デイリーワイヤー

デイリーワイヤー「イーロン・マスクの最新人型ロボットで「ターミネーター・シナリオ」を回避する方法」そして国連の間違いについて

Photo 出典元 Win McNamee/Getty Images

米国時間01月20日DailyWire.com
「デイリーワイヤー紙は、アメリカで最も急成長している保守系メディア企業の一つで、ニュース、オピニオン、エンターテイメントを提供するカウンターカルチャーのニュースサイトです」

by ベン・ツァイスロフト
Ben Zeisloft
ペンシルバニア大学ウォートンスクールでビジネス経済と公共政策を専攻しています。言論の自由を追求する独立系新聞「The UPenn Statesman」の編集長であり、学生が主宰するキリスト教雑誌「Penn Epistle」の編集者でもあります。ベンは、Campus Reformの上級特派員です。彼の過去の作品はSpectator USAにも掲載されています。

日本語解説:WAU

「イーロン・マスクの最新人型ロボットで「ターミネーター・シナリオ」を回避する方法」そして国連の間違いについて

ベン・ツァイスロフト氏によると、イーロン・マスクが率いる電気自動車会社「テスラ」が、最新の人型「テスラボット」を開発しているとして、マスク氏はソーシャルメディア上で、同社が将来のロボットの反乱を避けるための措置を講じていることをほのめかしていると伝えています。

テスラのウェブサイトによると、テスラボットは、

「安全でない作業、反復的な作業、退屈な作業を行うことができる、汎用の二足歩行の人型ロボットです。この機械は、次世代の自動化を象徴しています」

と言います。

イーロン・マスク、Tesla Botを公開した動画(プレゼンテーション全文)

水曜日、マスク氏はこうツイートしました。

「テスラのAIは、特にオプティマスの出現により、外界に対して訓練を行うことから、AGIの役割を果たすかもしれない」

オプティマスは

一つは、ノエシス・ソリューション社が開発したPIDO(プロセスインテグレーションと設計の最適化を図る)プラットフォームです。ノエシス・ソリューションズは、MEGaFIT(複雑な高精度金属部品の欠陥ゼロ製造)、JTI CleanSky Green Rotorcraft、iProd(製品の異種データの統合管理)などの主要な研究プロジェクトに参加しています。

オプティマスは、複数のエンジニアリング・ソフトウェア・ツール(CAD、マルチボディ・ダイナミクス、有限要素法、数値流体力学など)を一つの自動化されたワークフローに統合することができます。シミュレーションプロセスがワークフローに取り込まれると、オプティマスはシミュレーションを指示して設計空間を探索し、機能性能の向上とコスト削減のために製品設計を最適化するとともに、設計プロセス全体に要する時間を最小限に抑えます。詳細

Electrekの編集長であるフレッド・ランバート氏が説明したように、「オプティマス」テスラボット構想に対するマスク氏のコードネームであり、人工的な一般知能(AGI)に言及しているのは、人間ができるあらゆる作業を機械がこなす日が来るかもしれないということを意味しています。

ランバート氏は、

「AGIの創造とそれに伴う人類へのリスクについて、マスク氏が何度も警告を発してきたことを考えると、これはいささか驚くべきことです」

と述べています。

しかし、ランバート氏は、テスラが「ターミネーター・シナリオ」を避けるための予防措置を取ることを明らかにしました。

実際、投資家のスティーブン・マーク・ライアンは、

「AGIの基礎的な種が、AGIがうまくいかないことを認識し、極めて慎重な人物が率いる善意の企業の手に渡ったことを嬉しく思う」

とツイートし、

念のために、マスク氏に

「悪魔を召喚しないようにしよう」

と警告しました。

それに対してマスクは、

「最善を尽くします。ロボットの分散制御が重要になります」

と答えています。

ランバート氏は、

「テスラボットの制御を分散させることで、これを『悪魔』の軍隊へのアクセスを与えることを避けることができます。まるでターミネーターのようなシナリオです」

と解釈しています。

致命的な殺人ロボットに手を出すだけでなく、マスク氏は少子化による文明の崩壊についても頻繁に懸念を示しています。

「我々は人口崩壊をもっと心配すべきです」

とマスク氏は火曜日にツイートしました。

「国連の予測はまったくのナンセンスだです。去年の出生数と平均寿命を掛け合わせてみてください。出生率の低下傾向を考えれば、逆転しない限り、それが最良のケースです」

と述べています。

イーロン・マスク
@elonmusk

1月19日
我々は人口崩壊をもっと心配すべきです
イーロン・マスク
@elonmusk
国連の予測は全くのナンセンス。去年の出生数と平均寿命を掛け合わせるだけです。出生率の低下傾向を考えれば、逆転しない限りそれがベストケースです。
2:05 AM – Jan 19, 2022-Twitter for iPhone

6人の子供を持つマスク氏は、

「地球に人が足りないなら、火星にも間違いなく足りないでしょう」

と付け加え、アメリカの出生率に関する最近のレポートを指摘し、こう説明しました。

「水曜日に発表された新しい連邦政府の報告書によると、2020年にアメリカで生まれた赤ちゃんの数は、前年に比べて4%減少しました。暫定データによると、一般出生率は15歳から44歳の女性1,000人あたり55.8人で、またしても過去最低を記録しました…」

米国の合計特殊出生率は、ある年のデータに基づいて、1,000人の女性が一生の間に何人の赤ちゃんを産むかを推定するものですが、依然として「置換率」をはるかに下回っています。

これは、1つの世代が正確に置換するのに十分な数の赤ちゃんが生まれないことを意味します。

The Babylon Bee」のインタビューで、マスク氏は次のように述べています。

「単純に出生率の統計を見れば、昨年何人の子供が生まれたかがわかるので、将来がどうなるかがわかります。そして、出生率は下がる傾向にあるのか、上がる傾向にあるのかと言うことができます。そして、基本的にほとんどの場所で出生率は低下傾向にあります。置換率を大きく下回る傾向にあります。そして、多くの国が長い間、代替率を大きく下回っています。地球は人口過剰とは程遠い状態なのです」

以上。

スポンサー広告
優良コミュニティなので安心!
恋愛・婚活におすすめの華の会メールBridal
→→【無料体験受付中】←←

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。