フォックス・ニュース

FOX News バイデン氏、保守派を嘘つき、Qアノン、「ジム・クロウ」と罵倒して超党派性を語る

バイデン大統領は、シンシナティのタウンホールで、超党派性と “政府への信頼 “について語りました。そして、彼は本性を現しました・・・

7月22日、FOX NEWSはダン・ゲイナー(Dan Gainor)氏のオピニオン記事を掲載しました。

オピニオン記事寄稿者:
ダン・ゲイナー

Dan Gainor
Media Research CenterのTechWatch、ビジネス、カルチャー担当副社長
Twitter:@dangainor

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

バイデン氏、保守派を嘘つき、Qアノン、「ジム・クロウ」と罵倒して超党派性を語る

Biden talks bipartisanship by trashing conservatives as liars, QAnon and ‘Jim Crow’

それは、オバマ大統領のやり方を真似たものであり、「党派を越えて政敵を叩く」ためのものです。

ジョー・バイデン大統領は、オハイオ州シンシナティで開催されたタウンホールで、超党派性と「政府への信頼」について語りました。

と言いながらも、右派を嘘つき、そしてQアノンと表現し、その本性を現しました。

さらに、保守派を「議事妨害の乱用」と非難し、「ステロイドを使ったジム・クロウ」を推し進めようとしました。

これは、オバマ大統領の政策の繰り返しです。

つまり、「党派を越えて、政敵を叩く」です。

「私は国を一つにまとめようとしている」と主張しながら、保守派を悪者扱いしたのです。

彼はCNNの司会者であるドン・レモン

「この国で最も情報に通じたジャーナリストの一人」

とさえ呼びました。

認知症に対する議論にはなりにくいからでしょう。

ジム・クロウとは

ミシガン州ビッグラピッズにあるフェリス州立大学のジム・クロウ・ミュージアム・オブ・レイシスト・メモラビリアの説明によると、 1877年から1960年代半ばにかけて、主に南部や国境沿いの州で展開された人種的なカースト制度の名称である。

ジム・クロウは、単に黒人排斥を目的とした一連の法律というだけではない。それは生活様式であった。ジム・クロウの下では、アフリカ系アメリカ人は二級市民の地位に追いやられていた。ジム・クロウは、反黒人の人種差別を正当化するものでした。キリスト教の牧師や神学者の多くは、白人は「選ばれし者」であり、黒人は「召使い」として呪われており、神は人種隔離を支持していると教えていました。

また、頭蓋学者、優生学者、骨相学者、社会ダーウィニストは、あらゆる教育レベルにおいて、黒人は白人よりも知的にも文化的にも劣っているという信念を支持していました。詳細

レモン氏が、バイデンに

「反警察 」と非難されたときに何と言うかについて質問したとき、

超党派性は消えてしまいました。

CNNのチーフ・ホワイトハウス・担当記者、ケイトリン・コリンズが、このやりとりを説明しています。

「彼らは嘘をついてます」

「バイデンは、民主党を『反警察』と表現する共和党員についてこう言います。

『私は、警察の資金カットを訴えたことはない、警察の行動を変えることを提案している』と述べました。」

バイデンは、有権者証IDのような投票の安全策を導入しようとする共和党の試みを非難しました。

「このような法案は、選挙を覆すための手段である」

「これまでに一度も試みられたことはない。 これは、ステロイドを打ったジム・クロウだよ。」

と大統領は述べたのですが、この会見のニュース報道はほとんどありませんでした。

バイデンは地下室に隠れている必要はないのです。

彼が表に出てきても、ニュースメディアはほとんど取り上げないのですから。

ニューヨーク・タイムズのサイトには、バイデンがみんなにワクチン接種を促す小さな記事が掲載されていましたが、それだけでした。

ワシントン・ポスト紙は、会見から1時間近く経っても、一面に何も掲載していないし、左派のHuffPostも同様です。

バイデンは右派を叩いていないときでも、インフレや移民問題など、自分の政権が苦手としている2つの分野での批判をすべて無視していました。

移民問題では、いわゆるドリーマー(合法的な移民資格を持たない非正規雇用者)と呼ばれる人々を「良い人、良い人」と擁護していたのです。

なんと、このタウンホールの会見では、国境の絶対的な崩壊については触れられなかったです。

やはりCNNです。


ジェニファー・エプスタイン
@jeneps
バイデンCNNタウンホールを講堂の後ろから見た様子。

インフレに関して、

「ウォール街を含む大多数の専門家は、手に負えなくなるような長期的なインフレになる可能性は極めて低いと指摘している。

もっとも、それは政権に好意的な専門家であって、インフレが乱高下すると見ている評論家ではないが。」

とバイデンは言います。

バイデンは、いつものように言葉につまずき、虚偽の発言をしました。

COVID-19についての議論では

「予防接種を受けていれば、COVIDに感染することはない」と誤った主張をしました。

予防接種は、ウイルスに感染するリスクを抑えると言われていますが、免疫ができるわけではありません。

さらに、「しかし、これはパンデミックではない」と奇妙な宣言をしました。

インターネット上のCOVIDの誤報を黙らせたいのは、バイデン政権なのです。

CNNの名誉のために言っておくと、CNNはバイデンの誤報を指摘しました。

キャスターのアンダーソン・クーパーは、

「明らかにそうではありません。」

そして、アンダーソンはCNNの医療アナリストで、家族計画連盟の元会長であるリアナ・ウェン博士に話を振りました。

そう、彼女はその両方を兼ね備えているからです。

彼女はバイデンの答えに「失望した」と言い、「彼は実際に人々を迷わせました」と述べてます。

CNN側としては、CNNはバイデン氏が民主党の重要な優先事項である、銃器、議事妨害、ドリーマーなどに関する質問を含む、一方的な民主党寄りの会見を過ごせるようにしたてたのです。

しかし、民主党からの質問が共和党を上回りましたが、共和党の質問であっても、小児科医からのCOVIDに関する誤報へのクレームが出るなど、ほとんどハードな内容でした。

タウンホールの会見の後、彼女はバイデンに怒鳴ったでしょうか。

民主党の質問は、超党派の「ユートピア」概念を非難するものでした。

バイデンは、時が来たらビデオに再登場するであろう印象的な言葉を発しました。

「私がサタンの生まれ変わりだと思われても構いません….」

この夜、人々の記憶に残るのは、おそらくこの言葉だけでしょう。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です