ニューズマックス

ニューズマックス「ツイッター買収が火種?イーロン・マスク氏によるSECへの和解要請を判事が却下」

写真は、テスラ社のCEOイーロン・マスク氏(Theo Wargo/Getty Images for Time)

Photo 出典元

米国時間4月26日08:44 ニューズマックス
by ジェイ・クレモンズ
Jay Clemons

デトロイト出身。ミシガン州立大学卒業生 FOXSports、2015年スポーツブログ・オブ・ザ・イヤー(シノプシス・メディア)、2008年ファンタジーフットボールライター・オブ・ザ・イヤー(FSWA)

Photo 出典元

「ニューズマックスについて」

ニューズマックスはアメリカの保守派を代表するニュースとオピニオンサイトです。 1998年9月16日にクリストファー・ラディー氏によって設立され、当初より、ニューズマックス メディア社によって運営されています。一般、健康・衛生、経済全般、国際の、4つの主要セクションがあり、2010年時点で、 消費者視聴行動分析会社 ニールセン・オンラインは、 ニューズマックスは最もトラフィックの多い保守サイトであり、毎月約400万のユニークビジターがいると述べています。詳細

「ツイッター買収が火種?イーロン・マスク氏によるSECへの和解要請を判事が却下」

日本語解説:WAU

27日水曜、テスラ社のイーロン・マスクCEOが、証券取引委員会(SEC)との合意を打ち切ろうとしていた件が、連邦判事によって取り消され、言論の自由が抑圧されたというマスク氏の主張が退けられました。

CNBCによると、同裁判官はまた、連邦金融規制当局による新たな喚問書類の一部を解除するというマスク氏の要求も阻止したとのことです。

マスク氏の弁護士は、2018年9月にSECがマスク氏を証券詐欺で起訴した後に行われたとされる前回の和解合意が、言論の自由を制限していたと示唆したが、ルイス・J・ライマン判事はこの考え方に反論しました。

ライマン判事は反対意見の中で、証券取引法の遵守を確保するためのSECの「広範な権限」を否定し、

「SECが2018年8月にマスク氏のツイートを理由にマスク氏とテスラ社に対する関連訴訟を起こしたという事実だけで、2018年の訴訟が解決した後の2021年後半に発生した行為に関する調査をSECが開始したことでSECの主権免責を放棄するものではない」

と書いている。

ルイス・J・ライマン判事

Photo 出典元

マスク弁護士のアレックス・スピロ氏は、SECが和解を口実にマスク氏の発言について「果てしない、無限の調査」を開始したと主張したが、ライマン判事はこの考えを否定し、

「マスク氏は2018年にSECとの間で同意協定を締結することで、テスラ社やその株主にとって重要な情報を含む、あるいは合理的に含む可能性のある、そうしたあらゆる文書通信の事前承認を求める規定に同意したのですから、彼は今、この規定が彼の修正第一条の権利を侵害していると訴えることはできない。SECが同意協定を利用してマスク氏に嫌がらせをし、彼の言論に対する調査を開始したというマスク氏の主張も同様に説得力がない」

と述べている。

世界一の富豪と言われるマスク氏は月曜日、ツイッター社を440億ドルで買収し、世界的な話題となりました。

しかし、このソーシャルメディア・プラットフォームは、SECとマスク氏の最新の争いの原因の一部にもなっています。

金融規制当局は以前、マスク氏が2018年8月7日にツイッターを通じて、1株約420ドルでテスラを非公開化することを検討していると発表した際、投資家に対して「虚偽かつ誤解を招く」発言をしたとしてテスラ社とマスク氏を起訴していました。

また、マスク氏は投資家に対して、資金調達は「確保」されているとも伝えていました。

そのツイートが投稿された後、2018年8月のテスラの株価は6%以上上昇したと伝えられています。

しかし、CNBCによると、テスラの取引はその同日に停止し、その後数週間で株価は不安定になりました。

SECとの和解の一環として、テスラ社とマスク氏はそれぞれ2000万ドルの罰金を支払うことに同意しました。

マスク氏はまた、テスラ社の会長職を3年間返上し、無実を主張したり、SECの訴状の申し立てを公に否定したりしないことに同意しなければなりませんでした。

また、公開市場でテスラ社の株価に影響を与える可能性のあるビジネス情報が含まれている場合は、投稿前に経験豊富な証券弁護士にマスク氏のツイートを審査してもらうことに同意したと伝えられていますが、2021年11月6日、マスク氏は自身のツイッター・アカウントの膨大なフォロワー(最終的には8670万人)に対し、

「最近、含み益が租税回避の手段であるとよく言われるが、私は自分のテスラ株の10%を売却することを提案する」

と記した上で、

「あなたはこれを支持しますか?」

と投票を即すツイートをしました。

そして、マスク氏は、

「この投票の結果がどちらになっても、私はそれに従う」

と付け加えていました。

その直後、SECは、イーロン・マスク氏が和解条件に違反したかどうかを探る手段として、マスク氏と弟のキンバル・マスク氏(テスラ取締役として)を呼び寄せたと報じられました。

キンバル・マスク氏

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
イギリス発!ホットフラッシュ対応のインナーウエアが日本上陸!

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。