ニューズマックス

ニューズマックス「ラスムセン世論調査:バイデン大統領の不支持率が58%で就任後最高に」

写真は、2021年9月24日、ワシントンD.C.のホワイトハウスのイーストルームで開催された、日本、インド、オーストラリア、アメリカの4か国会談「クアッドリーダーズサミット」で話を聞くジョー・バイデン大統領(Sarahbeth Maney-Pool/Getty Images

Photo 出典元

米国時間9月27日ニューズマックス
by エリック・マック
Eric Mack

日本語解説:WAU

ラスムセン世論調査:バイデン大統領の不支持率が58%で就任後最高に

Rasmussen Poll: Biden Disapproval Hits New High of 58 Percent

ニューズマックスの記事によると、ラスムセン・レポートの大統領追跡世論調査によると、ジョー・バイデン大統領に対する不支持率は58%と過去最高に達し、支持指数はマイナス29と1年ぶりの低さにまで落ち込んでいます。

米国の有権者のうち、バイデン氏の仕事ぶりを評価しているのはわずか40%で、これは就任後9ヶ月間の中でも最も低い数値です。

また、バイデン氏の仕事ぶりを「強く支持する」はわずか21%、「強く支持しない」が50%と過半数を占め、「大統領追跡調査」の大統領支持率指数ではマイナス29となっています。

バイデン氏の動向は、過去3回の世論調査でいずれも低下を示しており、7月下旬から8月上旬にかけて急激な落ち込みを見せています。支持率指数の評価は、過去5回の世論調査で1週間に渡って低下しています。

ラスムセン社は、米国の有力有権者500人を対象に毎晩電話とオンラインで調査を行い、その結果を3日間の「移動平均」で報告しています。3日間の合計で1,500人の米国の有権者を対象としたこの調査の誤差はプラスマイナス2.5%ポイントです。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です