ニューズマックス

ニューズマックス「バイデン氏、オミクロンの影響で帰国した旅行者全てに7日間の検疫を検討」

Photo 出典元 (Dreamstime)

米国時間11月30日Newsmax
by ジェレミー・フランケル
Jeremy Frankel

日本語解説:WAU

「バイデン氏、オミクロンの影響で帰国した旅行者全てに7日間の検疫を検討」

記事によると、バイデン政権は、オミクロンの拡散を抑制するために、米国に帰国するすべての旅行者に7日間の検疫を課すかどうかを検討しています。拒否した人には罰金が科せられるかもしれないと言います。

検査が陰性であっても、ワクチンを完全に接種していても、検疫期間は免除されないとデイリー・メール紙は報じています。

バイデン氏は現在、この冬のコロナ戦略を検討しており、木曜日に詳細を発表する予定です。

デイリー・メール紙によると、バイデン氏の暫定的な計画では、どこから旅行してくるか、あるいはワクチン接種の有無にかかわらず、米国に入国するすべての人がフライトに搭乗する前にコロナ検査を受けることを義務付けることにもなると続けています。

また、入国後3〜5日以内に再度検査を受けることを義務付けることも考えられているようです。

連邦政府の保健担当者がワシントン・ポストに語ったところによると、この新しい政策は早ければ来週にも施行される可能性があるとのことです。

この検査義務化は、アメリカ疾病予防管理センターが公衆衛生命令の草案の中で提案したもので、現在、バイデン氏と保健社会福祉省の両者が検討している模様です。

検疫措置については、現在「アメリカ疾病予防管理センター」の草案には含まれていませんが、支持が増えれば後から追加される可能性があるようです。

アメリカ疾病予防管理センター長官のロッシェル・ワレンスキー氏は、火曜日に行われたホワイトハウスでのコロナ対策についてのブリーフィングで、アメリカ疾病予防管理センターは新種に対する様々な対策を検討していると述べ、

「例えば、出発前の検査をフライト時刻に近づけるなど、海外旅行をできるだけ安全にする方法や、到着後の追加検査や自己検疫に関する検討や、特定の海外からの到着者からコロナを検査するために4つの主要空港で監視プログラムを拡大することなどを検討している」

とデイリー・メール紙に話しています。

ロッシェル・ワレンスキー氏

Photo 出典元

バイデン氏は木曜日にメリーランド州ベセスダにある国立衛生研究所を訪問する予定で、冬のコロナ計画について説明すると思われます。

今週火曜に、

「閉鎖やロックダウンではなく、より広範なワクチン接種、ブースター、検査などで、この冬のコロナとどのように戦うか、詳細な戦略概要を発表します」

と語っています。

以上。

スポンサー広告
話題の若返り次世代成分『NMN』高純度99.9%以上のサプリ

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。