タッカー・カールソン

タッカー・カールソン「学校は子供たちに部族主義を生み出している」科学的根拠なく子供たちにマスク強要!

写真 出典元( from FOX NEWS)

8月12日、FOX NEWSはタッカー・カールソン(Tucker Carlson)氏のオピニオン記事を掲載しました。

「学校は子供たちに部族主義を生み出しています」

Schools are creating tribalism in our kids

科学的根拠なく子供たちにマスク強要。

全国的に学力水準が低下しています

8月中旬、驚くべきことに夏はもうすぐ終わります。

子供たちはこの国だけでなく、世界中で教育を再開することになります。

アイルランドでは、子供たちが学校に戻り始める今、当局は選択を迫られました。

そうです、最も明白なコースは、米国の自称公衆衛生専門家の指導を盲目的に受け入れることです。

多くの国がCOVID政策を模索する中でそうしてきました。

そして、米国に従うということは、とりわけ、2歳の子どもたちに湿った紙製のブルカを1日8時間、教室で着用させることを意味します。

もう1つの選択肢は、科学に従うことであり、アイルランド人はその道を選びました。

アイルランドでは、マスクに関する独自の調査を行いました。

その結果は以下の通りです。

アイルランド保健局によると、教室で子どもたちにマスクを着用させることは、医療上の正当な予防措置ではありません。

これは児童虐待です。

マスクは不安感や呼吸困難を起こします。

特に幼児にとっては、人間のコミュニケーション能力や言語能力の発達を損なうものです。

これまでの研究で、マスクは人体に高濃度の二酸化炭素を発生させる原因になることがわかっており、特に子供の場合はその傾向が顕著です。

マスクはしばしば危険なバクテリアの温床になります。

それは研究で決定的な事実になっています。

マスクが顔の発達に影響を与えている可能性さえあります。

つまり、子どもたちにマスクを強要することには、非常に大きなデメリットがあるのです。

問題は、それをするメリットがあるかどうかです。

アイルランド政府が調べた結果、彼らはメリットがないと判断したのです。

アイルランドの子供たちはCOVIDで病気になっていません。

彼らはCOVIDを感染させてもいません。

そこで最終的には、消えつつある合理的意思決定の技術を用いた科学的研究に基づいて、アイルランド政府は学校でのマスク着用義務化を拒否したのです。

興味深い話ですね。

あなたはこの話を知っていましたか?

知らなかったかもしれませんね。

アイルランドで起きていることをお伝えすることで、

「なぜアメリカでは逆のことをしているのか」

「なぜマスクを強要しているのか」

といった、不快な疑問が湧くかもしれません。

なぜ、子どもたちにマスクを強要するのでしょうか?

その決定を正当化するために、どのようなデータを使っているのでしょうか?

そうです、それを正当化するデータがないことがわかったのです。

今現在、アメリカでは、子供たちが学校でマスクを着用すべきだということや、マスクが子供や他の人に何か役に立つということを示した包括的な研究は一つもありません。

では、何があるのでしょうか?

その研究に最も近いものは、有名な医学雑誌である「ニューヨーク・タイムズ」に掲載された論説です。

もし見たいのであれば、ペンステーションのホームレスから買うことができますよ。

その記事は、ノースカロライナ州のデューク大学の2人が書いたものです。

これがその見出しです。

一度は見たことがあるかもしれませんね。

「100万人の学生を調査した結果、世界共通にマスク着用が有効である」

決定的な響きですね。

100万人の学生。

大規模な研究ですね。

感心してしまいます。

しかし、そこに一人の懐疑的な男が現れました。

ジャーナリストのデビッド・ツヴァイクです。

彼はもう少し詳しく知りたかったのです。

そこで彼は、その数字を調べてみることにしました。

彼はまず、デューク大学の研究者が「調査した」100万人の生徒のうち、全員がすでにマスク着用を義務付けられている学校に通っていることに気がつきました。

彼らが調査したのはそ子供たち自身だけだったのです。

つまり、組織などの管理グループがないのです。

したがって、定義上、研究者たちはマスク義務化が有効かどうかを判断する方法がありません。

それは最も基本的な科学的ルールです。

もしあなたが6年生の科学プロジェクトでこのようなことを試みたら、先生に笑われてFをもらうことになるでしょう。

そこで、デビッド・ツヴァイクは、このことを念頭に置いて、いわゆる研究者たちに連絡を取り、話を聞くことになりました。

なぜそうしないのですか?

そして、フロリダやアイルランド、ヨーロッパなどの大規模な学校組織を無視したのか説明を求めました。

その結果、これらの学校ではCOVIDの症例が急増していないことがわかったのです。

あなたはこのことを知る価値はありましたか?

これは調査に関連性のないデータなのでしょうか?

マスクの義務化を研究しているのであれば、一体なぜそれがこの研究に含まれていないのでしょうか?

それはどのような研究なのでしょうか?

研究者たちはどう答えたと思いますか?

答えることはせずに、デビッド・ツヴァイクを無視したのです。

それが科学と言えるのでしょうか?

しかし、このような人々が今、あなたの子供たちの人生を支配しているのです。

偽の専門家、詐欺師のような科学者、白衣を着た政治党員、つい最近まで自由だった国を恐ろしいレベルで支配しようとする人々、権力に酔う人々、バランス感覚や自制心を失った人々です。

次ページへ続く

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です