Extra ニュース

「ヒラリー・クリントンの書類とロシアゲート・スキャンダルの裏にある詐欺の内側が明らかに」

Photo 出典元 ROBS-TOPSTAR / BACKGRID

米国時間11月05日New York Post 記事より
by キンバリー・ストラッセル
Kimberley Strassel
キンバリー・アン・ストラッセル(Kimberley Ann Strassel、1972年7月24日生まれ)は、アメリカの保守派のコラムニスト、作家であり、ウォール・ストリート・ジャーナル編集委員会のメンバーでもある。毎週金曜日にコラム「Potomac Watch」を執筆している。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

ヒラリー・クリントンの書類とロシアゲート・スキャンダルの裏にある詐欺の内側が明らかに

FBIがドナルド・トランプの2016年の選挙戦を調査するために依拠した文書である、「悪名高いスティール文書」をめぐって、全米が5年間にわたって論争しました。これは、「クリントン文書」と呼ばれるべき「詐欺文書」でした。

ジョン・ダーラム特別弁護人は今週、この書類に情報を提供したロシア人、イゴール・ダンチェンコの起訴状を入手しました。

ダンチェンコはFBIに嘘をついた罪で起訴されましたが、この起訴状の大きなストーリーは、書類とFBIの捜査のあらゆる面で民主党が中心的な役割を果たしたことです。

ジョン・ダーラム特別弁護人

Photo 出典元

イゴール・ダンチェンコ

Photo 出典元

この「スティール文書」の元々の主張を忘れてはいけません。

FBI、民主党、メディアは、トランプ氏はロシアと秘密の邪悪な関係を持っていたとして、元英国秘密情報部(MI6)の諜報員である、クリストファー・スティールが、「信頼性の高い、機密性の高い重要な情報を米国政府に提供してきた実績から、信頼できる情報源」と主張したことで、トランプ大統領の共謀に関する「厄介な証拠」を見つけたとして、それを米国の法執行機関に持ち込んだのです。

実際には、この書類は、民主党とヒラリー・クリントン陣営のために、調査会社フュージョンGPSに依頼されたものであることが議会の調査によって明らかになるまでに1年を要したのです。

クリストファー・スティール

Photo 出典元

司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は、スティールがロシアの情報源に頼っていたことを明らかにしました。スティールが自分の情報を事実として提示することは期待していなかったと述べ、情報のほとんどが「伝聞」であったことを明らかにしました。

マイケル・ホロウィッツ監察官

Photo 出典元

さらに2年後、ダーラムの起訴状には、この情報源であるダンチェンコが、2016年のクリントンキャンペーンで活躍した長年の民主党工作員から資料を入手したと書かれています。

ここでもクリントン派、あそこでもクリントン派と、どこでもトランプの「スキャンダル」にはクリントン派がいます。

ダンチェンコが決してモスクワの高位ロシア人ではなかったことを考えれば、この暴露は私たちを驚かせるものではなかったのです。2005年から2010年まで、彼はワシントンにある中道左派のシンクタンク、ブルッキングス研究所に勤務していました。

起訴状によると、同社を退職する頃に、クリントンの取り巻きである「PRエグゼクティブ1」に紹介されたといいます。

一方、アメリカのメディア業界の億万長者の実業家として有名な、チャールズ・ドーランは、民主党知事協会のトップを7年間務め、ビル・クリントンの1992年と1996年の大統領選挙キャンペーンの州委員長を務めたこともあり、長い間クリントンサークルに属してきました。

クリントン大統領は彼を国務省の諮問委員会に任命し、起訴状には彼がヒラリー・クリントンの2016年のキャンペーンで活発な「ボランティア」であったことが記されています。

また、彼はトランプ氏の周辺にいる誰よりもはるかに多くのロシア人とのつながりを持っており、8年間にわたって「ロシア政府の世界的な広報活動」を担当し、2016年を通してロシアの高官やロシア大使館の職員と頻繁に交流していました。

起訴状によると、2016年8月、ダンチェンコはドーランに、夏に行われたトランプ氏のキャンペーン・マネージャーである、ポール・マナフォートの辞任に関する「考え、噂、疑惑」を尋ねたことが明らかになっています。

ダンチェンコは、「トランプに対するプロジェクト」に取り組んでいるとドーランに説明しています。

ドーランは、「プレイヤーとして共和党の友人を何人か知っている」とゴシップを提供したと答えています。この電子メールの文章は、スティールの書類にほぼそのまま掲載されていましたが、その出どころは(おかしなことに)「トランプの側近」となっていました。

さらに、ドーランは後にFBIに対し、共和党の友人に会ったのはでっち上げで、報道で読んだ情報を伝えただけだと言っています。

チャールズ・ドーラン

Photo 出典元

起訴状によると、ドーランは書類に記載されている他の人物や出来事にも関係していました。

彼は2016年6月、ある会議を計画するためにモスクワに行き、リッツ・カールトンに宿泊し、総支配人やスタッフに会い、プレジデンシャル・スイートを見学しています。

あの醜悪な性行為を伴うトランプ氏に関する文書の最も醜い告発も、リッツ・カールトンのプレジデンシャル・スイートを舞台にしており、ホテルの支配人やスタッフにも言及しています。

ダンチェンコはその出張の際、モスクワのホテルでドーランと会い、その直後にロンドンに飛び、スティールの書類作成のために情報を提供しています。

起訴状には、ドーランが書類作成のための情報をダンチェンコに渡したことを示唆する会議、電子メール、電話の記録があります。その中には、ワシントンのロシア大使館を訪問した際に得た情報も含まれています。(このロシア人はこの流れを知っていたのだろうか)。

当時の共和党大統領候補ドナルド・トランプは、ヒラリー・クリントンがロシア人との間で汚い手を使ったにもかかわらず、それでも2016年の大統領選挙に勝利しています。

Photo 出典元

この記事の続きを詳しく読む>>>

ドーランは、書類の作成のためにダンチェンコに情報を提供したもうひとりのロシア人、オルガ・ガルキナとも定期的に連絡を取っていました。ガルキナは2通のメールで、ヒラリー・クリントン政権での国務省の仕事をドーランが紹介してくれることを期待していると書いています。

オルガ・ガルキナ

Photo 出典元

起訴状によると、事務局が書類の正確性を確認しようとした際に、ダンチェンコがドーランと書類のやり取りについて嘘をついたとされています。このようなことが原因で、FBIは民主党の情報源の「信頼性、動機、潜在的な偏見」について知ることができなかったといいます。

起訴状には、2017年初めのあるドーランの電子メールには、ダンチェンコが現在ニュースになっている書類に情報を提供したことを知っていると書かれていますが、ドーランはFBIに対し、クリントン陣営から指示されたわけではなく、ダンチェンコとの取引も知らなかったし、自分の情報がFBIに届くことも知らなかったと語っています。

このクリントンの書類は、米国政治史上最大のスキャンダルのひとつとして語り継がれるべきものです。

詐欺の範囲の広さだけでなく、それを暴露するのに要した時間も含めて。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です