Extra ニュース

「NATOは間もなく核兵器の使用を正当化し始めるとロシア外務省が発表」

写真は、熱核爆発装置の実験@CC0 / 国家核安全保障局 / ネバダ・サイト・オフィス

Photo 出典元

ロシア時間8月11日02:15 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「NATOは間もなく核兵器の使用を正当化し始めるとロシア外務省が発表」

日本語解説:WAU

8月11日、国連、 ロシア代表団のアンドレイ・ベローゾフ副団長は、核不拡散条約(NPT)再検討会議において、NATO諸国は将来的に核兵器の使用を正当化することが予想される、と述べた。

ベローゾフ氏は、NATOの核軍事政治同盟としての地位の最終的な強化を指摘した上で、

「それは、同盟のマドリッドサミットの最終宣言に直接的に明記されている。NPT共同体は、この状況の帰結をまだ分析していない。そのため、特にアメリカの核兵器が配備されている地域の非核加盟国の状況を、別の角度から検討する必要がある。

この関連で、欧州諸国の領土に外国の核兵器が存在し、核同盟に参加していることが、NPTの下での義務とどう折り合いをつけるかという問題がある」

とベローゾフ氏は言う。

同氏によると、非核保有国である同盟国が積極的に関与するNATOの核兵器使用練習「共同核ミッション」に関しても、ロシア政府は以前から同様の疑問を抱いていたという。

ベローゾフ氏は、モスクワが、この慣行はNPTと矛盾しない、このような任務は条約の準備段階で合意されたと言われている、と何度も聞いていることに留意し、

「こうした議論は、国際安全保障の礎とされるNPTの主要条項に反する行動を正当化するための言い訳にすぎないと考えている。これらの事実を積み重ねれば、NATO加盟国が将来、いかなる核兵器の使用も正当化することが期待できると、合理的に結論づけることができる。そのような結論に至るには十分な理由がある」

と強調した。

また、

「米国の教義文書には、自国や同盟国の死活的利益に対する脅威を口実に核兵器を使用することが規定されている」

と説明した。

さらに、

「この文書を分析すると、米国は、自国の死活的利益に影響があるというだけで、いつでも、どんな理由でも、どんな国に対しても核兵器を使用できる可能性を留保していることになる。そして、これが核戦争の本当の脅威なのだ。特に、米国が依然として核兵器を実際に使用した唯一の国であることを考えると、なおさらだ」

と結論づけた。

アンドレイ・ベローゾフ氏

Photo 出典元

ベローゾフ氏は、2021年末に米露間の緊張を緩和し、欧州と世界の状況をより安定的かつ予測可能なものにしようとするロシアの試みは、米国とそのNATO同盟国の側では支持も理解も得られなかったことを振り返った。

以上。



解説者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。