フォックス・ビジネス

FOX BUSINESS「当局は、米国で最も繁忙な港に対するサイバー攻撃に『敵対国のハッカー』が関与している疑いを発表!」

Photo 出典元

米国時間9月24日FOX BUSINESS
by トーマス・バラビ
Thomas Barrabi
FOX BUSINESSレポーター

Photo 出典元

日本語解説:WAU

米国で最も繁忙な港に対するサイバー攻撃に『敵対国のハッカー』が関与か?

フォックス・ビジネスの記事によると、ヒューストン港が先月、サイバー攻撃を阻止したことを、同施設の関係者が9月24日に明かしました。

「我々ヒューストン港当局は、8月のサイバーセキュリティ攻撃からの防御することに成功しました。 ヒューストン港は、海事輸送セキュリティ法(MTSA)に基づいて策定された施設セキュリティ計画に従い、その結果、業務データやシステムへの影響はありませんでした」と、発表しました。

港湾局は、ハッキング未遂事件の詳細を明らかにしていませんが、AP通信によると、ハッカーは「ManageEngine ADSelfService Plus」というパスワード管理サービスを悪用してコンピュータシステムへの侵入を試みたとのことです。

ランサムウェア「REvil」のハッキングに対し、米国はどのように反撃すべきか?元CIA職員のマイク・ベイカー氏がFOX BUSINESSの「ケネディ」で語りました。

動画 出典元

サイバーセキュリティ・インフラストラクチャ・セキュリティ庁、ジェン・イースタリー長官は、木曜日の上院委員会の公聴会で、このハッキング未遂事件を明らかにし、当局は「国家的ハッカー」の犯行ではないかと述べました。しかし、どの国が疑われているかについては言及しませんでした。

「我々は、各省庁のパートナーや情報機関と緊密に連携して、この脅威の主体を理解し、システムを保護するだけでなく、最終的にはこれらのハッカーに責任を負わせることができるようにしています」とイースタリー氏は述べています。

ジェン・イースタリー長官

Photo 出典元

ヒューストン港は、全米で8,019億ドルもの経済効果をもたらしている、米国で最も忙しい港のひとつと言われています。

今回のハッキング未遂事件は、ここ数カ月の間に米国の主要インフラを標的とした一連のサイバー関連事件の中で最も新しいものです。

ロシアに関連するハッカーグループ「REvil」は、今年初め、ITソフトウェア企業の「Kaseya」と食肉業者の「JBS」に対してランサムウェアによる攻撃を行っています。

以上。

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です