ニューズマックス

ニューズマックス「専門家の話:2022年を『ロック』する8つの政治予測」

Photo 出典元 (Alex Wong/Getty Images)

米国時間12月30日 Newsmax

by マリサ・ハーマン
Marisa Herman
出版業界での勤務経験を持つ、経験豊富なアソシエイト・エディター。ジャーナリズム、インタビュー、新聞、APスタイルブックに精通しています。フロリダ大学でジャーナリズムを専攻し、メディアとコミュニケーションの専門家として活躍しています。

日本語解説:WAU

「専門家の話:2022年を『ロック』する8つの政治予測」

マリサ・ハーマン氏は、新しい年が何をもたらすかを教えてくれる水晶玉は誰も持っていませんが、ニューズマックスは次善の策として、政治アナリストたちに話を聞き、2022年の重大な予測をしてもらったと言います。

2022年11月の中間選挙での共和党「レッドウェーブ」から、「中絶」へのアクセスが大きく変化する可能性まで、2022年には多くの変化がもたらされると専門家は予想しているようです。

11月の中間選挙で大規模な「レッドウェーブ」が起こる

著名な政治・大統領戦略家であるディック・モリス氏は、今年は「巨大な赤い波」が来るとニューズマックスに語ったと言います。

モリス氏は、

「かつて青かった州(民主党)でも、神聖だった民主党議員が敗北するだろう」

と予測しています。

ディック・モリス氏

Photo 出典元

また、「共和党全国委員会:RNC」の全国スポークスマンであるパリス・デナード氏は先日、ニューズマックスの「ナショナル・レポート」で、

「民主党はアメリカの有権者が直面している主要な問題で失敗しており、投票所で責任を問われるだろう」

と述べ、ヒューストンを拠点とする共和党戦略家のヴラド・ダヴィデュク氏も、

「バイデン政権に対するアメリカ国民の不満と失望の高まり、そして有害な左派に対する怒りにより、共和党は下院と上院の両方を支配するようになるでしょう。これに民主党議員の引退が加わるでしょう」

と、デナード氏に同調する見解を述べています。

1月6日の委員会報告書は議会を「震撼」させるでしょう

ヴラド・ダヴィデュク氏は、2022年に議会を震撼させる「複数の事」が明らかになると予測しています。

その1つが、1月6日に起きた連邦議会議事堂の侵入事件を調査している下院特別委員会からもたらされる可能性があると言います。この委員会は、今年の夏に調査結果の中間報告を発表し、11月の中間選挙の直前に「最終報告」を発表することを検討していると報じられています。

最近公開された「テキストメッセージ」のように、センセーショナルな事実が明らかになることもありますが、すべての情報は決定的な証拠を示すものではありませんでした。

結局のところ、ホワイトハウスとデモ隊が共謀して国会議事堂を攻撃したという事実はありませんでした。

「テキストメッセージ」についてメディアは騒いでいますが、トランプ氏の実の息子であるドン・ジュニア氏とフォックスニュースのホスト数人がメディアから攻撃のショックを受けたことを証明しています。

しかし、それらは「予知と陰謀の兆候」とは言い難かったのです。

ヴラド・ダヴィデュク氏

Photo 出典元

それでも、ジョージア・カレッジ&ステート大学の政治学者で会計・ビジネス法の教授であるニコラス・クリール氏は、

「2022年に民主党が1月6日の委員会を本格的に始動させるでしょう。委員会が何十通もの召喚状を発行し、さらに何人もの個人が従おうとしないことを理由に、刑事侮辱罪で司法省に照会する投票を行うことを、私は完全に予想しています」

と述べていますが、何人かの民主党議員は、1月6日についての本当の地震は2023年に起こるだろうと語っています。

それは、共和党が支配する可能性のある下院が、情報漏洩と、特に漏洩後の抗議者に対する「残酷で異常な」処罰について独自の公聴会を開くときとして、

「実際に何が起こっていたのかを知れば、人々は唖然とするだろう」

と、驚きを明かしています。

トランプは2022年に2024年をどうするのか決めるだろう

トランプ氏が再びこの国の最高権力の座に立候補するかどうかについては、今後も様々な憶測が飛び交います。

最近のハーバード大学のCAPS-Harris世論調査をはじめとする世論調査では、今、選挙が行われた場合、バイデンよりもトランプを支持する有権者が多いという結果が出ているにもかかわらず、トランプ氏は出馬を正式に約束していません。

そして、それは中間選挙後の2023年まで続くでしょう。

元大統領に近いある関係者はこう予測します。

「彼は非常に経験豊富なオペレーターだ。どこから見ても彼は出馬するように見えるが、2023年の夏までは正式には決めないだろう。その時、彼は世論調査の結果を見るでしょう。勝つための明確な道筋があれば、彼はそれを実行するだろう。数字がそれを示さなければ、彼はやらないだろう」

最高裁は「ロー対ウェイド事件」を維持するが、修正される

ロー対ウェイド事件」を覆すのに十分な票数がありますが、最高裁はそこまではしないだろうと法律専門家が語っています。

最高裁は、妊娠前の「選択的中絶」の禁止がすべて違憲であるかどうかという問題をめぐる口頭弁論をすでに終えています。1973年の「ロー判決」以前は、「プライバシーの権利」は存在せず、各州ごとに中絶を規制していましたが、ほとんどの州が中絶を完全に禁止していました。

高等裁判所は、ミシシッピ州の「15週以降の中絶を禁止する」法律を中心とした、ドブス対ジャクソン女性健康機構事件について、今年の夏に判決を下す予定です。

クラレンス・トーマス判事サミュエル・アリト判事のような確固たる原典主義者に加え、トランプ氏が任命した3人の判事がいる裁判所の構成を考慮すると、ニコラス・クリール氏は、

「最高裁は 中絶に関する現状維持を期待するには、単純に保守的すぎる」

と述べています。

この判決により、「ロー対ウェイド事件」「脇に追いやられ」

「各州に今後、中絶のアクセスを制限する権限が大幅に与えられることで、米国の大部分で中絶のアクセスが劇的に制限される」

と予想しています。

しかし、専門家によると、ジョン・ロバーツ最高裁長官は多数派に味方する可能性が高く、裁判所の意見書の主導権を握っていることもあり、ロバーツ長官は、「ロー」を破棄することにはほとんど関心がなく、判決の意味を狭く定義するだろうと言います。

つまり、「『ロー対ウェイド事件』は破棄されず、修正されるだけです」

ジョン・ロバーツ最高裁長官

Photo 出典元

ブレイヤー判事は引退し、ソトマイヨール判事も引退するかもしれない

リベラル派の人々は、最高裁のスティーブン・ブライヤー判事(83歳)に引退を迫り、バイデンがまだ大統領で民主党が上院を支配している間に後任を任命できるように働きかけてきました。

この件について、ニコラス・クリール氏とヴラド・ダヴィデュク氏は、その願いが中間選挙を控えた2022年に叶うと予想しています。

「ブレイヤー判事は間もなく引退を表明するでしょうから、バイデンと彼が率いる上院の僅差の多数派は、中間選挙の前に後任者を入れることができます」

クリール氏は言い、

また、別の裁判所ウォッチャーは、まだ67歳だが1型糖尿病を患い、健康状態が良くないソニア・ソトマヨール判事から目を離せないとニューズマックスに語っています。

民主党がこの10年の残りの期間、上院を共和党が支配することを恐れているなら、これは彼女にとっても船出を決めるチャンスかもしれません。

しかし、進歩主義な人々は、ブライヤーやソトマイヨールの席が空いたとしても、バイデン大統領が左翼的なイデオローグを選ぶだろうと、安易に期待してはいけないのです。

民主党の支配力が弱いということは、ウェストバージニア州のジョー・マンチン議員や、アリゾナ州のカーステン・シネマ議員など、穏健派の民主党議員がこの人選に署名しなければならないからです。

トランプ氏は調査結果で勝利する

民主党は、トランプ氏が何かで有罪になるという長年の希望を捨てていません。

我々は、下院民主党が、いくらトランプ氏が1月6日のデモ参加者と共謀したと主張しても、何も起こらないだろうと予測しています。

そして、ニューヨーク州のトランプ氏個人的な調査の件ですが、1月1日に就任するマンハッタン地方検事のアルビン・ブラッグ・ジュニア氏は、CNNの取材に対し、就任後はトランプ氏のビジネス慣行に関する犯罪捜査に注力すると述べています。

「これは明らかに重要な事件であり、検察官が個人的に注目するに値するものです」

と、同氏はCNNに語っています。

ブラッグ氏は、現地方検事のサイラス・ヴァンス・ジュニア氏が開始した複数年にわたる捜査を引き継ぐことになります。

Photo 出典元

トランプ氏はジョージア州でも捜査を受けており、クリール氏によると

「どちらの管轄でも 元大統領を刑事告発するという前例のない決定で、ニュースサイクルをもひっくり返す可能性がある」

と言います。

しかし、国民はこれらが高度に「政治的な捜査」であるという見方に強く持っており、ディック・モリス氏は、

「ニューヨークは街中で起きている略奪には目をつぶっているが、元大統領が政治的に気に入らないからといって、些細なことで起訴している。もしこのような起訴が行われるとすれば、元大統領を政治的に傷つけるのではなく、逆に助けることになるだろう」

と予測しています。

民主党穏健派ジョー・マンチン上院議員は、増税を伴う縮小型「ビルド・バック・ベター」を支持

1兆7,500億ドル規模の「ビルド・バック・ベター」法案の成立に望みをつなぐためには、規模を縮小しなければならないというのが、政治戦略家たちの意見です。

この支出法案は、穏健派の民主党上院議員である「シネマ」氏と「マンチン」氏の2人によって現在は阻止されています。

「進歩派」の議員たちは、高額な子供の税額控除が法案から削除された場合、支持を撤回すると脅していますが、政治コンサルタントでフロリダ・アトランティック大学の政治マーケティング・キャンペーン教授であるクレイグ・アグラノフ氏は、何らかの妥協点が見いだされ、法案は 「より小さな形」で可決されるだろうと述べています。

マンチン氏は、トランプ大統領の減税措置を廃止する条項が含まれていれば、新たな法案に賛成することをすでに示唆しています。

民主党議員は、マンチン氏の署名を得るために、法人税率を21%から25%以上に引き上げることを期待しています。

ジョー・マンチン上院議員

Photo 出典元

カマラ・ハリス副大統領の辞任

最後に、ヴラド・ダヴィデュク氏は、ハリス氏の躓きと不人気の高まりを指摘し、「DCを揺るがす」爆弾発言となるのは、ハリスの辞任の可能性だと述べ、

「ハリスは、バイデンの副官としての役割を果たせず、失敗が目に見えていることから、その能力のなさを痛烈に批判されています。バイデン政権が失敗し、2022年はますます打撃を受けそうで、2024年にホワイトハウスを保持する可能性がどんどん薄れていく中で、ハリスが辞任できるうちに辞めることを決断する可能性は十分にあると思われます」

と締めくくりました。

以上。

スポンサー広告
アメリカ、イギリスなどの英語圏のネイティブ講師数10,000人以上!
いつでもどこでも「本物」の英語が学べる!【Cambly(キャンブリー)】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。