ニューズマックス

ニューズマックス「ファイザー社の抗ウイルス剤、他の薬剤との併用による危険性を専門家が警告」

Photo 出典元 (Dreamstime)

米国時間12月26日Newsmax
by ブライアン・フリーマン
Brian Freeman

日本語解説:WAU

「ファイザー社の抗ウイルス剤、他の薬剤との併用による危険性を専門家が警告」

ブライアン・フリーマン氏の記事によると、薬剤の専門家は、コロナの最初の抗ウイルス薬が重症化のリスクがある人の保護を約束しているにもかかわらず、ファイザー社やメルク社の新薬がすべての人にとって安全とは限らないと警告していると、週末にNBCニュースが報じたと伝えています。

ファイザー社の抗ウイルスカクテル「パクスロイド」に含まれる2つの薬剤のうち1つは、スタチン系薬剤、血液希釈剤、一部の抗うつ剤など、一般的に使用されている薬剤と重度または生命を脅かすような相互作用を引き起こす可能性があり、FDAは重度の腎臓病や肝臓病を患っている人にはパクスロイドを推奨していないことが報告されていると言います。

さらに、メルク社のモルヌピラビルの潜在的な副作用に対する懸念から、FDAはモルヌピラビルの使用を成人に限定し、他の治療法にアクセスできない場合や「臨床的に適切でない」場合にのみ使用を認めています。

主な懸念事項は、パクスロイドCYP3A酵素で代謝される他の医薬品と併用された場合、リトナビル成分が併用された医薬品を毒性レベルにまで高める可能性があることだと述べています。

コロラド大学アンシュッツ・メディカル・キャンパスの薬学教授であるピーター・アンダーソン氏は、

「相互作用のリスクがある薬は、他の健康状態のためにコロナのリスクが最も高い人に広く処方されています」

と述べ、

「これらの潜在的な相互作用のいくつかは些細なことではなく、完全に避けなければならない組み合わせもあります。いくつかは容易に管理できるでしょうが、いくつかは非常に注意しなければなりません」

とNBCニュースの取材に対し付け加えています。

FDAは、パクスロイドのファクトシートに、リトナビルと有害な相互作用を起こす可能性のある薬のリストとして掲載しており、その中にはコロナ抗ウイルス剤と組み合わせてはいけない薬も含まれていると言います。

ピーター・アンダーソン氏

Photo 出典元

しかし、薬剤師はまた、多くの薬物相互作用は管理可能であり、ほとんどの人がパクスロイドを服用することを妨げるものではないと強調しています。

コロラド州薬剤師会の事務局長を務める臨床薬剤師のエミリー・ザボローニー氏は、NBCニュースの取材に対し、

「薬剤師は、医薬品とサプリメントやハーブ製品との相互作用に関する情報やアドバイスの優れた供給源です。重大な相互作用が存在するかどうかを判断し、可能であれば相互作用を緩和するための解決策を考案する手助けをします」

と述べています。

また、専門家たちは、パクスロイドの治療は30錠という短期間で、1日2回、3錠を5日間服用するため、他の薬との有害な相互作用のリスクは低いと考えており、フィラデルフィアのテンプル大学病院で感染症の臨床薬学を専門とするジェイソン・ギャラガー氏は、

「5日間の相互作用は、大半の薬にとっては大したことではないだろう」

とも述べています。

アンダーソン氏は、

「懸念はあるものの、パクスロイドは、効果的なコロナ治療を多くの人が利用できるようにすることで、パンデミックに真の効果をもたらすことができる画期的な医薬品であるでしょう」

と述べていると報告しています。

以上。

スポンサー広告
【NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。