フォックス・ビジネス

フォックス・ビジネス「フェイスブックとインスタグラム、史上最長の世界規模の障害から復活」

Photo 出典元 Mark Zuckerberg. Reuters

米国時間10月4日フォックス・ビジネス
by ルーカス・マンフレディ
Lucas Manfredi
デジタルアソシエイトプロデューサー/ライター
ルーカス・マンフレディのその他の記事

Photo 出典元

日本語解説:WAU

フェイスブックとインスタグラム、史上最長の世界規模の障害から復活

Facebook and Instagram back after longest worldwide outage ever

記事によると、インスタグラムやWhatsAppを含むFacebookのプラットフォームは、月曜日に広範囲に渡って停止し世界的な停電は約7時間続きました。同サービスは、月曜日の午後6時(米国東部時間)頃には回復したようです。

午後6時33分、「私たちを頼りにしている世界中の人々や企業の巨大なコミュニティの皆様、申し訳ありません。当社は、当社のアプリケーションおよびサービスへのアクセスを回復するために懸命に取り組んでおり、現在はオンラインに戻っていることを報告します。ご理解いただきありがとうございます」とFacebookの公式Twitterで発表しました。

また、Facebookの広報担当者であるアンディ・ストーン氏も謝罪のツイートを行い、「現在オンラインに戻っていることを報告できて嬉しく思います」と付け加えています。

DownDetecterによると、月曜日の午前11時頃から、世界中の何千人ものユーザーが、Facebook、Instagram、WhatsApp、Oculusでの障害を報告し始めました。

Facebookの広報担当者であるアンディ・ストーン氏は、「当社のアプリや製品にアクセスできない方がいることは認識しています。可能な限り早く正常な状態に戻すよう努力しており、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」とツイートしています。

Facebook社は、FOX Business社からの障害の原因についてのコメントの要請にすぐには応じていませんでした。

この問題は、内部告発者のフランシス・ハウゲン氏がソーシャルメディアの巨人に対して証言することになる24時間も前に起こりました。日曜日、ハウゲンはCBSの「60ミニッツ」で、フェイスブックが憎悪や誤った情報を拡大し、偏向性の増大につながることをフェイスブック自身の調査で明らかにし、特にInstagramが10代の少女の精神的な健康を害する可能性があると、連邦法執行機関に匿名で苦情を申し立てた女性であることが明らかになりました。

フランシス・ハウゲン氏

FacebookのCivic Integrityチームに所属していたフランシス・ハウゲンは、2021年10月3日(日)に行われたCBSの「60 Minutes」のインタビューで、Facebookの内部告発者であることを公表しました。CBS 60ミニッツ
Photo 出典元

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、「フェイスブック・ファイル」と呼ばれる一連のレポートを提出し、公共の利益ではなく、自社の成長と利益を重視する企業の姿を描きました。フェイスブックは、これらの疑惑を激しく否定しています。

フェイスブックの株価は月曜日の取引で5%以上下落し、約1年ぶりに最悪の取引日を迎えることになりました。

ウェブサイトやアプリが停止するのは普通のことですが、世界的な規模での停止は珍しいことです。

DownDetectorによると、Facebookに加えて、T-Mobile、Verizon、AT&T、Google、Twitter、TikTok、Zoom、Amazon Web Servicesのユーザーからも障害の報告があったとのことです。ただし、それらの障害がFacebookと同様のものかどうかは不明です。

Verizon、Amazon、T-Mobileの代表者は、FOX Businessに対し、DownDetector社の障害報告が不正確であることを主張しました。

T-Mobile社の広報担当者は、「すべてのネットワークおよびサービスのユーザーが、他のサードパーティ製アプリケーションの停止による影響を受けている」と述べています。

一方、Twitter社は、一部のユーザーが返信やダイレクトメッセージを見ることができないという問題が発生したことを確認しましたが、その後問題は解決しています。

AT&T社、Google社、TikTok社、およびZoom社は、FOX Businessがコメントを求めてもすぐには返答しませんでした。

FacebookとInstagramは、月曜日の午後6時(米国東部時間)頃に利用可能になりました。

以上。

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他ご意見などお気軽にお寄せください。お待ちしています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です