ニューズマックス

Newsmax 倫理面での保護を主張するようになったホワイトハウス ハンターのアートセールの準備が整いました

写真:Getty Images
ハンター・バイデン氏のアートオークションがバイデン大統領就任への売り込みのための手の込んだ見せかけではないかとの懸念を表明する批評家もおり、厳しい監視の目が向けられています。

7月24日、Newsmaxは© AFP 2021のニュース記事を掲載しました。

ニュース記事寄稿者:
© AFP 2021

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

以下は「© AFP 2021」のニュース記事の日本語訳です。

倫理面での保護を主張するようになったホワイトハウス ハンターのアートセールの準備が整いました

WH Now Insists Ethics Safeguards Are in Place for Hunter’s Art Sale

ホワイトハウスは金曜日、ジョー・バイデン大統領の息子のアート作品を展示・販売する際には、必要な倫理的配慮がなされることを確約しましたが、ハンターの私生活や仕事上のキャリアに論争が浴びせられています。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ニューヨークのジョルジュ・ベルジュ・ギャラリーで開催されるハンター・バイデン氏の作品展示について記者団に尋ねられ、大統領の息子が「ギャラリーのイベントに参加する」と答えました。

しかし、「販売に関する話し合いは、ハンター・バイデン氏ではなく、ギャラリストとの間で行われることになる」と彼女は付け加えました。

「これは、木曜日に報道されたような、購入希望者との面談とは異なります。」

サキ氏報道官は7月9日、

「ハンター・バイデン氏が取引の秘密を守り、購入者と接触しないなど、適切な保護措置を講じた上で職業を遂行できるシステムを確立した」

と発表していました。

ハンター氏の作品の展示会では、作品の販売はすべてギャラリストを通じて行われ、名前や個人情報は秘密にされるという。

買い手が作品を購入することをアーティストに伝えるだけでいいのではないかとの質問に対して、サキ報道官は厳格なルール体制が敷かれていることを強調しました。

「ハンター氏は知らないだろうし、私たちも誰が彼のアートを購入しているのか知らないだろう」とサキ氏は言いました。

AFP通信からの問い合わせに対し、ギャラリー側は直ちにコメントや詳細を明らかにしませんでした。

バイデン氏がオバマ政権下で副大統領を務めていた際に、父親へのアクセス権を売りつけようとしたとして非難されたことがある51歳の弁護士兼実業家から画家に転身した人物の芸術活動について、倫理的に潔白だと見せかけようとしたバイデン政権は、何度も疑問を呈してきました。

米メディアは、ビジネスマンなどがホワイトハウスへのアクセスや影響力を獲得することだけを目的として作品を購入することの明らかなリスクを指摘しています。

報道によれば、正式なトレーニングを受けていないバイデンの絵画は、最高で50万ドルで売れる可能性があるという。

ハンター・バイデンは、ドナルド・トランプ元大統領のお気に入りのターゲットのひとりです。

2020年の大統領選挙期間中、トランプとその支持者は、ハンター・バイデンは、父親がバラク・オバマ政権下で副大統領を務めていたときに、ウクライナと中国で経済的利益を得ていたことを定期的に批判していました。

ハンターはまた、税犯罪の可能性についての連邦捜査の対象でもあります。

今年初めに出版された回顧録の中で、大統領の末息子は、コカインやアルコールへの依存症との闘いを語っています。

以上。

Newsmax公式記事より

>>>次ページ「WAU MEDIA翻訳者コメント」へ

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です