タッカー・カールソン

タッカー・カールソン「失敗したバイデンの国境政策のために数千人が死亡している」 政府はアメリカ人を守るべきなのに、まったく逆のことをしている

Photo 出典元

米国時間10月21日タッカー・カールソン Fox News
by タッカー・カールソン
Tucker Carlson
FOXニュースチャンネルのゴールデンタイムの主要ケーブルニュース番組「Tucker Carlson Tonight」のホストを務めています。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

失敗したバイデンの国境政策のために数千人が死亡している」 政府はアメリカ人を守るべきなのに、まったく逆のことをしている

タッカー・カールソン氏によると、シナロアは、メキシコ北西部の州です。メキシコ北西部の州で、バハ・カリフォルニア州の真向かいに位置しています。

アメリカからはそれほど遠くありません。そして、悪いことに、シナロアは、合成オピオイドであるフェンタニルの唯一最大の生産・販売地となっている可能性があるからです。

現在、シナロアでは密売組織が大量にフェンタニルを製造していますが、メキシコ国内で消費するためではなく、メキシコから輸出するために作っているのです。

その理由は、以下の通りです。

シナロアの首都では、11ポンド(約5キロ)のフェンタニルが通常約15,000ドルで売られています。アメリカでは、同じ量のフェンタニルが10万ドル以上で売られているので、ここにインセンティブがあります。

フェンタニルは、わずか2ミリグラムで人間を死に至らしめることができます。つまり、11ポンドの中に250万個の致命的な量のフェンタニルが含まれていることになります。

繰り返しになりますが、メキシコの大部分を仕切っている麻薬組織にとっては、この麻薬を生産して北へ出荷することに大きな金銭的インセンティブがあります。

コカインが1980年代の麻薬なら、今はフェンタニルの時代であり、摘発される数字がそれを示しています。

少し前ですが、2012年10月から2013年10月にかけて、税関・国境警備局が南部国境で押収したフェンタニルはわずか2ポンドでしたが、現在の状況と比較してみてください。

今年の最初の8ヶ月間で 米国政府が押収したフェンタニルは 7,200ポンドを超えています。

その量は圧倒的に多くなっています。フェンタニルは無臭で検出が難しいため、これは国境を越えて入ってきたフェンタニルのごく一部である可能性が高いことを覚えておいてください。

米国量刑委員会の最近の報告書によると、2015年度以降、委員会に報告されたフェンタニル犯罪者の数は、毎年度2倍以上に増加し、結果的に3,592%増加しました。

一方、連邦当局は最近、約1,000万個の偽造薬を押収したと発表しましたが、その多くにフェンタニルが混入されていました。

シカゴからのニュースによると、多くの都市でフェンタニルが流行しているとのことです。

左の錠剤はザナックス。右は偽物です、その違いを知らないでいると、命取りになりかねません。

ビデオ 出典元

麻薬取締局は、メキシコの麻薬ネットワークから市場に出回る偽の処方薬が劇的に増加していることを警告しています。

漂白剤やアデロールのように見せかけた薬には、フェンタニルや覚醒剤が混入されており、死に至る量が含まれていることも少なくありません。

DEA:麻薬取締局は今年、950万個以上の偽造薬を押収しました。

シカゴ支部の責任者によると、600ポンド以上(272キロ)のフェンタニルを押収したそうです。

なぜフェンタニルの話をしているのかというと、フェンタニルの消費量の増加は フェンタニルの入手可能性の増加を反映し フェンタニルの過剰摂取による死亡者数の大幅な増加を 引き起こしているからです。

そして、それらはすべて、バイデン政権の移民政策の結果なのです

国境を開放すれば、入ってくるのは人だけではありません。フェンタニルやその他の違法薬物が大量に入ってくるのです。

バイデン政権は、自分たちの国境政策を「人道的」だと言っていますが、それは全くの逆です。

その政策の結果、この国はフェンタニルで溢れかえり、何千人、何万人ものアメリカ人が死ぬことになったのです。

アメリカ疾病予防管理センター:CDCが発表した最新のデータによると、今年3月までの12ヵ月間に米国内で発生した薬物過剰摂取による死亡者数は、10万人近くに達し、過去最高を記録しました。

去年と比べてどのくらい増えたのでしょうか?

1年で30%も増加しています。

このような事態を招いた理由はいくつかありますが、主な理由の1つは政府の政策で、国民が家の椅子に座りっぱなしで憂鬱になっていることです。

政府は昨年、すべての人を家の中に閉じ込めました。

その結果、ドラッグが至る所に蔓延し、アメリカの主要都市は見分けがつかなくなってしまったのです。

サンフランシスコのローカルニュースのレポートでは、

「薬物の過剰摂取による事故、入院、死亡の割合は、危機管理専門家のチームの予想を上回っています。」

「フェンタニルは中毒性の高い合成オピオイドで、ヘロインよりもはるかに安価なため、数年前にサンフランシスコの麻薬市場に登場しました。」

サンフランシスコ保健省:「フェンタニルは、過剰摂取による事故死増加の大きな要因となっています。」

記者:「この強力な麻薬は、昨年500人以上の死亡者を出しました。フェンタニルは、サンフランシスコの多くのユーザーが選択する薬物となっています。KTVUは何ヶ月も前からこの流行を記録してきました。

多くの専門家は、コロナウイルスによる社会的孤立が、死者数の増加に寄与しているのではないかと考えています。

私たちが習慣的に言っているホームレスの危機は、アメリカの歴史上、かつてないほど大きなものですが、それは家が無いことが主な原因ではなく、精神疾患が主な原因でもありません。厳密に言えば、ほとんどが薬物と薬物中毒の問題なのです。

驚くべきことではありません。

昨年、私たちの大統領は、アメリカ人を互いに分断することに全てを費やしました。

その結果、孤独が生まれました。

政府は教会を閉鎖し、エクササイズのジムも閉鎖しました。

人々は家族や友人、親しい人たちと離れて暮らすことを余儀なくされました。

同じ頃、バイデン政権は国境を開き、中毒性の高い致死性の合成オピオイドを大量に入国させたのです。

さて、何が起こったと思いますか?

非常に多くの人が亡くなりましたが、これは誤った政策の結果です。

しかし、バイデン政権はこの問題を単に無視しているわけではありません。もちろん、謝罪もしていません。彼らはさらに破壊的なことをしています。

問題を悪化させているのです。アメリカ政府が国境を越えるものをコントロールすることができなくなっているのです。

覚えているでしょうか、彼らは馬に乗って国境をパトロールする勇気を持った国境警備隊を非難しました。

税関・国境警備局の責任者に、クリス・マグナスという過激派を指名しました。

クリス・マグナスの過激さというと、昨日の公聴会で、マグナスは国境で起きていることが危機的状況かどうかを何度も聞かれました。

そして何度質問されても、危機であるとは言いませんでした。

何万人ものアメリカ人が、この国境政策のために死んでいるのに、バイデン政権が国境管理を任せようとしている人物が、このように答えたのです。

クリス・マグナス

Photo 出典元

ヤング議員:南の国境に危機が迫っていると思いますか、イエスですか、ノーですか?

マグナス:上院議員、それを大きな課題、危機、大問題と呼ぶかどうかは、本当に重要なのでしょうか?

ヤング議員:私たちは国境に危機を抱えていますか?イエスかノーか?

マグナス:上院議員、私ほどこの問題に緊急性があると信じている者はいないと断言します。

ヤング議員:あなたは、国境に危機がないと言っているのですか?

マグナス:上院議員、私は…いや、私は…私は、「緊急」という言葉がそれほど深刻ではないとは全く思っていません。

トッド・ヤング議員

Photo 出典元

ジョージ・ソロスが資金提供している、移民政策を管理する過激な非営利団体に完全に屈している男がここにいます

国境を開放したいと思っているのは過激な非営利団体であり、そうすれば国境を越えてやってくる麻薬で何千人ものアメリカ人が死ぬことになるとよくわかっているのです。

しかし、我々の政府はとても退廃的で、クリス・マグナスが拒否したように、薬物使用が問題や危機であることさえ認めていません。

彼らはそれでいいと思っているのです。

クリス・マグナスは、できるだけ多くの外国人が麻薬を持ってアメリカへ来れるように、レベルの高いベストを尽くすつもりです。

これは単に無責任なだけではなく、単なるイデオロギーでもありません。無謀であり、危険である。犯罪行為です。

連邦政府の役割は、経済移民をハイチから守ることではありません。

他国の生活水準を向上させることでもありません。

特定の政党に代わって有権者を詰め込むことでもない。

連邦政府の役割はただ1つです。

それは、アメリカ市民を守ること。彼らの利益に貢献することです。

しかし、彼らはそれをしていません。全く逆のことをしているのです。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださるとありがたいです!

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です