フォックス・ニュース

フォックス・ニュース(オピニオン)「トランプは、私たちのアメリカと私たちを抑圧する『過剰な差別意識』を打ち砕いた」

Photo 出典元

米国時間11月14日FOX NEWS
by デビッド・マーカス
David Marcus
デビッド・マーカスはニューヨーク在住のコラムニストで、著書に『茶番:コロナの嘘がこの国を潰した(Charade: The Covid Lies That Crushed A Nation)』があります。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

「トランプは、私たちのアメリカと私たちを抑圧する『過剰な差別意識』を打ち砕いた」

アメリカ人はもう二度と、『過剰な差別意識』を無視するような恥ずかしいことはしないでしょう。そして、その功績はトランプによるものだと絶対的に認めています。

ドナルド・トランプの2016年のキャンペーンの最も中心的なテーマの一つは、「ポリコレ」との戦いでした。

運命の年の初め、ニューハンプシャー州で彼はこう言いました。

「この国が抱える大きな問題は、『ポリティカル・コレクトネス』だと思います。私は多くの人々から挑戦を受けてきましたが、率直に言って、『完全なポリコレ』などに付き合っている暇はありません。そして正直に言うと、この国には時間がないのです」

バージニア州知事選でグレン・ヤングキンス氏が勝利したことを受けて、トランプ氏が果たした重要な役割に注目したいと思います。

それは、サロゲートとしてではなく、また選挙活動を通じてでもなく、現在知られているポリティカル・コレクトネスに対抗する道を切り開いたことです。

簡単に言えば、辛辣な口調と鋭いスーツを着たトランプの『過剰な差別意識』に対する攻撃がなければ、フリース・ベストを着たヤングキン氏の 「善良バージョン」では勝てなかったということです。


写真は、2021年11月3日、米国バージニア州シャンティリーのホテルで開催された選挙夜のパーティーでスピーチするバージニア州共和党知事候補のグレン・ヤングキン氏REUTERS/Jonathan Ernst
Photo 出典元

アメリカ合衆国の19世紀前半の政治家、ジョン・C・カルフーンを除くと、アメリカの主要政治家で、トランプほど人種差別家として非難された人物はいないかもしれません。

トランプは、メキシコの不法移民や、かの国をカラフルに表現したりと、人種に関する伝統的な言説の一線を越えたことは事実です。

しかし、彼は謝罪しませんでした。これは、共和党、そしてアメリカの政治にとって新しいことでした。

冷戦後のアメリカでは、人種やアイデンティティは政治の第3のレールでした。人種差別を非難されるだけで、キャリアが台無しになってしまうので、共和党のリーダーたちは人種差別を避けていました。健全な財政政策や貿易協定の話をしたかったのであって、文化戦争の話はしたくなかったのです。


写真は、2021年6月26日、米国オハイオ州ウェリントンのロレイン・カウンティ・フェアグラウンズで行われた大統領退任後初の選挙集会を見守るドナルド・トランプ元米大統領。REUTERS/Shannon Stapleton/File Photo/File Photo
Photo 出典元

トランプは、1992年のパトリック・ブキャナン以来、文化戦争を前面に打ち出した最初の主要大統領候補者でした。

その結果、トランプは大統領の座を獲得しただけでなく、今では多くの人が保守運動の未来を担うと考えています。

バージニア州をはじめとする全米の子供たちの親たちが、子供たちの教室で「批判的人種理論」を教えることに抗議したとき、ヤングキンは彼らの旗を掲げました。

敗北した民主党のテリー・マコーライフ候補の主張は、犬笛と人種差別というお馴染みの非難ばかりでした。

しかし、今回はうまくいきませんでした。全くの失敗に終わったのです。レースカードはエースからジョーカーに変わったのです。ヤングキンも、自分の子供を人種で分けて欲しくないと憤慨する親たちも、沈黙しませんでした。これは大きな変化です。

今週、ブラウン大学のグレン・ルーリー教授マンハッタン研究所で講演し、いわゆる反人種主義者は「ブラフ」をかけていると言い、過去1年ほどにわたって進めてきた主張を繰り返しました。

つまり、アメリカ人、特に白人は、黒人同士の暴力、黒人コミュニティの家族形成の問題、奴隷制度の結果と黒人の貢献を米国の物語の中心に据えることで、国の歴史を再構築することを目的とした1619プロジェクトへの疑問など、怖くて口にできないだろうと、その方に賭けていると言うことです。

ルーリー教授はそれを「論客のトリック」と呼びましたが、その通りです。これは、トランスジェンダーの問題や、その他の極左のプロジェクトにも当てはまります。

そのハッタリはトランプには通用しませんでした。また、進歩的な神々の力に打ちのめされることもありませんでした。むしろ、多くのアメリカ人は、この問題に取り組むトランプの勇気を見て、そこから自分の力を引き出したのです。

トランプは、CRTやその他の教育問題にそれほど注目していたわけではなく、単にそれについての批判的でオープンな議論への道を開いたということだと思います。今となっては、アメリカ人が『過剰な人種差別意識』を無視するような恥ずべきことは二度とないと思われます。この点については、トランプの功績が特に大きいのです。

彼は正しかった。この国には『過剰な人種差別意識』のための時間はありません。子供たちは、自分たちの国が白人至上主義に染まっているという不条理な非難に一日中立ち向かっている暇はありません。

子供たちは数学と歴史を学ぶ必要があります。

あまりにも長い間、政治的スペクトルのあらゆる側面に合理的な人々は、私たちを結びつけている奇妙な進歩的な主張についてコメントすることを拒否してきましたが、それも終わりです。

ドナルド・トランプ前大統領にどんな未来が待っているにせよ、彼はポリティカル・コレクトネスが私たちの国を支配していた状況を打破してくれました。

それが、何よりも彼のレガシーです。

そしてそれは、私たちの善のための強力な力となるのです。

以上。

スポンサー広告
眠れないあなたへ。休息サポートアミノ酸サプリ【スヤナイトα】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です