Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「ドイツはNATOをめぐりトルコとの『衝突の危険』を示唆した」

写真は、トルコのエルドアン大統領 © RIA Novostiフォトバンク/ POOL

Photo 出典元

ロシア時間5月23日03:23 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「ドイツはNATOをめぐりトルコとの『衝突の危険』を示唆した」

日本語解説:WAU

5月23日(月) NATOは、スウェーデンとフィンランドの同盟参加を無条件に認めようとしないトルコタイップ・エルドアン大統領「衝突するリスクを負う」必要があると、ドイツのジャーナリスト、マキシミリアン・ポップ氏は記事に書いている。

記者によれば、トルコの指導者がスウェーデンとフィンランドのNATO入りを阻止しているのは、その同意に何か見返りを得ようとしているからだという。

トルコ政府は、武器輸出の制限解除と、同国で禁止されているクルド労働者党の支持者をトルコへ引き渡しすることを要求しているとした上で、

「NATOはエルドアン大統領の要求に屈しなければ正しいことをするはずだ…エルドアンは近年、二重スパイのように振る舞っている」

と主張する。

例えば、トルコはNATO同盟国の一員としてロシアから武器を購入し、NATOのパートナーであるギリシャと「戦争の危機」を起こしたと主張している。

同記者は、国内の経済危機のため、トルコの指導者は来年の大統領選挙での敗北を恐れており、今後数ヶ月の間に欧米との取引で「さらに図々しくなる」と推測できると考えていると言う。

ポップ氏は、エルドアン大統領の「脅迫的な試み」に終止符を打つようNATOに呼びかけ、そうしなければ「危険な前例」を作ることになると主張する。

特にクロアチアゾラン・ミラノビッチ大統領も同様で、すでにスウェーデンとフィンランドの同盟加入を承認するようトルコ政府に要求を出していると言い

「NATOは同盟を脅迫の場にすることを許してはならない。エルドアンと対立するリスクを冒す方がよい」

とポップ氏は結論づけている。

マキシミリアン・ポップ氏

Photo 出典元

これに先立ち、英フィナンシャル・タイムズ紙は、トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請手続きの開始を阻止したと報じていた。

エルドアン大統領は、

「トルコ政府はフィンランドとスウェーデンの同盟加盟にイエスと言うことができなかった。なぜなら、トルコで禁止されているクルド労働者党の代表者とのつながりに関する彼らの保証を信じることができなかったからである」

と述べていた。

NATOは、全加盟国の全会一致の承認がない限り、同盟に加盟することはできない。

これに対しロシアは、NATOの狙いが対立にあることを繰り返し指摘する。

ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、

「同盟のさらなる拡大はヨーロッパにさらなる安全をもたらさない、NATOは攻撃的な性質を持っている」

と述べ、同時に、

「スウェーデンやフィンランドのNATO加盟がロシアにとって実存的な脅威とは考えていない」

とも言及している。

一方、フランスのクレマン・ボーヌ欧州問題担当相は日曜日、ウクライナの欧州連合(EU)への早期加盟は不可能であり、そのプロセスには「非常に長い」時間がかかるだろうと述べた。

「正直に言おう。ウクライナが半年、1年、2年でEUに加盟すると言うなら、それは嘘だ。そんなことはない。おそらく15年か20年はかかるだろう。とても長い時間がかかるのです」

とパリのラジオJに語り、

「ウクライナ人に幻想や嘘を提供するつもりはない」

とも述べている。


Photo 出典元

ポリティコ紙によると、ボーヌ氏は、エマニュエル・マクロン大統領の「信頼できる部下」とされ、エリザベット・ボルヌ首相率いる政府の欧州問題担当相に金曜日に指名されている。

欧州連合(EU)は、ウクライナやその他の非加盟国のために「欧州政治共同体」を設立することができることから、

「民主的な欧州諸国が、政治協力、安全保障、エネルギー、輸送、投資、インフラ、人の移動のための新しい空間を見つけることができるだろう」

と、フランス大統領は示唆した。

しかし、このマクロンの提案はウクライナ政府高官を怒らせ、同国が本格的なEU加盟の代わりに代用品を与えようとする試みを拒否している。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は土曜、この案はロシアからの圧力の結果であると主張し、

「欧州とウクライナの間に妥協は必要ない。これは、ヨーロッパとロシア連邦の間の別の妥協になるだろう。絶対にそうだ。これは、ロシアの高官、官僚、ロビイストの外交的、政治的影響力である」

とに述べている。

EUへの加盟は、ウクライナの親欧米派の政治家たちが何年も前から主張してきたことだが、ほとんど進展はない。

ロシアが2月末にウクライナに対して大規模な軍事作戦を開始してから、EU加盟への動きが活性化した。

ウクライナは加盟を正式に申請しており、欧州委員会は6月中にこの件に関する見解を発表する予定である。

以上。

スポンサー広告
効く、感動。 夜と朝 使い分ける歯磨き粉

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。