ブライトバート

ブライトバート・ニュース「ウクライナの『不安定化』は、ロシアではなくバイデン政権のヒステリーが原因」

写真は、ウクライナとの国境に沿ってロシア軍が増強されたことで、ロシアがドンバス地域への侵攻を意図しているのではないかという懸念が高まっている。

Photo 出典元 Brendan Hoffman/Getty Images

米国時間01月25日BREITBART
ブライトバート・ニュース・ネットワーク(Breitbart News Network)は、アメリカ合衆国のオンラインニュースサイトで、ラジオ放送(Breitbart News Daily)も行っています。政治性向は極右であるとして、ニューヨーク・タイムズは同サイトを、虚偽報道、女性嫌悪・外国人嫌悪・人種差別的なサイトと一時批難していましたが、現在では削除しています。彼らを批判しているサイトにもデマは多数ある上、信用に足る根拠が明示されていない場合も多いとされています。同サイトはトランプ大統領の当選に大きな役割を果たしたとされており、アレクサ・インターネットによれば、2014年の時点で世界の報道機関カテゴリーの中で上位50位に入るほどの規模となっています」

by フランセス・マーテル
FRANCES MARTEL

日本語解説:WAU

「ウクライナの『不安定化』は、ロシアではなくバイデン政権のヒステリーが原因」

フランセス・マーテル氏の報告によると、ウクライナの国家安全保障・防衛評議会のオレクシー・ダニロフ長官は25日、記者団に対し、ロシアのさらなる侵攻の可能性に対するパニックによる「国内の不安定化」「第一の問題」であり、侵攻の可能性自体ではないというのが、キエフの見解であり、西側からの情報報告であると述べたと言います。

国営放送Ukrinformによると、このパニックによる「不安定化」は、一般的に国の通貨であるフリヴニャの崩壊につながるものであり、「ロシア人はこれ以外に何もすることができない」ダニロフ氏は主張したと言います。

オレクシー・ダニロフ長官

Photo 出典元

この発言は、ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキー氏が複数回にわたって行った全国的な演説に続くもので、ジョー・バイデン大統領の政権とその同盟国が、ロシアの侵攻がモスクワよりもウクライナの奥深くまで迫っていると予測する煽り文句を無視するようウクライナ国民に求めていると言います。

ロシア2014年にウクライナに侵攻し、ウクライナのクリミア半島を植民地化し、東部ドンバス地域の「分離主義者」を支援していると言われており、ドンバス戦争「内戦」と主張しているが、キエフはウクライナ軍に対するロシアの軍事支援の広範な証拠を明らかにしている模様です。

ドンバス戦争の中でも特にドラマチックなエピソードとしては、2015年にオランダ政府が、ウクライナ上空で爆破された民間航空機、マレーシア航空17便は、「分離主義者」が運用するロシア製のブクミサイルが命中したと結論づけたことが挙げられます。

従って、この爆破事件の被害者を代表する国々は、長年にわたりロシアに救済を求めてきましたが、効果は無かったなどと主張しています。

先週、バイデンは記者会見で、プーチンが再びウクライナに侵攻するだろうと予測し、「小さな侵攻」の場合には米国がウクライナを支援することは期待できないと述べ、ドンバスの状況に対する懸念が大きく高まったと報告されています。

バイデンは次のように述べました。

「ロシアが侵攻すれば責任を問われる。それは、何をするかによります。些細な侵略であっても、何をすべきか、何をすべきではないかなどで争いになってしまうこともあります」

バイデン政権はこの1週間、ロシアがドンバス戦争に正式に参戦するだけでなく、キエフを占領するという確かな証拠があるかのように事を進めています。

週末、米国務省はウクライナの首都にあるアメリカ大使館に駐在するアメリカ人の家族を呼び戻し、ウクライナにいるアメリカ人に退去を促しています。

月曜日、米国務省は、キエフがドンバスから500マイル離れていることを考慮して、なぜそうしたのか、まとまった答えを記者団にしませんでした。この動きはゼレンスキー政権を困惑させ、ゼレンスキー政権はこれを「時期尚早」と呼んでいます。

ゼレンスキー政権はこの1週間、突然のロシア軍侵攻パニックに戸惑いを見せながらも、ウクライナの現地情報からは、そのような警戒を引き起こすような変化は見られないと主張してきました。

その代わりに、パニックがウクライナ経済を混乱させ、市民が銀行のお金を空にしたり、外国からの投資を妨げたりする可能性に懸念を示しています。

「現在、米英をはじめとするパートナー国の情報と一致するすべての情報報告によると、国内の不安定化が第一の問題であり、国内の不安定化がなければ、ロシア人はここでは何もできない。彼らは国内の不安定化という問題を引き起こすことに賭けているのです」

とダニロフ氏は月曜日に語ったといいます。

また、軍事的緊急事態のための国家警報システムは「完全に機能している」とし、必要がないため使用していないと主張しています。

このダニロフ氏の発言は、先週バイデン氏がロシアの侵攻を予測した直後のゼレンスキー氏の発言と一致しています。

「侵略は2014年に始まったのではないか?戦争の脅威は今になって現れたのか?これらのリスクは数年前から存在しており、増加していない。増えたのは、それらをめぐる誇大広告だ」

とゼレンスキーは先週の全国放送で述べていました。

「すべての国民、特に高齢者はこのことを理解する必要があります。深呼吸をしてください。落ち着いてください。すべてのメディアに告ぐ。あなた方はマスメディアであって、集団ヒステリーの発生源ではない。誇大広告を追求するあまり、敵を助けてはならない。明日、戦争が始まるかもしれないと毎日報道しても、絶対に止められない。そんなことをしても、絶対に戦争は止まらない」

「どうしたらいいのか?と聞かれたら、たった一つ、頭を冷やして冷静になり、自分の力、自分の軍隊、我々のウクライナに自信を持ち続けることだ。不安にならず、何事にもスマートに対応し、感情的にならないように!心ではなく頭で。心ではなく頭で」

とゼレンスキーは国民に呼びかけています。

ゼレンスキー大統領は月曜日、ホワイトハウスを悩ませているロシア軍の動きについて、米国にとっては「大きな問題」だが、「我々にとってはニュースではない」と述べ、また、現時点でロシア軍の侵攻が成功することは 「不可能」だと述べました。

「会議の結果は、メディアに大きな決定をもたらすものではなく、我々国民、ウクライナ市民にとって重要な結論のみをもたらした。すべてがコントロールされているというシンプルなものだ」

「我々はすべてを認識し、すべてに備えており、最善を信じており、そのためにすべての事を行っている。我々のパートナー、外交官、そして最も重要なのは軍と一緒に」

「彼らは私たちの最高の人材であり、私たちを守ってくれていますし、私たちも彼らを守らなければなりません。『すべての希望が失われた』と叫ぶのではなく、冷静になることです」

と大統領は断言しています。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領

Photo 出典元

以上。

スポンサー広告
新生活をおトクに♪最大131,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。