Extra ニュース

「トランプを小便に浸してまで偽装を続ける民主党」

Photo 出典元 © AFP 2022 / Getty Images North America / Scott Olson

ロシア時間8月10日08:01 RIAノーボスチ
by ビクトリア・ニキフォロワ
Victoria Nikiforova

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「トランプを小便に浸してまで偽装を続ける民主党」

日本語解説:WAU

こんにち、アメリカから発信されているニュースは、立派な出版物として引用するのがなぜか恥ずかしくさえあるほど、ぎこちない。

とにかく、アメリカの有名なジャーナリスト、コラムニストとして、最も古く影響力のある新聞であるニューヨークタイムズ社のホワイトハウス特派員、マギー・ハバーマンが、ドナルド・トランプについての本の宣伝を始めた。

この本は中間選挙の少し前の10月4日に発売されることになっており、前大統領のありとあらゆる汚点が書かれていることが事前に明らかになっている。

しかし、印象的なのは、その宣伝活動である。

マギーは、トランプの悪意を証明するものとして、ホワイトハウスの個室トイレに流したとされる書類の写真を国民に提示したのである。

公開された写真には、何やら便器のようなものがあり、紙が水の中で飛び散っており、そこに手書きの文字が書かれている。

いや、そうか、このくだりはどこか地方のタブロイド紙がでっち上げたものだろうと思うほどだ。

しかし、マギー・ハバーマンは、ニューヨークで最も知的な家庭の、最も知的な女性である。

彼女が勤めるニューヨークタイムズ社は、常に知的影響力のあるジャーナリズムの道標として考えられてきた。

ピューリッツァー賞などに恵まれたこの女性が、マニキュアを塗った指で便器にメモを押し流し、携帯電話で写真を撮って、

「トランプ大統領の機密文書の扱いのひどさをご覧ください」

と公開した。

だからと言って、「トランプ批判の便器」というテーマは決して目新しいものではないし、ハバーマンの「論説」が突発的な創造性を発揮しているわけでもない。

2016年のことだが、アート系映画批評を得意とする知的オンライン出版社Salon.comが、ドナルド・トランプの就任式のイラストとして、突然、個室トイレの写真を載せたことがあった。

編集部はこうして懐に秘めた何かを見せていた。

そしてトランプは、トイレの形をしたオブジェを与えられ、それに応じたストーリーを作られ、彼の飛行機や邸宅のトイレに金のオブジェがあるという話をメディアが報じられ、さまざまなトイレに執拗に毒されていった。

もちろん、これらはすべてインチキであることが判明したが、政治屋たちはマニュアル通りに仕事を続けた。

マギー・ハバーマン氏

Photo 出典元

今、トランプが再び大統領になることは誰の目にも明らかなので、トイレというテーマが再びトレンドになっている。

ロシアでも、アメリカ人ブロガーのナヴァルニーの口を使ってこのテーマを広めようとした。

宮殿でもプーチンのものでもないことが判明した「プーチンの宮殿」についての彼のビデオには、コンピューターで描かれた高価なトイレも登場した。

そして、アメリカの黒幕たちが、ナヴァルニー派のデモ隊にトイレブラシを配った。

手書きのスローガンはとてもわかりやすかった。

しかし、ロシアでは、こうした安っぽい演出に嫌気がさし、このテーマは盛り上がらなかった。

一方、アメリカでは、トイレのテーマが本格的に熱を帯びることになった。

同時に、治安当局はトランプにあるシグナルを送った。

一昨日、FBIがマー・ア・ラゴにある彼の屋敷を一日中捜索した。

100人以上の警備員が巨大な複合施設に乱入し、館内をひっくり返し、稀代のゲストを死ぬほど怖がらせた。

トランプ本人はおらず、屋敷にいたのは使用人と元大統領の友人数名のみ。

FBIは金庫を破り、マー・ア・ラゴから数箱の書類を持ち出した。

これは、昔からアメリカは常に大統領を神聖な牛のように扱ってきた。

尊敬の念を強調し、生涯高い地位にあり、接頭辞に「元」はつけない。

大統領は一生、大統領なのだ。

しかし、FBIによってこんなことが起きた。

法執行当局によると、今回の捜索は、ホワイトハウスでトランプ氏が所持するに至った可能性のあるいくつかの機密文書の捜索に関連するものだという。

トイレの話は、一般の人々にも同じ考えを公式化したのだ。

そして、これらすべての攻撃の目的は、トランプが起訴され、彼に対する訴訟を開始できるような何らかの証拠を引き出す(あるいは、少なくとも捏造する)ことにある。

実際、彼らは2020年1月から彼を葬り去ろうとしている。

これは単に「ディープ・ステート」の悲願に過ぎない。

彼の支持者の群れが国会議事堂に行進した1月6日の出来事に関するすべての捜査は、トランプが大衆を扇動して暴動を起こしたと非難するような形で進められているのだ。

興味深いことに、1月6日のイベントの目撃者は定期的に不可解な状況で死亡し、何百人もの参加者が恐ろしい状況で、公正な裁判の見込みもなく、今も投獄されているのだ。

これらのことは、偏見なしに見れば、チリのピノチェト政権を思い起こさせるものである。

野党の政治家を冷酷に迫り、その支持者を裁判なしで牢獄死させる政権。

「バナナ共和国のようなやり方だ」

と、フロリダ州のロン・デ・サンティス知事は、このFBI捜索に憤慨した。

興味深いのは、その前日、彼はテキサスで開催された共和党大会でトランプにバッサリ負けたばかりだということだ。

そこでは67%の人が前大統領に信頼を寄せていたのに対し、デ・サンティスは3倍近くも少なかったのだ。

テキサス州では、党内摩擦はあっても、共和党内でのトランプのリーダーシップは崩れず、党内にライバルがほぼいないことが明らかになった。

11月の中間選挙は、トランプ支持者の勝利が約束されている。

上院と下院に入ることで、彼に強力な支援グループを提供することになる。

2024年の選挙で彼を負かすことは、非常に難しいでしょう。

もうひとつは、トランプがいまだに選挙に出馬することを公式に発表するリスクを取っていないことだ。

このような不屈の精神が蔓延する中で、この決断は彼だけでなく、彼の多くの親族にとっても本当に危険であることは明らかである。

彼の下の息子は、彼がまだ子供だった頃、ソーシャルメディア上で脅迫された。

さらに言えば、元妻は美しく、健康で、金持ちであったが、73歳という年齢からすれば、何でもなかったように見えるが・・・

しかし、なぜ今のアメリカの政治にこのような鮮烈な劣化があるのだろうか。

以前にも候補者の殺人や大統領の暗殺は確かにあったが、たいていは政治的な内輪もめが迅速に処理された。

民主主義的なプロセスを世に問うていたのである。

政治闘争は、便器に浮かんだ紙の上に成り立っていたわけではなかった。

そして今、私たちはアメリカが、失礼ながらウクライナのように変貌するのを驚きながら見ている。

このような野蛮な状況の一因は、この国が独自の「聖なる90年代」に突入してしまったことにある。

生活水準は急落し、ホームレスの列が伸びている。

腐敗と劣化はあらゆる面で進行している。

何千人ものホームレスが大都市やかつて輝いていたメガポリスの通りを徘徊している。

皆の前で、彼らはハイになり、酔っぱらっている。

犯罪は横行し、大都市であればあるほど、日没後の外出は危険である。

経済は縮小し、人為的な不足と残忍な価格上昇によって麻痺している。

これは最も野蛮な階層化であり、1990年代にも見られなかったことだ。

結局のところ、金持ちはより貧しく、貧乏人はより金持ちになった。

当時、すべての人を救っていたのは、無料の教育と、交通費、家賃、光熱費が実質的に無料であるという、驚くほど楽な生活だった。

今のアメリカでは、これらすべてにとんでもないお金がかかっている。

そして何より、すべてにひどい不安がある。

明日何が起こるか誰も分からない。

ホームレスでも大富豪でも、計画の視野は1日か2日に限られる。

そんな雰囲気の中では、人々は最も荒唐無稽なデマにひっかかり、最も馬鹿げたことを信じてしまう。

現代のアメリカで、うまく成長している産業は、風俗とあらゆる種類の魔術、呪術、黒魔術だけだ。

ちなみに、特に進歩的な魔女たちは、ドナルド・トランプに魔法をかけるための大規模な儀式を定期的に行っている。

そのような状況での政治闘争はたちまち古臭くなり、半ギャング的な揉め事の連続と化すのは理の当然である。

一方、アメリカ人自身は、自分たちが「後期ソビエト連邦」のようにされたと思っている。

「KGBのエージェントが人々を監視する代わりに、ソーシャルネットワークを手に入れた」

と状況を語るのは、有名ジャーナリストのロブ・カーソンだ。

彼は、

「民主党とバイデンは『偽情報省』を作ろうとしている。FBIとアメリカ合衆国内国歳入庁はアメリカ人に対する武器になった。ソビエト連邦共産党の機関紙『プラウダ』の代わりに、フェイスブックやユーチューブがある。

アメリカ人は、ほとんどすべての問題で民主党と異なる意見を表明することを禁じられている。新型コロナとハンター・バイデンのノートパソコン、ロシアの選挙介入、反ファ、BLM、トランスジェンダーなどなど」

ここには、本当に顕著な違いがある。

90年代の衝撃は、とにかくロシア人達にとって、読みたいものを読み、行きたいところへ行けるという自由の時代だった。

そのため、国内の混乱は大きく緩和された。

一方、アメリカ人は、飢餓の配給を受けると同時に、政治的な自由をすべてねじ曲げられた。

おそらく残された唯一の自由は、ライフルを買い、より多くの人を撃つことだろう。

それを彼らは日常的に行っている。

実際、与党民主党がアメリカ人のために築こうとしている生活は、冷戦時代に彼らが作り上げた架空の「ソビエト連邦」に酷似している。

乞食のような白人どもは、隊列を組んで歩き、合唱する。

彼らは攻撃的で、野蛮で、無教育で、悪態をついていつも喧嘩をしている。

人生の達人たちは、ハンター・バイデンばりに酒と娼婦を楽しむ。

愚かなプロパガンダがあらゆる新聞から聞こえてきて、両者をゾンビ化させている。

総じて、すべてがハリウッドのくだらない映画のようだ。

それを見て楽しんでください

因みに、 メタ(フェイスブックとインスタグラム)は、ロシアでは過激派として禁止されている。



解説者からのコメント: 筆者はかつてニューヨークに20年近く住んでいた、2007年当時、NYTの新社屋がタイムズスクエアに立ち上がったので早々にロビーを訪れたことがある。ガラス張り52階建てのビルに吊るしたスクリーンに飾られたカンパニーロゴは、「伝統が進化したんだよ」と主張していたように感じたのを覚えている。本日の記事にあるような、まるで原始人の偽装工作をしてしまうほど劣化するとは・・・

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。