Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「前例のない変化が起きている:ロシアと中国が合意した内容」

写真は、2022年12月21日 北京で会談中のロシア安全保障会議副議長兼統一ロシア党委員長ドミトリー・メドベージェフ氏(左)と中国共産党総書記兼中国国家主席習近平氏 © RIA Novosti / Ekaterina Shtukina

Photo 出典元

日本時間01月23日14:05 RIAノーボスチ
by ナデシュダ・サラピナ
Nadezhda Sarapina

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたウクライナ擁護側から発信されているものに限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、彼らが何を考え、どのような価値観で行動しているのか、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する事が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、ウクライナ紛争が続いている間は、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースや論説などを全面的に紹介します。

「前例のない変化が起きている:ロシアと中国が合意した内容」

日本語:WAU

1月23日、2022年末、ロシアと中国の貿易高が約30%増加し、過去最高の1920億ドルに達した。

昨年初め、両国は2024年までに2000億ドルに達するという目標を設定した。

しかし、現在ではその課題は実質的に解決され、国内供給の多様化が前面に出てきている。

■誰が、何を供給するか

2000億ドルという金額は、2022年2月に北京で行われたロシア・中国首脳会談で承認されたものであるが、その少し後、中国の習近平国家主席が2500億円に増額することを提案し、これを受けて、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、この計画を現実的なものだとした。

中国税関総署によると、2022年上半期に限って言えば、ロシアの輸出量は2021年の同時期に比べほぼ50%増加し510億ドルに達した。

供給の大部分(75%以上)は、鉱物性燃料、石油、石油製品である。モスクワはそれらに対して380億ドルを受け取り、同時に、中国人は食料品、非鉄金属、木材、化学製品をより多く購入するようになった。


写真は、クラスノヤルスク準州の木材トラック© RIA Novosti / Alexander Kryazhev

Photo 出典元

DCエンジニアリングのグレブ・アンチポフ常務によると、エネルギーや物流の新しいインフラの建設に助けられ、貿易額は今後も伸びるという。

特に、パワー・オブ・シベリア・ガスパイプラインに加え、ヤマル液化天然ガスプラントプロジェクト北極 LNG 2の開発が活発に行われており、さらに年産500億立方メートルの中国向けガスパイプラインパワー・オブ・シベリア-2の建設の話も出てきている。

さらに、既存の契約も拡大しており、例えば、ガスプロムと中国の石油・ガス大手CNPCは、年間100億立方メートルの追加供給で合意し、合計480億立方メートルのガスを供給することになった。

また、モスクワと北京は、ハイテク、科学、教育の分野でも互恵的な協力を大幅に拡大する意向だ。

■壮大な計画

ロシアと中国は、2025年までの科学・ハイテクプロジェクトにおける共同作業のロードマップを作成し、その中には、無人輸送システム、新エネルギー源、環境に優しい農業技術、バイオエンジニアリングの分野での研究が含まれている。

しかし、ロシア・アジア産業人・企業家連合会(RASPP)ヴィタリー・マンケヴィッチ会長によれば、これらのプログラムは短期的には貿易額に劇的な影響を与えることはない。

「しかし、プロジェクトが有望で、国や民間の投資家がチャンスと思えば、経済効果は期待できる。中国ではこのプロセスが確立されており、彼らは待つことを知っています」

と同氏は説明する。


写真は、中国のブラゴヴェシチェンスクとヘイヘを結ぶアムール高速道路の橋の上で走るトラック@アムール州政府報道部

Photo 出典元

どうやら、スネジンカ極地基地の共同建設も我慢しなければならないようだが、独立系専門家のレオニード・ハザノフ氏は、中国企業はロシア北極圏に関心を持ち続けているが、政治情勢の推移を見ながら、まだプロジェクトに全面的に投資しているわけではないと考えている。

「彼らの参加は、せいぜい機材の供給程度にとどまっている。例えば、2022年、中国はチュコトカのバイムスキーGOKへの電力供給用に、RITM-200原子炉ユニットをベースにした北極型原子力浮体式発電ユニット2基の船体を敷設した」

と、ハザノフ氏は言う。


写真は、極地探検家マトベイ・シュパロ氏(左)と同氏が率いる第10次大北極探検の参加者(北極点にて)© RIA Novosti / Maxim Blinov

Photo 出典元

彼によると、中国はロシアの北方鉱床で採掘された石油と天然ガスを購入する用意があるが、ただし、それ以上ではないという。

しかし専門家は、中国企業の北極圏への投資に関する具体的な合意は、

「米国や欧州連合の当局をいたずらに誘惑しないため」

に公表されない可能性があるとみている。

ただし、すべてのプロジェクトが休止に追い込まれたわけではないと言う。

例えば、アムールガス・化学コンビナートプロジェクトでは、ドイツやイタリアの機器供給が難航しているが、中国企業のシノペックが参画を続けている。

しかし、ハザノフ氏は、このような高価なプロジェクトから撤退することはあり得ないと考えており、

「ほとんどの場合、彼らは実施に参加し続けるでしょう。例えば、中国のサプライヤーから、または並行輸入の一部として、必要な技術的設備を得るために支援するかもしれません」

と述べている。

■必要な規制

ロシアと中国は、ほとんどの主要分野で協力を強化している。

物流会社RFKグループのジェネラルディレクターであるマキシム・チェポフ氏は、現在の環境における中国を、多くの分野で「代替のない友人」と呼んでいる。

同時に、東側のパートナーもこの状況を利用することができる。

西側で大量に購入されていた工作機械、設備、生産ライン、自動車部品が、今では中国から供給されているのである。

「すでに今、多くの中国メーカーが、長年の契約関係の枠組みの中で、自分たちに有利な条件に修正しようとしている。例えば、契約を全額前払い制に変えるなどだ」

とチェポフ氏は指摘する。

また、中国との貿易の拡大がもたらす脅威はこれだけではない。

中国の大手企業にとって、ロシア市場は比較的小さいので、特にハイテク分野では、地元の競合他社をつぶすのに苦労することはないだろうと、アンティポフ氏は説明する。

ロシア製品が独自のニッチを占め、一方で品不足に陥ったり、消費者が低品質の製品に溺れたりしないように、バランスを取るために慎重な市場規制が必要だと専門家は結論付けた。

以上。

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です