フォックス・ニュース

フォックス・ニュース「バイデンによる国際線搭乗24時間前の検査義務化が月曜スタート」ワクチン接種や市民権の有無にかかわらず、全旅行者が規制の対象

Photo 出典元 (AP Photo/Carolyn Kaster) (AP Photo/Carolyn Kaster)

米国時間12月03日FOX NEWS
by マイケル・リー
Michael Lee

日本語解説:WAU

「バイデンによる国際線搭乗24時間前の検査義務化が月曜スタート」ワクチン接種や市民権の有無にかかわらず、全旅行者が規制の対象

記事によると、バイデン大統領が計画していた、入国する外国人旅行者に出発後24時間以内にコロナ検査が陰性であることを求める条件が月曜日から開始されます。

政府高官が木曜日に「フォックス・ニュース」に伝えたところによると、バイデン大統領が同日未明に正式に発表した「24時間以内の検査義務」は、月曜日から施行されるとのことです。

ワクチン接種の有無や市民権の有無にかかわらず、すべての旅行者がこの規制の対象となります。

これまでは、ワクチンを接種していない人だけが出発の24時間前に陰性反応を示す必要があり、ワクチンを接種した人は72時間以内に陰性反応を示す必要がありました。

この変更は、今週アメリカで「オミクロン株」の症例が検出されたことから、コロナに対抗するためのバイデン氏の冬の計画の一環として行われたものです。

バイデン氏は木曜日の「USAトゥデイ紙」に掲載された論説で次のように述べています。

「専門家によれば、この冬、コロナの感染者は今後数週間で増加し続け、米国でも今後数日、数週間、数ヶ月の間にオミクロンの感染者が増えるだろうと言われています。我々の最高の科学者と医師がこの問題に取り組み、データを収集していますが、初期の兆候では、我々のワクチンがこの株に対する保護策となるでしょう」

バイデン氏は、アメリカ人にワクチンの接種や過去に受けたことがある場合の追加接種を継続的に勧めるキャンペーンを実施することを発表しました。

また、ウォークインでの予約を増やし、接種場所の営業時間や週末の営業時間を延長するなど、ワクチンへのアクセスを拡大するほか、家庭用検査キットの費用を保険会社が100%負担し、民間保険に加入していない人には無料で配布することにしています。

私たちはコロナと戦うために、「シャットダウン」や「ロックダウン」ではなく、より広範な予防接種、ブースター、検査などを行っていきます。今年の春に行ったように、そして夏から秋にかけてより強力なデルタ型で行ったように、混沌と混乱ではなく、科学とスピードでコロナを撃退します。

とバイデン氏は語っています。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です