ニューズマックス

ニューズマックス「トランプ氏:バイデンはワクチン推進のみの『ワン・トリック・ポニーだ!』と批判」

写真は、12月3日、ホワイトハウスのステート・ダイニングルームで、11月の雇用統計について発言するジョー・バイデン大統領。(Anna Moneymaker/Getty Images)

Photo 出典元

米国時間12月03日05:30 PMNewsmax
by ソランジュ・レイナー
Solange Reyner

日本語解説:WAU

「トランプ氏:バイデンはワクチン推進のみの『ワン・トリック・ポニーだ!』と批判」

記事によると、ジョー・バイデン大統領は、その政権がコロナワクチンをアメリカ人に押し付けたいだけの「一芸のみに秀でた人物」であり、アメリカが経済学者が設定した「適度な」雇用の期待に応えられなかった大きな理由であると、ドナルド・トランプ元大統領は次のように批判しています。

「アメリカは、経済学者が設定した非常に控えめな期待値に34万件の雇用が足りなかった。それは、ジョー・バイデンが『ワクチンを接種しろ』という一芸のみに秀でているからだ」

トランプ氏は自身の「セーブ・アメリカ政治行動委員会」が発表した声明の中で、

「しかし、誰もこの政権を信用していない。誰もが不可能だと言った時に私はワクチンを開発しましたが、『トランプ』がいない今、『ワクチンを接種しろ』が彼らの唯一の解決策です。この政権は、リーダーシップがないため、我々の目の前でアメリカを破壊している」

と述べています。

バイデンの100人以上を雇用する企業へのワクチン義務化は、「連邦控訴裁判所」が11月初旬にその施行を阻止したため、金曜日に「労働安全衛生局」によって中断されました。この義務化は、8,400万人の労働者を対象とするものでした。

また、連邦判事は火曜日、12月6日に開始される予定だった医療従事者へのワクチン義務化も阻止しています。

トランプ氏はワクチン以外にも、

「これは、雇用ではなく大規模なレイオフが行われた上に、ガソリンやエネルギー価格が高騰し、犯罪が多発し、商品棚は空っぽになり、国境が開放され、アフガニスタンからの最低の降伏と避難が行われた政権である。2020年の大統領選挙に「仕掛け」を作るために多くの努力とお金を費やしたが、国を破壊するだけだった。その価値はあったのか?」

と述べています。

以上。

解説者:さて、今や日本の政治もお世辞にも「岸田さん、良くやってる」とは言えませんね。経済、国防、社会保障など、あらゆる面で新政権の「約束不履行」が国民から批判を浴びています。こういった現状は今でも日本が漏れなくアメリカの政治指導を反映せざるを得ない結果ではないでしょうか?日本が独自に「日本国の繁栄のための政治」をいち早くやれるようになることを期待します。

スポンサー広告
資料作成代行No.1 バーチャルプランナー

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です