Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「米オルガルヒがトランプと共に『政権交代』実現に動く背景」

写真は、ビリオネアのハイテク投資家ピーター・ティール氏

Photo 出典元

ロシア時間5月6日08:00 RIAノーボスチ
by ビクトリア・ニキフォロワ
Victoria Nikiforova

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

「米オルガルヒがトランプと共に『政権交代』実現に動く背景」

日本語解説:WAU

先日、米オハイオ州の共和党予備選で、J.D.バンスが勝利した。

この一見ローカルなニュースには、興味深いい裏がある。

J.D.バンスは、それ自体、現代のアメリカ政治にとってかなり非典型的な人物である。

彼は、伝統的な価値観、昔ながらの資本主義、強い家族愛、そして古き良きアメリカを強く支持しているのです。つまり、彼は典型的なネストリウス派である。

因みに、地元の左派たちは、そんなバンス氏をファシストと呼んでいる。

ヒルビリー・エレジー』という素晴らしい本の著者で有名だ。

ロシアの作家、マクシム・ゴーリキー『幼年時代』のようなもので、不況で急速に貧しくなった地方都市での生活を鮮やかに、そして悲しく描いた回想録である。

アメリカの老人たちから見れば、J.D.バンスはまだ37歳で、猥雑なほど若い政治家である。

バンス氏は予備選に勝利することで、今秋の米国上院の議席を争うチャンスを得た。

オハイオ州は彼の地元であり、莫大な財政的支援(これについては後述)を受けている。

そして、産業と雇用を米国に戻すこと、不法移民の禁止と合法移民の制限、一人の稼ぎ手が家族全員を養えるように平均賃金を引き上げること、伝統的男女分離、信仰の尊重、狂気の左翼リベラリストの否定など、素晴らしく明確なアジェンダを持っている。

J.D.バンス氏

Photo 出典元

彼の勝利する可能性は非常に高い。

なぜ、この件を最初に述べたのか?

まず、バンス氏はドナルド・トランプの支援を受けて予備選挙に勝利した。

前大統領は、こうした闘志あふれる若い共和党員を何人か支持し、民主党に魂を売った裏切り者と見なす年配の「重鎮」たちと対決させているのである。

トランプ大統領候補は、秋に上院と下院の議席を獲得し、そこで自分たちのアジェンダを押し進め、トランプのホワイトハウス復帰への道を切り開かなければならないのである。

第二に、バンス氏は自分から立ちあがったわけではない。

数年前から、シリコンバレーで最もエキセントリックなオリガルヒ、富豪で反体制派の、PayPal(ペイパル)の創業者としても有名なピーター・ティール氏が彼を育て、経済的に支援しているのだ。

ティール氏は、アメリカの未来について独自の見解を持っており、それを追求するために費用や経費を惜しまない。

ティール氏はすでに、16人の候補者(バンスを含む)の上院・下院キャンペーンに2,000万ドルを投じている。しかし、アメリカの若手保守派の育成・支援にかける費用にしてみれば、ほんの些細なことだ。

彼の周りにいる、哲学者、政治家、ジャーナリストたちから「ティルバックス」と呼ばれ、親しまれている。

ティル氏はIT分野で数十億ドルの富を築き、米国政府情報機関との密接な関係を特に隠すことなく語ってきた。

彼の所有する「パランティア社」の技術は、CIA、NSA、FBIが市民を監視するために使用されている。また、金融取引を追跡するために特別にPayPalを立ち上げている。

パランティア社

パランティア・テクノロジー:Palantir Technologiesは、ビッグデータ分析を専門とするアメリカの公的ソフトウェア会社です。コロラド州デンバーに本社を置き、社名の由来は、映画「ザ・ロード・オブ・ザ・リングス」の中で、パランティリという魔法の石が「見る石」であり、破壊できない水晶の球として、コミュニケーションや世界の他の場所の出来事を見るために使われていたことによる(詳細)。

ティル氏は、これらの会社だけで80億ドルもの金をもたらした。

本当はどれくらいあるのか–誰も教えてはくれない。

ティール氏が貪欲に育てている「新右翼」の思想の本質とは何か?

伝統的な国家機関が完全に諦めてしまったこと。

腐敗した民主主義は、もはや機能しない。取り繕うことはできない、壊すしかない。

ティル氏はアメリカ国家を「レジーム」と呼び、即時解体の対象となると考えている。

民主党は、主権国家を完全に取り壊し、まるで全世界を「デジタル強制収容所」に踏み入れようとしているが、ティール氏の計画は正反対である。

彼の発想は「フラグメンテーション」だ。

つまり、国家内では先進的な豊か地域と、その周囲にある荒れた貧しい地域の断片化である。

バルカン化、あるいは、あらゆるものの「ウクライナ化」である。

そして、民主党がグローバルな課題に関心を寄せているのに対し、ティール氏は主に米国の領土に関心を持っている。

これが彼の望む「断片化」であり、そのために彼は島や土地の買い占めを積極的に行っている。

彼の愛弟子である哲学者たちは、これらの領土にテクノ君主制やテクノ神政が出現し、絶対的な権力を一人の人間が持つようになると説いている。

人権、選挙による民主主義、少数派の特権といった無意味なものを一切排除した、最も純粋な形の専制政治となるだろうと。

たとえ、サイバー空間を好む人間嫌いの人たちがどれほどエキセントリックで、暗黒の時代を空想していたとしても、ティール氏の方針は今や極めてまともで首尾一貫したものだ。

まずトランプに任命された者に資金を注ぎ込み、上院や議会に送り込む。そこで彼らは選挙活動を行い、ほとんどの反対派の共和党員を出し抜いていく。

この者たちがすべて、2024年の大統領選にトランプを押し上げていくのだ。

しかし、ここで2つ目の難問が発生する。

トランプ氏の一挙手一投足が再び「ディープ・ステート」に阻まれた場合、どのように統治するのか?

結局のところ、彼は、

「沼の水を抜く」「(ヒラリー・クリントンの意味での)魔女を片付ける」「アメリカを再び偉大にする」

ことができなかったのである。

この場合、新右翼たちは独自の狡猾な計画を持っている。

J.D.バンス氏がヴァニティ・フェア紙に語ったところでは、

「トランプ氏へのアドバイスはこうだ。公務員、それも中堅以上の官僚を一斉に解雇し、我々の仲間に入れ替える。そして、裁判所が邪魔しなくなったら、直接議会に行って、『最高裁が判決を下したのだから、それを執行させなさい』と言うのです。(ヴァンス氏は、1832年に米国最高裁の判決に従わなかった第7代米国大統領アンドリュー・ジャクソンのケースを少し言い換えたもの)」

「しかし、それはクーデターではないか!」

と、ヴァニティ・フェア紙のジャーナリストは弱音を吐いたと言うが、ヴァンス氏は、アメリカをジュリアス・シーザーが権力を握った前夜のローマになぞらえて

「我々は今、共和制の最後の時代にいる。もし戦おうとするなら、本当に大胆に、今日の多くの保守派が恐れるほど踏み込まなければならない」

「ここでは 『憲法外活動』という言葉がカギになっていますね」

とバンス氏は言い、ティールの仲間の知識人の一人、ジャック・マーフィー氏が相槌を打ったと言う。

つまり、新右翼はティール氏の資金で、トランプであれ若手であれ、自分たちの弟子たちに国の全権力を譲り渡そうと、一種のクーデターを計画しているのである。

ティール氏の全キャリアが政府の安全保障と結びついていることを考えると、それらの政府機関の一部も彼の考えを支持していることが想像できる。だから、この一揆計画はかなり現実的な話なのだ。

もちろん、民主主義者が政敵の独裁をおとなしく受け入れるかどうかは疑問であるが。

さて、ここでピーター・ティール氏が関心を寄せる米国の「断片化」のプロセスが行われることになる。

ビル・ゲイツやザッカーバーグのような多くのITオリガルヒが、自分たちが世界を支配できると考えているとしたら?

ティール氏はそうは考えていない。

彼は、アメリカほど大きな国はだれも扱えないと考えており、公然とその崩壊に賭けているのである。

我々にとって、ここで何が興味深いのか?

「フラグメンテーション:断片化」とは、2007年の金融危機の直後から米国で盛んに議論されるようになった分離主義のことではない。

ここで意味してるのは、「赤」(親共和党)「青」(親民主党)の平和的かつ文明的な別離である。

なぜ「合衆国」をある時点で離脱してはいけないのか?

「断片化」は、すでに米州内では進行しており、個々の郡、市、町の間で横行している。

まったく新しい地域や同盟が生まれ、重武装した地元の民兵やギャングが登場することになるだろう。

最大限のキャパシティで「同盟」を実現させようと言うのだ。

この偉大な旅の始まりに、アメリカ人の成功を祈ろう。

当然、そのようなシナリオでは、誰もウクライナのことなど気にも留めなくなる。

最も野心的な共和主義者は、ロシアと対立するよりも、国の内部問題に対処することを望んでいる

2024年の候補者候補で、トランプの共和党の主なライバルであるロン・デ・サンティスグレッグ・アボットは、ウクライナに無関心であると常々批判されている。

トランプの親衛隊はどうなのか?

彼らは皆、一様に、断固とした孤立主義者である。

「正直言って、ウクライナには全く興味がない」

JDバンス氏は言う。

「ロシアは核保有国であり、独自の利益を有している」

と、ティール氏とトランプ氏のもう一人の愛弟子のアリゾナ州上院候補ブレイク・マスターズも、

「NATOの拡張と政権交代を求めるブッシュ的な狂信でロシアを刺激するのは意味がない…。当然ながら、ロシアと戦争をしてはいけない。沈着するための口実を探すべきだ」

と同意している。

ティール氏もトランプ氏も、そしてその信奉者も、アメリカの苦境をすべて中国のせいにしがちだが、それこそが主敵であり、そこに力を注ぐべきなのだ。

そして、ロシアとの対立は、この事から目をそらすだけだ。

彼らは、ウクライナは「親中派」のバイデンにすり寄られており、バイデンを追い出したら北京は準備を整えるだろうと考えている。

もちろん、米国がこのまま2024年まで生き残れるかどうかも疑問であると、トランプ氏自身は疑っている。

確かに、今の米国の政治状態は絵に描いた餅のようだ。

ティール氏のように自分の育てる候補者をホワイトハウスに押し上げ、反対派を失脚させ、彼の弟子たちを支配者にするために何百万ドルもかけてクーデターの準備をしている。

一方で、庶民は、飛躍的に貧しくなっているのだ。

この国は崩壊する準備ができている。

誰がウクライナをやれ!と言った?

それはアメリカ合衆国だ。

この時点でまだ団結していたのだ。

以上。

スポンサー広告
3,280名が感動した
大人気の【送料無料】コーヒーお試しセット

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。