガン軍への空爆支援や空港の確保の失敗など、すべてが悪臭を放っています。

アメリカが立ち直るには、新しいリーダーシップが必要です。 まずは国務省から。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です