フォックス・ニュース

FOX NEWS 左派メディアの重大嘘トップ10 見分け方 そして対策

6月14日、FOX NEWSはマイケル・グッドウィン(Michael Goodwin)氏のオピニオン記事、

捕えられた捏造 左派メディアの重大な嘘トップ10・・・そして、何故それが問題なのか

を報じました。

オピニオン記事寄稿者:
マイケル・グッドウィン

Michael Goodwin
元Daily News編集長
現ニューヨークポスト主任政治コラムニスト
1999年、社説「アポロ劇場での腐敗」で、58年ぶりのピューリッツァー賞を編集委員会で受賞。彼の編集委員会はまた、移民労働者の基本的権利を確保したことで、2000年にジョージポルク賞を受賞。

Photo出典元

FOX NEWS公式記事はこちら

翻訳に関する注意事項

捕えられた捏造 左派メディアの重大な嘘トップ10・・・そして、何故それが問題なのか

一つ嘘が消えても、また別のメディアが嘘をつく それは・・・

直近のメディアの致命的な嘘は、「昨年のラファイエット公園の抗議者デモを制圧したのは、連邦政府だ」という偽りの主張です。実際に、当時トランプ大統領は写真撮影を行うことができていました。

内務省の捜査官は、「ラファイエット公園の立ち入りを制限するため、警察が請負業者に柵を設置させる計画をし、暴動で燃やされた近くの歴史的な教会へ、トランプ大統領が歩いたことは無関係と決定」と述べています。

もし「暴露」はもう聞き慣れたと感じるなら、それはあなたの想像ではありません。これまでのケースから、メディアの全ての虚偽は、細部が違うだけです。悲しいことに、真実はほとんど、報道からではないにもかかわらず、明らかになります。

「COVID-19のパンデミックは、中国の武漢ウイルス研究所からリークによって始まった」という考えがますます受け入れられるようになりました。 この説は常に真実味のあるものでしたが、マスコミとビッグテックはそれを「陰謀論」と宣言し、世間から消し去っていました。

しかし、中国がウイルスはコウモリから人間に感染したことを証明できなかった後、研究所リーク理論は信憑性を得ました。 そして突然、Facebookはこの説を共有することを受け入れ、アメリカの言説にふさわしいこととして、すべての管理者に命じました。

このパターンは非常にはっきりしているので、あなた独自の「メディアの嘘トップ10リスト」も簡単に作ることができるでしょう。 私の場合は、「ラファイエット公園」と「研究所リーク論」に関する最近の事例は8位と9位です。

1位は、最も古いものですが、最も大きな事例です。
それは、「トランプは、2016年の選挙に勝つためにロシアと共謀しました。そして恐らくロシアの工作員である」です。

この騙しには、悪徳FBI捜査官たちが関与し、特別検察官のロバート・ミューラーを任命させました。ロバート・ミューラーは、起訴を裏付ける証拠はないと結論付けるのに2年を費やしました。


Photo出典元

それでも、この捜査は大きな影響を与え、声高に匿名のリークがトランプの計画を妨げ、2018年に民主党が下院を治める助けとなりました。

第2位は、イスラム教徒の入国禁止ではなかったを覚えてますか?

または、

第3位、「スローガン:2017年の減税は、人口の80%が恩恵を受ける。を示していたにもかかわらず、実は『富裕層』のためだけのものである? 」

最もホットなストーリーは、コンテナに入れられた移民の子供たちの写真を手に、「檻の中の子供たち」の大論争を完成させたのはどうですか? これは第4位です。

民主党のアレキサンドリア・オカシオ・コルテス議員たちが写真映えのする怒りの表情で国境に急ぎました。その後、悲痛なこの写真は2014年に撮られたもので、オバマ・バイデン政権が檻を建てたことが明らかになった途端、彼らは姿を消しました。

一まとめに謝罪と訂正、そして撤回をするんですよね? ビッグメディアとビッグテックは大きすぎるので間違いを認めません。冗談でしょう。

今でも、国境に押し寄せる若者が歴史的に急増しているのに、メディアは、バイデンが撮影を禁止していることに不満を漏らしません。これはジャーナリズムではなく、共犯です。

第5は、「トランプのウクライナ弾劾」でした。これは、沼に潜み、一度も証言したことのない匿名メンバーからの苦情に基づく捏造です。 しかし、ウクライナでのバイデンの家族の腐敗に関する情報を入手しようとしたトランプ大統領は、有罪だと言った人もいました。

トランプが実際にしたことは、ジョー・バイデンと息子のハンターが仕組んだ詐欺を脅かすことでした。これには、ハンターを雇うことでジョーの影響力を得ることができるという提案を売り込んだことが含まれていました。 それは、報道記者が暴露することで、保護する種類のものではありません。

少し前まで、私はそのような行為を偏見の副産物として見てました。 メディアの多くは左翼の共鳴機関であるため、私は、報道の偏りは政治的先入観によるものと想定してました。

それは多くの場合真実ですが、私たちの新しい時代を完全に説明するには親切すぎます。 ニューヨークタイムズなどが反トランプ活動家になるために公平性の基準を放棄してから5年後、報道機関の違法な故意の不正行為として繰り返し露呈しています。 一言で言うと、嘘です。

何度も何度も繰り返す、彼らは人騒がせな少年です。 メディアが力説していることが絶対に真実であると仮定する方が安全だとなりつつありますが、おそらくそうはならないでしょう。

自由主義者が非自由主義になったように、メディアは真実を明らかにすることよりも真実を抑圧することに焦点を当てるようになりました。

重要性な点で「ロシア、ロシア、ロシア」に匹敵しますが、第6位の「ハンターバイデンのラップトップ」見ていきましょう。

その投稿が最初に、ラップトップの内容が彼の怪しげな外国の商取引と、彼の父親が彼をどのように助けたかを示していることを明らかにしたとき、タイムズとワシントンポストその他の報道機は、決定的な情報を確認できるまで報道を延期したことは、彼らにとって理不尽なことではなかったのです。

ルディ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)の演じた、ザ・ポストに開示された紙資料を届ける役割は、ジュリアーニがトランプの弁護士だったため、さらなる懸念を引き起こしました。

なので、その点まで注意する必要がありました。 しかし、メディアがその証拠のストーリーを避けた本当の動機はすぐに明らかになりました。

ルドルフ・ウィリアム・ルイス・ジュリアーニ3世
Rudy Giuliani
政治家、弁護士。
第107代ニューヨーク市長
(1994年1月1日~2001年12月31日)

ノートパソコンの情報を避けた報道機関は、ジョー・バイデンによる、電子メールは「ロシアの偽情報」であるという主張を問題なく受け入れました。

組織的な動きのように感じた中で、ビッグテックは即座にザ・ポストや他のユーザーがそれらの情報をシェアすることをブロックしました。

メディアの注意が隠蔽工作に変わったという最後の証拠は、トニー・ボブリンスキーが現れたときでした。 ハンター・バイデンとジョー・バイデンの弟のジム・バイデンの元パートナーであり、中国のエネルギー複合企業との合弁事業で、ベンチャーのCEOとしてボブリンスキーは重要な電子メールを受け取ったことを認めました。

トニー・ボブリンスキー
Tony Bobulinski
ハンター・バイデンのビジネスパートナー

Photo出典元

ロバート・ハンター・バイデン
Robert Hunter Biden
アメリカ合衆国大統領ジョー・バイデンの次男

Photo出典元

彼はまた、秘密の10%の株式を取得する予定の「大物」とは、ジョー・バイデンであると言って謎を明かしました。 ボブリンスキーは、2017年の初めに彼と会ったと私に話し、ジョーは、中国人が米国のインフラストラクチャを購入できるように、米国の市長と知事を中国の役人に紹介する計画についてすべて知っていると述べました。

Fox Newsや、その他小数の報道機関によって、これはすべて公開情報でしたが、ほとんどのメディアはその暴露を疑問を投げかけました。

ボブリンスキーがすべての証拠をFBIに提出したにもかかわらず、多くのメディアはジョー・バイデンの役割を認めるものを報告することを酷く嫌っていました。

その沈黙は、偏見をはるかに超えています。 これは7位です。

 最後に、10位の嘘はいまだアクティブなままなので、真実は完全には現れていません。

この問題は「投票用紙の完全性」ですが、左翼は「不適切な有権者の抑圧」としてそれを悪魔化しています。 ジョー・バイデンは、写真付き身分証明書の要求は、新しいジム・クロウ(黒人差別)であるという驚くべき主張をしました。

当然、ジョー・バイデンの主張はメディアによって増幅され、CNNは「投票権への攻撃」を宣言するロゴを作成しました。 通常は控えめなピュー・トラスト(NGO)でさえ、「共和党の投票制限のうねりが膨らむ」と述べた。

「投票権への攻撃」を宣言するロゴ

Photo出典元

ある数量調査で、47の州で361の法案が提出され、ウィキペディアでそれら全て投票アクセスを制限しようとしているとラベル付けしています。 非常に臆病な企業リーダーはてんこ盛りになりました。

気にしないでください。世論調査が有権者ID法に対する圧倒的な支持を示しています。3月の調査では、黒人有権者の69%と全回答者の75%が ID法の措置を支持しています。

この知見は私たちに希望を与え、腐敗した報道に対する解毒剤があることを思い出させてくれます。事実、そしてさらに多くの事実。 あるいは、故エコノミストのハーバート・スタイン( Herb Stein )が言ったように、「もし、何かが永遠に続くことができないなら、それはいつか止まるでしょう」。

メディアの嘘も例外ではありません。

ハーバート・スタイン
Herb Stein
故エコノミスト

Photo出典元

以上。

FOX NEWS公式記事より

WAU MEDIA翻訳者コメント:

ここまで読み進めていただいた方の貴重なお時間に心から感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です