ニューズマックス

ニューズマックス「人類を守るために、あるジャーナリストの懸念」

Photo 出典元Iqoncept/Dreamstime.com

米国時間12月13日Newsmax
by アンドリュー・マクダイアミド
Andrew McDiarmid
ディスカバリー・インスティテュートのメディアスペシャリスト。Twitterは、@amcdiarmid

日本語解説:WAU

「人類を守るために、あるジャーナリストの懸念」

アンドリュー・マクダイアミド氏は、

「私たちは、かつてのように、街中でお互いに挨拶をしなくなりました。些細なことかもしれません。(現在のように)作られた問題の時代には、簡単に見過ごされてしまうことでしょう。それにもかかわらず、気がかりなことがあります」

と、最近の(人間関係の)変化に懸念を示しています。

マクダイアミド氏は、この10年ほど、仕事の合間に2、3回散歩をしています。

「私はワシントン州のレドモンドという街で働いています。レドモンドにはマイクロソフトをはじめとする多くのハイテク企業が集まっています」

「20分ほどの散歩の間に、運動している人、犬の散歩をしている人、自転車に乗っている人、バスを待っている人、趣味で歩いている人、A地点からB地点に移動しようとしている人など、さまざまな人を見かけます」

「私は、自分自身が意識的であると思いたいので、歩いているときには大抵、人に目を向けます。時には挨拶をしたり、調子はどうかと尋ねたりします。

しかし、私が通り過ぎるときに人が私と目を合わせることはほとんどありませんし、挨拶をすることもありません。

無言で通り過ぎるとき、私は他の人とつながる機会を逃していると感じます。

6〜7年前にも、毎日通勤でバスに乗っていたときに同じことを感じました。

人々のおしゃべりや、本や雑誌を読んでいる人の姿は、次第にスマートフォンやタブレットに目を落としている人々の沈黙に変わっていきました。

では、どうでしょうか?

私たちはいつから、道端で挨拶したり、バスの中で会話したりしなくなったのでしょうか?

コロナをはじめ、さまざまな要因があるとは思いますが、推測するに、アップル社がiPhoneを発売した2007年頃から、この現象が本格化したのではないでしょうか」

その年の発表会で、CEOのスティーブ・ジョブズは次のように述べています、

「今日、アップルは電話を再発明します。iPhoneは、あなたの人生をポケットに入れるようなものです。これは究極のデジタルデバイスです」

その結果、スマートフォンが誕生しました。

スマートフォンは単に電話を再発明しただけではありません。

私たちが家庭や世界でお互いに交流する方法を大きく変えました。

シェリー・タークル氏の著書『Alone Together』は、

「接続技術はかつて私たちに時間を与えてくれると約束していたと指摘していますが、携帯電話やスマートフォンが仕事と余暇の境界線を侵食するにつれ、世界中のすべての時間が十分ではなくなった」

と指摘しています。

パンデミックの中、米国の成人は、すべてのデバイスでデジタル活動に費やす時間をさらに1時間増やし、1日8時間弱とし、そのうち3時間以上をスマートフォンで過ごしています。

おそらく、私たちがスクリーンに費やす時間の長さよりも問題なのは、このバーチャルなスクリーンでの時間が、現実の対面での交流の代わりとして受け入れられるようになっていることです。

タークル氏の著書が指摘するように、テクノロジーは私たちに人生についての知識を忘れさせてしまいます。

ヴァーチャルな交流に慣れ、ポケットの中に人生が入っているような便利さに慣れてくると、私たちは現実の世界をより「摩擦のないもの」にする方法を探します。

見知らぬ人に挨拶したり、会話を始めたりすることには摩擦が伴います。

しかしそれは、私たちが現実の世界に完全に存在することを意味します。

勇気を持って、不器用に、自発的に、無防備になる必要があるのかもしれません。

何も言わずに他の方向を見る方がずっと簡単ですが、

友よ、私たちはこれまでの人生で最もお互いを必要としています

とマクダイアミド氏は言います。

パンデミックに加え、ここ数年の「政治的・社会的混乱」により、私たちはますます孤独になり、重荷を背負い、積極的な社会的交流や親密さを必要としています。

マクダイアミド氏は、

公共の場で相手に言葉で挨拶をし、可能であれば相手の名前を呼ぶことは小さなことです。

しかし、それは変化のきっかけとなり、頑張るためのインスピレーションとなり、個人の価値を思い出させ、疲れた人を励ますことができます

要するに、シンプルな挨拶とそれに続く言葉が、一日の、あるいは人生の流れを変えることができるのです。誰かがそれをしてくれるのを待つのではなく、自分自身を示すために努力しましょう。

自分自身がフレンドリーであることを示す努力をしてください。

と最後に述べました。

以上。

スポンサー広告
マカ超えの強力パワー!活力サプリメント【クラチャイダムゴールド】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。