Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「サキ氏、5月13日をもってホワイトハウス報道官を退任へ」

Photo 出典元 ホワイトハウスのジェン・プサキ報道官 © AP Photo / Evan Vucci

ロシア時間5月5日22:43 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

「サキ氏、5月13日をもってホワイトハウス報道官を退任へ」

日本語解説:WAU

5月5日、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官代理は、約1年半務めた後、5月13日にその職を離れると、米政権は発表した。

現在の副官であるカリーヌ・ジャンピエールは、ホワイトハウスの新報道官に就任する。

カリン・ジーン・ピエール氏

Photo 出典元

後任として報道官に就任するカリン・ジーン・ピエール氏は、ポスト初のLGBTであり、初の黒人である。

フランスの海外県であるマルティニーク島出身のジャン=ピエール。両親はハイチ人で、父親はタクシー運転手、母親は訪問看護師だと言う。

ジャン=ピエール氏は、コロンビア大学を卒業し、国営テレビ局の政治アナリストとして出演し、オバマ政権で働いただけでなく、成功への道について本を書きました。

ジョー・バイデンは、

「カリン・ジャン=ピエールを次のホワイトハウス報道官に任命することを発表できることを誇りに思う」

と紹介した。

サキ氏は昨年5月の時点で辞職の可能性を表明していたが、メディア報道によると、彼女はNBCプラットフォームで番組の司会を始め、ケーブルネットワークのMSNBCで様々な番組に生出演する予定とのこと。

第44代米国大統領である民主党のバラク・オバマ政権のホワイトハウスおよび国務省の高官であったサキ氏は、特に、ロシアやウクライナ問題での注目度の高い発言で広く知られるようになった。

有名なのは、「天然ガスが西ヨーロッパからウクライナ経由でロシアにパイプラインで運ばれている」という発言や、「ベラルーシ沿岸に米海軍を派遣する」という脅し、その他、定番の「事務局に聞いてみる」などがあった。

以上。

スポンサー広告
入浴剤を買うなら!【FRO(フロー)】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。