Extra ニュース

ロシア・トゥデイ(RT) 「ダリヤ・ドゥギナさんの死因とロシアにとっての意味」

Photo 出典元 © RT

ロシア時間8月25日 05:52 ロシア・トゥデイ(RT)
by ヴァレンティン・ロゴノフ
Valentin Loginov
政治、社会学、国際関係を専門とするロシア人ジャーナリスト

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「ダリヤ・ドゥギナさんの死因とロシアにとっての意味」

日本語解説:WAU

先週末、ロシアを驚かせた残忍な殺人事件が発生した。

若い女性が文学と音楽の祭典で一日を過ごした後、車で帰宅途中、彼女の運転するSUVが高速道路上で爆発し、彼女はその場で死亡した。

ダリヤ・ドゥギナさんの父親は、娘の車のすぐ横にいた友人の車から、レスキュー隊が娘の焼死体を運び出すのを見た。

この事件はたちまち国家的な大事件となった。

ドゥギナさんの葬儀には各政党の党首やロシア政府高官が参列し、プーチン大統領は死後、彼女に国家勲章を授与した。

彼女の死がなぜロシアの対外的な政治闘争の象徴となりうるのか、そしてクレムリンは次に何をするのか、次のようにロシア・トゥデイ(RT)誌が解説した。

■哲学者一家への襲撃

火曜日、モスクワのオスタンキーノ放送センターには、ジャーナリストであり政治学者であるドゥギナさんに最後の敬意を表するため、何百人もの人々が集まった。

8月20日の夜、彼女はモスクワ近郊の「トラディション」文化祭から父親と帰宅するところだった。

午後9時頃、高速道路でドゥギナさんがハンドルを握る車が爆発し、彼女は死亡した。

ロシア連邦捜査委員会は、「社会的に危険な方法で行われた殺人事件」として捜査を開始した。

実際の標的がダリアさんだったのか、彼女の父親アレクサンドル・ドゥーギン氏なのかはまだ不明である。

父親のドゥーギン氏は「ユーラシア主義」という概念の創始者の一人で、ウクライナや一部の西洋諸国では「ロシア世界」の提唱者として物議をかもしている、ロシアと旧ソ連諸国の連合によるユーラシア大国の創設に焦点を当てた政治研究を行っている。

爆発した車はダリヤさんのものだったが、ロシアのメディアによると、彼女の父親はこの半年間、かなりの頻度でこの車を使用していたという。

一説によると、二人で行く予定だったが、アレクサンドル氏が気が変わり、土壇場で友人の車に乗ってしまったという。

ダリアも狙われていたのかもしれない。

彼女は父親の跡を継いで、ユーラシア主義の提唱者になっていたのだ。

国内では、ロシア・トゥデイ(RT)やズヴェズダツァルグラードといったテレビ局のジャーナリストとして、また他のロシアメディアでも政治評論家として有名だった。


写真は、ダリヤさんと父親のアレクサンドル氏© vk.com / akimapachev

Photo 出典元

ダリヤさんはウクライナでの軍事作戦を公に支持し、2022年夏、制裁下に置かれた。

米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは、彼女が偽情報を流布していると非難した。

彼女はまた、現在ロシアとドンバス共和国の合同軍によって解放されたマリウポリから現地報道していた。

2022年秋には、彼女が共著で書いたロシア軍に関する年代記「ブックZ」の出版が予定されている。

■ダリヤ・ドゥギナさんを殺したのは誰なのか?

テロ事件から2日後の月曜日、ロシア連邦保安庁は犯行を解明したと発表し、ウクライナの特殊部隊を非難した。

同庁によると、暗殺は2022年7月に10代の娘ソフィア・シャバンと共にウクライナからロシアに来たウクライナ人のナターリア・ヴォフクによって実行されたという。

一部の情報では、ヴォフクはかつてネオナチのアゾフ大隊に所属していたとされている。

爆発後、ヴォフクと娘はロシアを離れ、プスコフ州を経由してエストニアに入った。

ウクライナは関与を否定し、ロシア連邦保安庁の調査結果を「プロパガンダ」と呼んだ。

エストニアはヴォフクの国境通過に関する詳細を提供することを拒否した。

エストニア政府によると、同国の警察・国境警備委員会は、ロシアからこの情報の提供を求められていないという。

同国の外務大臣であるウルマス・レインサル氏は、ロシア特務機関が導き出した結論を挑発とまで断じた。

「我々はこれ(ロシア連邦保安庁の声明)をロシア連邦による挑発とみなしており、現時点ではこれ以上何も言うことはない」


Photo 出典元@テレグラム/PLATONOVA|Z

ロシアでは、このジャーナリストの殺害は政治的なものとみなされており、テレグラムチャンネルや他のメディアでは、この事件が国の政策に与える影響についての議論が盛り上がっている。

プーチン大統領は、亡くなったジャーナリストの両親に宛てた電報の中で、この犯罪は卑劣であると述べ、クレムリンの公式サイトに次のように掲載された。

「下劣で残酷な犯罪が、ダリヤ・ドゥギナさんの命を奪った。ジャーナリスト、科学者、哲学者、戦場記者である彼女は、人民と祖国に誠実に奉仕し、ロシアの愛国者であることの意味を行動で証明しました」

この殺害事件はロシアの国境を越えて反響を呼び、米国務省のネッド・プライス報道官は、

「民間人を意図的に標的にすることはいかなる場所でも非難する」

と発言した。

驚くべきことに、アメリカ人はむしろ「中立的」な論調でコメントを出している。

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官はテレグラムで、

「ダリヤ・ドゥギナさんの暗殺に対する米国務省の反応と、ロシアが提供したウクライナの関与の証拠は、米国の人権保護努力の信用を落とすものである。米国政府高官にとって重要であるらしい、この観点からのコメントすらないのだから、ワシントンは世界の遠隔地の人権状況を判断する道徳的権利(言うまでもないが法的根拠もない)を持っていない。彼らは、この事件が一般人を巻き込んだという事実を単に無視したのだ」

と書いている。

■厳戒態勢下の葬儀

8月23日の葬儀に参列した人々の名前が、この悲劇の政治的性格を物語っている。

国家議会副議長セルゲイ・ネベロフ、民族主義政党LDPR党首レオニード・スルツキー、実業家エフゲニー・プリゴジン、小説家・政治活動家ザハール・プリレピン、政党「正しいロシア」のリーダー、セルゲイ・ミロノフ、その他の政治家たちが参列していたのだ。


写真は、2022年8月23日、モスクワのオスタンキーノTVセンターで行われた娘のダリア・ドゥギナさんの告別式に出席したロシアの思想家アレクサンドル・ドゥギン(左)© Kirill KUDRYAVTSEV / AFP Japan

Photo 出典元

オスタンキノテレビセンターの廊下や階段には、「ジャーナリスト、ダリヤ・ドゥギナさんの葬儀・告別式」と書かれた看板と黒い矢印があり、弔問客を誘導していた。

テレビセンターから数キロ離れた場所には警察の非常線が張られ、建物の入り口は金属探知機で保護され、武装した警官たちが中に入るのを待っている人たちに3重のセキュリティチェックを行った。

警察官は車内点検用ミラーと爆発物探知犬を使用した。

ユリ、バラ、カーネーションの花束を手にした弔問客の列は、ロシアの葬儀の伝統に従って偶数で、徐々に建物の中に入り、式場に集まった人たちと合流した。

ユーラシアの象徴である八芒星をあしらったTシャツを着た若い男女や、同じような服装の年配の男性など、何百人もの人が集まってきた。

戦場記者や軍服姿の軍人もおり、中には朝鮮民主主義人民共和国の肩章をつけた者もいた。

ダリヤさんのジャーナリスト仲間、モスクア大学哲学科の学生仲間、そしてロシアのメディア関係者もいた。

故人を悼む人たちのために用意されたマイクには、ダリヤさんの友人や家族、議長や教会の代表者、国営メディアの代表者たちが順番に主張し、弔問行列の人々は一人ずつ棺に近づき、花を供えながら体を交差させた。棺に寄り添うダリヤさんの父に哀悼の意を表す人もいた。

「彼女の悲劇的な死、その人柄、誠実さに影響を受けた皆さん、彼女の願いはただ一つ、『私を思い出さないで!私たちの偉大な国のために戦ってください。私たちの信仰、聖なる正教を守り、ロシア国民を愛してください!』です。なぜなら、彼女は人民のために死んだからです。彼女はロシアのために死んだのです。彼女は最前線で死んだのです。最前線はまさにここにあるのだから。ウクライナのあそこではなく、ここにあるのです。私たち一人ひとりとともにあるのです」

とドゥギン氏は式典で述べた。


写真は、2022年8月23日、ロシア・モスクワで行われた娘のダリヤ・ドゥギナさんの葬儀に出席し、スピーチを行うロシアの社会学者・哲学者のアレクサンドル・ドゥギン氏© Evgenii Bugubaev / Anadolu Agency via Getty Images

Photo 出典元

国家議会副議長セルゲイ・ネヴァーロフ氏は、ダリアさんの死はロシアの人々をさらに団結させるだろうと述べた。

「実行犯だけでなく、首謀者も全の償いを支払うことになるのは間違いないだろう。ダリアさんが導いた光の道は、ファシズムとあの憎むべき政権との戦いにおけるロシアの都市の解放のために、私たちをさらに団結させます」

とネヴァロフ氏は式典で述べた。

同氏はドゥギナを、

「真の愛国者であり、奇妙に聞こえるかもしれないが、独立と主権のための闘士」

と呼んだ。

若い女性は開かれた棺の中にいた。

「ベンチク」(正教会の伝統に従って、イエス、マリア、洗礼者ヨハネの像を描いたリボンを故人の額にかける)がなければ、安らかに眠っている人と間違われたかもしれない。

■慈悲はない

国際政治専門家研究所の所長で政治アナリストのエフゲニー・ミンチェンコ氏によれば、ダリヤ・ドゥギナ氏は有名な一般人ではなかったが、彼女の死は象徴的なものとなっているという。

そしてこの象徴は、ジャーナリストの早すぎる死に対するウクライナからの反応が続くにつれて、ますます強くなっている。

「非常に異なる、正反対の反応がある。一方では、普通の人間なら当然、人々は悲劇を認め、他方では、前線の向こう側から、不可解なほど幸せな祝いの笑い声が聞こえてくる(ウクライナのメディアからの反応)。この混在が、この象徴をより強固なものにしているのだと思います」

と彼はロシア・トゥデイ(RT)誌に語っている。


写真は、2022年8月23日、ロシアのモスクワで、土曜日遅くにモスクワ郊外で車の爆発に巻き込まれて死亡したダリヤ・ドゥギナさんの葬儀© Evgenii Bugubaev / Anadolu Agency via Getty Images

Photo 出典元

ミンチェンコ氏は、この悲劇的な出来事は、厳しい外交政策の決定を促すというよりも、ロシア国内の政治闘争に弾みをつけることになると考えている。

「もっと厳しくやれと言われても、まだやっていないことは何なんだ?彼らは、意思決定センターをターゲットにした、何か神話的な反応を要求し始める。さて、その中枢はどこにあるのか?と私は問いたい。意思決定が行われる場所や、指導者を収容する安全なバンカーがどこにあるのか、私たちは正確に知っているのでしょうか?キエフのバンコバ通り一帯を爆撃せよと言う人もいるが、あそこには政府の建物だけでなく住宅もある」

とミンチェンコ氏は言う。

また、ロシアにはすでに「非常に明確に定義された法律」があるため、国内政治における反対意見に対する厳しい措置の波を期待すべきではないとの考えも示している。

とはいえ、国内での政治的な議論は活発になるに違いない。

ロシア政府としては、関係者の発言にあるように、暗殺の首謀者、実行犯を見つけ出し、正義を貫くつもりである。

「野蛮な犯罪であり、背後関係者に容赦は許されないと思う。私の知る限り、連邦保安庁はすでに事実関係を確定し、捜査を進めているので、それが完了すれば、命令した者から実行した者まで、すべての関係者がその代価を支払うことになるのは間違いない」

と、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は2022年8月23日に公式声明で述べている。

以上。

解説者からのコメント: ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。