Extra ニュース

ロイター「イラン外相、中国との戦略協定を協議」

写真は、イランのホセイン・アミラブドラヒアン外相 、2021年10月7日、レバノンのベイルートで撮影。REUTERS/Aziz Taher

Photo 出典元

日本時間01月10日REUTERS
by クリストファー・クッシングトビー・チョプラ

日本語解説:WAU

「イラン外相、中国との戦略協定を協議」

記事によると、イランのホセイン・アミラブドラヒアン外相は週内に中国を訪問し、両国が署名した25年の協力協定について話し合うと、外務省の報道官が10日、テヘランの記者会見で発表したと伝えています。

ホセイン・アミラブドラヒアン外相

Photo 出典元

中国とイランは2021年3月、経済・政治関係の強化を目的とした「包括的戦略パートナーシップ」協定に署名し、これにより、米国の制裁を受けている中国とイランは長年の経済的・政治的な同盟関係を強化するため、25年間の協力協定が結んだと言われています。

協定契約時、中国の王毅外相は、イランのモハマド・ジャヴァド・ザリフ外相に対し、

「両国の関係は今や戦略的パートナーシップのレベルに達しており、中国はイランとの関係を包括的に改善しようとしている」

と述べたと、イラン国営メディアが報じています。

中国は、主要国とテヘランの間で合意された核合意から米国が2018年に離脱した後、イラン経済の生命線となりました。

イラン外務省報道官のサイード・ハチブザデ氏は、

「外相は25年協定を含む様々な問題を議論するだろう」

と述べています。

サイード・ハチブザデ氏

Photo 出典元

今回の訪問は、米国の制裁解除と引き換えにテヘランの核開発を抑制した2015年の合意を復活させるため、イランと主要国の間でウィーンで協議が行われていることを受けたものだと言われています。

また、イランの強硬派であるエブラヒム・ライシ大統領もロシアを訪問する予定であると、ハティブザデ氏は日時を指定せずに語っています。

以上。

スポンサー広告
資料作成代行 バーチャルプランナー

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。