ニューズマックス

Newsmax COVIDワクチン接種後の死? 私たちは真実を知る必要があります

7月13日、FOX NEWSはジェーン・オリエント(Jane Orient)氏のオピニオン記事を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
ジェーン・オリエント

Jane Orient MD
化学・数学学士
医学博士
ツーソン退役軍人管理病院主治医

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

以下はジェーン・オリエント(Jane Orient)氏のオピニオン記事の日本語の説明です。

COVIDワクチン接種後の死? 私たちは真実を知る必要があります

Death Following a COVID Jab? We Need to Know the Real Cause

今の時代、科学的医学とパンデミックにおいて、死亡診断書は非常に信頼性が低いことが知られていますが、死因の統計は死亡診断書に依存しています。

何千人もの健康な人々が突然亡くなっていますが、わが国の公衆衛生機関は、それらの死がCOVIDワクチン接種によって引き起こされたものではないことを国民に保証しています。

ワクチン有害事象報告システム(VAERS)によると、ワクチン接種後の死亡者数は7,000人近くに達しています。

現実の事象の90%以上を見逃しているにもかかわらず、これは私たち国民のための最高のシステムです。

ところが、私はたった1つの検視解剖の報告書しか見ていません。

その患者はファイザー製のワクチンを1回投与され、その4週間後に死亡していました。

VAERSについて:1990年に設立されたワクチン有害事象報告システム(VAERS)は、米国で認可されたワクチンの安全上の問題の可能性を検出するための全国的な早期警告システムです。

VAERSは、米国疾病予防管理センター(CDC)と米国食品医薬品局(FDA)によって共同管理されています。

VAERSは、人が予防接種を受けた後の有害事象(副作用の可能性)の報告を受け入れて分析します。 誰でも有害事象をVAERSに報告することができます。

医療専門家は特定の有害事象を報告する必要があり、ワクチン製造業者は彼らの注意を引くすべての有害事象を報告する必要があります。詳細

COVID-19の症状の特徴はありませんでしたが、ほとんどすべての組織がSARS-CoV-2のPCR検査で陽性でした。

この45歳の母親は、ジョンズ・ホプキンス大学( JHU )での仕事を始める前に必要なCOVIDワクチンを接種した直後に、心臓の問題と脳浮腫で死亡していました。

涙と葬儀の花はありますが、おそらく検死解剖はないでしょう。

そして、JHUで働きたいのであれば、母親とこれから母親になる人へ要求されるワクチン接種を一時停止することははないでしょう。

私の内科研修時代はまだCTやMRIのない暗い時代でしたが、それでも正確な診断を下すことが基本でした。

病歴がなく死亡した患者は「ME症例」としました。

検死が必要かどうかを判断するには、検死官に電話しなければなりませんでした。

薬瓶など、死に関連する可能性のあるものはすべて証拠として使用しました。

もし 注射が行われた場合は、可能であれば注射液瓶は回収します。

ワクチンの場合、ロット番号を記録することになっているので、サンプルの汚染物質をチェックすることが可能です。

患者が病院で死亡した場合、研修医は検死解剖の許可を要求する必要がありました。

その場合、遺族は、愛した人が残された人に影響を与えるかもしれない遺伝性の状態または感染症を持っていたかもしれない可能性について説明を受けるかもしれません。

いずれにせよ、私たちは遺族の愛した人が敬意を持って扱われ、葬儀の手配に影響がないことを保証しました。

牧師は惜しまず出席しました。

最も重要な理由は、「真実の祭壇」が究極の「品質保証」メカニズムであったということでした。

病院は、人々の認定を維持するために、一定の割合の故人に対して検死剖検を実施する必要がありました。

1960年、1970年、および1980年の中から、それぞれランダムに選択された100の検死解剖の古典的な研究では、最新の画像診断法が導入されたにもかかわらず、3つの年代すべての症例のうち約22%で主要な診断が見落とされていたことが明らかになりました。

残念ながら、検死解剖率は過去40年間で25%から5%未満に低下しています。

それは、不正療法の弁護士以外、誰の収入も生み出すものではなかったのでしょう。

可能であれば、私はいつ検死解剖に立ち合いました。

私の最も重要な教師の一人は、頭蓋骨が開いたときに明らかに明白な状態を見逃していた患者でした。

私たちは彼を救うことができなかったかもしれませんが、私たちがその診断について思いつきもしなかったことで、その患者にはチャンスさえ与えられませんでした。

ドイツで行われた一連の12回の剖検で、ほとんどの患者が血栓を持っていたことが示される前に、人工呼吸器で患者の肺に空気を送り込むことによって救うことができなかった数万人の患者がCOVIDで死亡しました。

COVIDワクチン接種後に死亡した場合、組織や血管にスパイク・タンパク質があるかどうか、そしてそれらの組織に損傷を与えている免疫反応があったかどうかを知りたいのです。

接種後に母親が赤ちゃんを流産した場合は、血管が損傷したために赤ちゃんへの酸素と栄養が遮断されたかどうか、胎盤の徹底検査をお願いしています。

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、COVID-19の世界的な発生の背後にあるウイルスです。

SARS-CoV-2や他のいくつかのウイルスの重要な生物学的特徴の1つは、これらのウイルスが宿主細胞に侵入して感染を引き起こすことを可能にするスパイク・タンパク質の存在です。

スパイク・タンパク質は、ウイルスの種類に応じて1,160〜1,400のアミノ酸で構成される、高度にグリコシル化された大きなI型膜貫通融合タンパク質です。

主にウイルスの集合に関与するMおよびEタンパク質と比較して、スパイク・タンパク質は宿主細胞への侵入と感染の開始に重要な役割を果たします。

特に、コロナウイルス上のSタンパク質の存在は、それらの表面に見られるスパイク状の突起を生じさせるものです。詳細

疾病管理予防センター(CDC)、食品医薬品局(FDA)、保健社会福祉省(HHS)、および病院の認定を行う合同委員会が、検死解剖やワクチンサンプル検査を要求していないことは衝撃的な事です。

潜在的な被害者から直接の証拠を入手せずに、製品が安全で効果的であると宣言することは不可能です。

米国議会の法案のおかげで、ワクチン製造者は製造物責任から保護されています。

しかし、国民を保護する責任を負っている政府機関、または実験的、潜在的に危険な、あるいは致命的な製品を服用するよう従業員や学生に強制する民間団体の説明責任はないのでしょうか?

愛する人が突然亡くなった場合は、検死官に電話して法医学的剖検を依頼してください。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です