フォックス・ニュース

FOX News 批判的な人種理論 (CRT) との戦い 誰が主導権を握るのか?

7月12日、FOX NEWSはカリスタ・L・ギングリッチ(Callista L. Gingrich)氏と、ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏の共同オピニオン記事を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
カリスタ・ギングリッチ

Callista Gingrich
米国下院議長
バチカンの米国大使(2017-2021)
実業家、作家、ドキュメンタリー映画プロデューサー

Photo出典元

オピニオン記事寄稿者:
ニュート・ギングリッチ

Newt Gingrich
元下院議長
2012年米国大統領共和党候補者

Photo出典元

FOX NEWS公式記事

翻訳に関する注意事項

以下、カリスタ・L・ギングリッチ(Callista L. Gingrich)氏と、ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏の共同オピニオン記事の日本語の説明です。

批判的な人種理論(CRT)との戦い 誰が主導権を握り、どのような支援ができるのか

Fighting critical race theory – here’s who’s leading charge and how you can help

批判的な人種理論(CRT)に対する教育委員会の廃止運動が急激に高まっています。

批判的な人種理論は私たちの教室に浸透し続け、子供たちの心にこの国の歴史についての非道な考えを感染させています。

しかし、ますます多くのアメリカ人が、その誤った信条に立ち向かい、幼稚園から高校までの教育からの廃止を要求するために立ち上がっています。

この愛国的な取り組みの最前線にあるのは1776アクションです。これは、全国の公立学校に正直さで統一された教育を回復するという重要な活動に取り組む擁護団体です。

このグループの候補者誓約は、アメリカの価値観に重点を置き、アメリカの学校からCRTなどの人種や性別に基づく分裂的なイデオロギーを根絶するという誓いで、ここ数週間全国的な注目を集めています。

1776アクションとは、アメリカの体系的な人種差別に関する「ねじれた嘘の網」が米国の学校で子供たちに教えられていることに対して、2020年9月、ドナルド・トランプ大統領が「児童虐待の一形態」と宣言して設立された、1776 コミッションの取り組みのことです。詳細

誓約書に署名する政治家候補は、

「子供たちに私たちの国への深い愛を育む正直で愛国的な教育」を回復し、「すべての子供たちが平等に育まれ、私たちの憲法である神の下で平等な道徳的価値を持つことを教える」

カリキュラムを推進することを約束した、創設の原則によって団結した全国的なコミュニティのメンバーです。

誓約はまた、学生を人種や性別で分けるカリキュラム、または有害なイデオロギーをコースの教材に注入することを禁止することを目指しています。

5月、共和党のサウスダコタ州知事クリスティ・ノームが誓約書に署名した最初の候補者となり、CRTと同様に分裂した理論は「恥ずべきことであり、止めなければならない」と宣言しました。

バージニア州知事の共和党候補者であるグレン・ヨンキン氏など、他の著名な保守派も、CRTを「質の高い公民カリキュラム」に置き換えることを誓いました。

カンザス州知事の共和党候補者であるジェフ・コリアー前知事とカンザス州司法長官のデレク・シュミットも誓約書に署名しました。

より多くの候補者がこの誓約書に署名するにつれて、CRTやその他の重要な教育問題に対する彼らの立場を宣言するように、教師、校長、教育委員会に圧力をかけるでしょう。

それはまた、彼らが教える資料について彼らに説明責任を負わせ、私たちの子供たちが私たちの国を中傷し、学生を彼らの性別や肌の色に変えようとする悪意のある理論を教え込まれないようにします。

当然のことながら、急進的な左翼はこの誓約を嫌っています。

知事選でのヨンキン氏の対抗者である元バージニア州知事の民主党候補のテリー・マコーリフは、誓約書への署名を拒否し、CRTは

「完全にドナルド・トランプとグレンによって構成されている」「右翼陰謀」であると主張しました」

しかし、現実はそうではないことを示唆しています。

ヴァージニア州、ラウドン郡のある子供たちの両親は、マコーリフの発言に対して、

「共和党か民主党かを問わず、立候補している人が子供たちの両親と一緒の立場に立って、私たちの懸念に耳を傾け、対処する必要があるときに、立候補者がこんなに大胆な発言をするのは滑稽だと思う」

と述べています。

マコーリフは、ラウドン郡の教育委員会がCRTに関する激しい議論に何週間も没頭していることに気付いていないようです。

この緊迫状態は、少なくとも8月中旬に教育委員会の投票が予定されてい頃まで続く可能性があります。

その他の地域では、知事と州議会が1776年の行動候補者の誓約を反映し、公立学校でのCRTの指導を禁止する法律を制定しています。

より多くの公務員がCRTを退けるようになるにつれて、世論は変化しています–そしてそれには正当な理由があります。

く最近、テキサス州知事のグレッグ・アボット法案3979に署名しました。

この法律は、CRTと「抗議市民」の教えを禁止しています。

テキサス州の法律は、全米学識者協会の公民教育外の党派法をモデルにしており、公立の幼稚園から高校までの教育で両方の慣行を禁止したのはこれが初めてです。

しかし、テキサスだけではありません。

反CRT法案は、オハイオ州、アリゾナ州、ニューハンプシャー州を含む22州で導入または署名されており、1776アクションでも強力なテレビ広告が掲載されています。

そんな中、共和党のノースカロライナ州副知事のマークロビンソンは、

「教室での教化」の告発を調査するためのタスクフォースを作成し、フロリダ州の教育委員会は、「歴史的な出来事を歪めている」

と述べて、CRTを禁止する規則を採用しました。

より多くの公務員がCRTに反対するようになるにつれて、世論は変化しています。

そしてそれには正当な理由があります。

元司法長官のビル・バーが保守派グループのアライアンス・ディフェンディング・フリーダムへの最近の演説で述べたように、CRTはマルクス主義の最新の化身です。

Alliance Defending Freedom(ADF、以前のAlliance Defense Fund)は、アメリカの保守的なキリスト教非営利団体です。 ADFは、アリゾナ州スコッツデールに本社を置いています。 また、カリフォルニア州フォルサム、ワシントンDC、ジョージア州ローレンスビル、ニューヨークの4つの支社があります。 詳細

それは「階級闘争を人種的対立に置き換えるマルクス主義の唯物論哲学に他ならない。

それは伝統的なマルクス主義とすべて同じことを主張している」とバーは言ってます。

他の形態のマルクス主義と同様に、CRTはキリスト教や他の伝統的な宗教と根本的に両立しません。

これは、CRTやその他の進歩的な正統派が世俗的な宗教を構成しているためです。

バーが言ったように、公立学校によるCRTの推進は、憲法修正第1条の自由運動および国教樹立禁止条項に違反する可能性があります。

「親が子供たちに宗教を伝える権利よりも重要なものは何もない。そして、州が生徒に別の信念体系を教え込むことによってそれに干渉することは恐るべきことだ」とバー氏は語っています。

ドナルド・トランプ元大統領もCRTと戦っています。

最近のReal Clear Politicsの論説で、前大統領は、私たちの国の教室からCRTを排除するための7つのステップの計画を概説しました。

トランプ大統領は、CRTの教えが「心理的虐待」の危機に瀕していると述べ、

CRTを教える学校への納税者の税金の支払いを禁止、

カリキュラムの監督を任務とする州レベルの1776委員会による任命、

すべての両親が別の学校を選ぶ権利を与えることによって、子供たちを左翼の教えから保護する普遍的な学校選択プログラなど、

これらの行動計画は、全州のほぼ半数で最近急増している反CRT法と相まって、子供たちの教育とアメリカの将来を懸念しているアメリカ人にとって良い兆候と言えます。

新政権の初日、ジョー・バイデン大統領は、トランプの1776年委員会を取り消しました。

この委員会は、我が国の創設原則を推進し、左翼の「アメリカは世界での役割が否定的であり、体系的な人種差別主義国である」という急進的な考えに異議を唱えるために作成されました。

ありがたいことに、トランプの1776委員会は今でも会合を開いており、最近、50州すべてで愛国教育を更新および回復するという公約を改めて表明しました。

アメリカとその歴史を愛し、アメリカの例外主義とその原則の約束を信じる人々にとって、やるべきことはまだたくさんあります。

1776アクションなどのグループを通じて、私たちは自分たちの声を使って子供たちの未来を救い、深く保持されている価値観を守り、次世代のために国の歴史を守ることができます。

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です