タッカー・カールソン

タリバンに、アフガニスタンにいるアメリカ人のリストを渡したバイデン アメリカを破壊したいのか?

Photo 出典元

米国時間8月27日FOX NEWS
by タッカー・カールソン
Tucker Carlson
FOXニュースチャンネルのゴールデンタイムの主要ケーブルニュース番組「Tucker Carlson Tonight」(平日午後8時/ET)のホスト。 彼は2009年にコントリビューターとしてFOXニュースチャンネルに参加しました。毎晩の番組で、カールソンは力強い分析を行い、アメリカと世界で起きていることに重要な視点をもたらす手助けをしています。

Photo 出典元

日本語訳・解説:WAU

タリバンの仕事を簡単にするために、バイデンはアフガニスタンにいるアメリカ人のリストを渡した。

もしアメリカを破壊したいなら、このやり方です

To make the Taliban’s job easier, Biden gave them a list of Americans in Afghanistan
If you wanted to destroy the United States, this is how you would do it

例えば、あなたが米国に深い反感を持ち、米国という国を憎み、米国を世界の卓越した大国としての地位から永久に叩き落とし、米国を永久に貶め、恥をかかせたいと思っていたとします。そのためにアフガニスタンを利用するかもしれません。そして、もしそうしたいのであれば、次のようなことをするでしょう。

まず、国家安全保障上の正当性がなくなってから19年間、アフガニスタンからの撤退を遅らせることにします。戦争を福祉プログラムに変え、軍隊をNGOに変えてしまうのです。これでは、関係者全員が恥をかくことになります。

そのために何兆ドルものお金を使うことになりますが、そのお金に見合うだけのものは絶対に得られないでしょう。地元の汚職を劇的に増やし、アヘンのポピーを国の作物にすることは別として。占領国として、あなたはアフガニスタンをあまりにもひどく、信じられないほどの愚かさと威圧的な傲慢さで運営し、最後には国民の多くが残忍な宗教的過激派の復活を切望することになるでしょう。

そして、いよいよ撤退する時になっても、撤退に関する詳細を無視します。撤退の計画を立てることもしません。タリバンに支配された国で何が問題になるしょうか?

必死になって避難を求める人々の群れが現れたとき、あなたは確実に外国人を優先するでしょう。あなたを憎み、民主主義よりもシャリア法を好むかもしれない外国人です。彼らには飛行機の一番前の席を用意します。あなたが保護するために存在している自国民については、幸運を祈って置き去りにするだけです。

彼らの名前をすべて聞き出そうともしないでしょう。誰もそれを気にしないからです。

その上で、自分の国のテレビに出て、自分がやった素晴らしい仕事を自慢するのです。自分のことをヒーローだと言うでしょう。カブールからの脱出をベルリンの空輸と比較するのです。そうすれば、世界中の人々はあなたが単に無能で弱いだけでなく、妄想に満ちていることを知るでしょう。

あなたは自尊心のない精神異常者です。



これらのことを学んだ敵は、あなたの弱った状態を利用する絶好の機会だと考えるかもしれません。

そして今日、カブールではまさにそれが行われました。空港で発生した爆弾テロにより、90人が死亡、150人が負傷しました。死者のうち13人はアメリカの軍人で、海兵隊員12人と海軍軍人1人でした。米軍にとっては、アフガニスタンで過去10年間で最も大きな犠牲者を出した日となりました。それは悲劇であり、私たちはテレビでそれを見ました。

このような時、アメリカ人は本能的に大統領に期待し、リーダーシップを発揮します。彼に投票したかどうかは関係なく、彼らは責任者に安心感を与えてもらいたいのです。しかし、ジョー・バイデンは彼らを安心させることもなく、姿を現すこともありませんでした。何時間もバイデンは隠れて黙っていました。

ついにホワイトハウスは、ジョー・バイデンが今日の午後5時に国に向けてスピーチをすると発表しました。

しかし、それでもバイデンは現れませんでした。ジョー・バイデンは、まるでやるべきことがあるかのように、演壇に25分も遅れてきました。そして、彼が話したとき、これが国の責任者であるとは信じられませんでした。ジョー・バイデンは我々の目の前で消えていきます。彼はまず、亡くなった息子のボーについて、コソボの米国弁護士という役職が存在するかのように、無関係で奇妙なことをつぶやきました。

そしてバイデンは、弱々しい声で、普通の人の半分のペースで話しながら、今日海兵隊員を殺した人間をどうにかして追い詰め、罰することを誓ったのです。そして突然、これがアフガニスタンからの撤退とは全く思えなくなりました。

ジョー・バイデン: この攻撃を実行した人たち、そしてアメリカに危害を加えようとしている人たち、これはダメです。私たちは許しません。忘れません。我々はあなた方を追い詰め、償わせます。

いいえ、残念ながらそうはいきません。今日の悲劇は完全なサプライズではありませんでした。テロの数時間前には、テロが起こる可能性を示唆する情報があったのです。現在、カブールの米国大使館は空港で業務を行っていますが、次のような警告を出しました。

「カブール空港のゲートの外でセキュリティ上の脅威が発生しているため、米国市民にはカブールへの渡航を控えるよう勧告します。現在、米国市民には空港への移動を避け、空港のゲートを避けるよう勧告しています。現在、アビー・ゲート、イースト・ゲート、ノース・ゲートにいる米国市民は、直ちに退避してください。」

それは、関連する情報であることがわかりました。ペンタゴンはどうしたか?というと、あまり大したことはしませんでした。どうやら、「平等」についてのツイートに忙しかったようです。今朝、陸軍曹長のマイケル・グリンストンはツイッターこう書きました。

「女性平等の日は、私たちが包括的で結束力のあるチームとして団結したとき、より賢く、より致命的になることを思い出させてくれる」と。

マイケル・グリンストン陸軍曹長

Photo 出典元


SMA マイケル・グリンストン
@16thSMA
8月26日
多様性とは数字であり、自分と見た目も考え方も違う人が部屋にいますか?インクルージョンとは、そのような人々の声に耳を傾け、大切にすることです。
#Women’sEqualityDayは、私たちが包括的で結束力のあるチームとして集まったときに、より賢く、より致命的になることを思い出させてくれます。私たちの価値観はそれを求めています。

今夜の時点で大勢のアメリカ市民がアフガニスタンで捕らえられて死に直面していますが、いまだ正確な数は不明です。そして、ここにアメリカ陸軍の上級下士官が、女性平等の日をツイッターで祝っていますが、それが何のためであれ、妊娠中の戦闘機パイロットを送り込むのです。 これはとても屈辱的なことです。

真面目な人たちは私たちを笑いものにしています。それこそがやる意味なのかと。一方で、ジョー・バイデンは、カブール空港を守るために米軍を必要としていません。ケネス・マッケンジー将軍は、今日の記者会見でこのことを説明しました。

ネス・マッケンジー将軍

Photo 出典元

タリバンの連中の中には、非常に几帳面な人もいる。それがバイデン政権からの公式見解でした。将軍の言葉を覚えておいてください。タリバンが空港の検問所で自爆テロを許し、13人のアメリカ人が殺された後の発言です。しかし、それでも我々は彼らを信頼するでしょう。

バイデン政権は今夜、機密情報を共有するほどタリバンを信頼しているようです。再び、マッケンジー将軍の登場です。

ケネディ・マッケンジー:私たちが行っているもうひとつのことは、これらの情報の一部をタリバンと共有し、彼らが実際に私たちのために外を探索できるようにしていることです。その結果、いくつかの攻撃はタリバンによって阻止されたと考えています。また、タリバンを私たちを守るためのツールとしても利用しています。我々は共通の目的を持っているので、その目的が一致している限り、彼らとの協力は有益なものです。彼らはこれで我々の安全保障上の懸念を軽減してくれましたか?

つまり、我々は今、タリバンと共通の目的を持っているのです。米軍のトップがそう言っているのです。だから当然、タリバンは今、我々の市民を守る役割を担っているのです。ヘイ、アメリカ、ここに新しいボディーガードがいます。悪いニュースは、彼らがタリバンだということだけです。

このようなことが実際に起こっているとは信じられませんし、引用文が本当だとも思えませんが、起こっているのです。では、バイデン政権は今、タリバンにどのような情報を渡しているのでしょうか?ポリティコによると、米政府はタリバンに米国市民、グリーンカード保持者、アフガンの同盟者の名前のリストを渡し、市の空港の外周への入場を許可したといいます。

待ってください、何?アフガニスタンにいるアメリカ人の名前をタリバンに教えたのですか?もう特殊工作員はいないのですか?なぜそんなことをするんですか?なぜそれをタリバンに渡したのですか?それは正しいことですか?それは正しいのでしょう・・・

バイデン政権はタリバンにまだアフガニスタンにいるアメリカ人のリストを渡しました。ジョー・バイデンは今日それを確認しました。 明らかにそれはタリバンの仕事を容易にするでしょう 問題はその仕事とは何なのか?それは今夜の多くの疑問の一つです。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています!

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です