Extra ニュース

ロシア・トゥデイ(RT) 「ロシアとインドにはもはや米ドルは必要ない」

Photo 出典元 © Getty Images / PM Images

ロシア時間8月25日 08:32 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「ロシアとインドにはもはや米ドルは必要ない」

日本語解説:WAU

24日水曜、ロシアとインドは貿易において米ドルを必要とせず、相互決済を行うために自国通貨に転換したと、BRICS国際フォーラムのプルニマ・アナンド会長が記者団に語った。

「我々はルーブルとルピーで相互決済の仕組みを導入しており、両国が相互決済にドルを使用する必要はない。そして今日、ルーブルと人民元での相互決済の同様のメカニズムが、中国によって開発されています」

と述べた。

アナンド氏は、RIA通信の報道を引用して、

「これは、BRICS諸国がロシアを開放し、ロシアが制裁の結果を克服する機会を提供していることを意味します」

と付け加えた。

BRICSの議長アナンド氏は、インドとロシアの相互貿易は過去40年間で5倍に成長したと述べた。

モスクワはインドに急速に増加している石油を供給し、その見返りとして大量の農産物、繊維、医薬品、その他の製品を得ている。

アナンド氏はまた、ニューデリーは西側とロシアの現在の制裁戦争における中立的な当事者であると考えており、制裁圧力にもかかわらず、「必要な分野では」モスクワとの協力を継続すると指摘した。

「ロシアのウクライナでの軍事作戦が始まったとき、当然インドにはロシアの石油の輸入を止めるようにという圧力がありました。しかし、外務省はこの圧力を拒否せざるを得なかった。ロシア側には、供給が停止されることはなく、制裁体制が両国関係に影響を与えることは一切ないと断言した」

とBRICSの責任者は強調した。

BRICSは、5つの加盟国からなる国際的な社会経済・政治評議会です。

現在、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの5カ国が加盟している。

以上。

解説者からのコメント: ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。