ニューズマックス

ニューズマックス「マスク氏、ハンター・バイデンのノートPCの話題を禁止したTwitter社のトップ弁護士を非難」

写真は、2022年4月25日、イリノイ州シカゴで、イーロン・マスクのツイッター買収提案に関するニュースがツイートされた写真イラスト:Scott Olson/Getty Images

Photo 出典元

米国時間4月26日08:44 ニューズマックス
by ジャック・ゴーネル
Jack Gournell
Newsmax, The Jewish Voice (New York), ブルドッグ・レポート, The Todd Starnes Showなどのに記事を提供するジャーナリスト

「ニューズマックスについて」

ニューズマックスはアメリカの保守派を代表するニュースとオピニオンサイトです。 1998年9月16日にクリストファー・ラディー氏によって設立され、当初より、ニューズマックス メディア社によって運営されています。一般、健康・衛生、経済全般、国際の、4つの主要セクションがあり、2010年時点で、 消費者視聴行動分析会社 ニールセン・オンラインは、 ニューズマックスは最もトラフィックの多い保守サイトであり、毎月約400万のユニークビジターがいると述べています。詳細

「マスク氏、ハンター・バイデンのノートPCの話題を禁止したTwitter社のトップ弁護士を非難」

日本語解説:WAU

26日火曜、イーロン・マスク氏は、ハンター・バイデンのノートパソコンの話をすることを禁止したツイッター社のトップ弁護士を批判しました。

これはマスク氏がツイッター社の買収取引が成立した月曜日に、彼女(弁護士)がスタッフとミーティングしているときに涙したと報道された後、

「真実の記事を掲載したことで大手報道機関のツイッターアカウントを停止したことは、明らかに信じられないほど不適切だった」

と、月曜日のポリティコ紙の記事のスクリーンショット、

「Twitterのトップ弁護士はスタッフを安心させ、マスク買収に関する会議で泣く」

を掲載してツイートに返信したものだと言います。

マスク氏への譲渡交渉の鍵を握っていたビジャヤ・ガッデ弁護士は、ドナルド・トランプ前大統領のプラットフォームへの復帰を認め、Twitterに言論問題で追放された人々を呼び戻すのではないかと、左派の多くの人々に恐怖心を与えてきました。

ビジャヤ・ガッデ弁護士

Photo 出典元 MATHEW SCOTT—FORTUNE

マスク氏は自らを「言論の自由絶対主義者」と称しており、一方、ツイッター社の 「道徳的権威」として知られるガッデ氏は、「誤報」のパトロールなど、その任務の多くを担っていました。

2020年、大統領選挙を目前に控えた頃、ハンター・バイデンのノートパソコンの内容について報じたニューヨーク・ポストのアカウント停止決定の鍵を握ったのはガッデ氏だったと、デイリー・メール紙は報じています。

当初、ノートパソコンの記事は、主要メディアやソーシャルメディアから「誤報」のレッテルを貼られましたが、その後、同じメディアによって事実であることが確認されました。

マスク氏の批判は、6カ月後に買収が完了すれば、ツイッター社にどのような変化が待ち受けているかを示しており、ガッデ氏の将来は新オーナーに歓迎されない可能性が高いでしょう。

しかし、彼女はおそらく、新しい体制にとどまることを快く思っていないでしょう。

以上。

スポンサー広告

世界で一つだけのパズルを【元祖ぱずる屋さん】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。