タッカー・カールソン

タッカー・カールソン: アメリカ軍は20年間、国民に嘘をついてきた!パート3

Photo 出典元

米国時間9月4日FOX News
by by タッカー・カールソン
Tucker Carlson
FOXニュースチャンネルのゴールデンタイムニュース番組「Tucker Carlson Tonight」(平日午後8時/ET)ホスト。 2009年コントリビューターとしてFOXニュースチャンネルに参加しました。毎晩の番組で、カールソンは力強い分析を行い、アメリカと世界で起きていることに重要な視点をもたらしています。

Photo 出典元

日本語解説:WAU

タッカー・カールソン: アメリカ軍は20年間、国民に嘘をついてきた!パート3

Tucker Carlson: Our military has been lying to us for 20 years

外国で我々の名前で我々のお金で我々の軍隊に実際に起こっていることについて我々に嘘をつくことは、この20年間、この国の軍事機構の哲学であり、バイデン政権のすべての高官の哲学でもあります。失敗していることが明らかな場合でも、進歩しているように錯覚させるのです。国務省を無能に運営しているトニー・ブリンケンは、アフガニスタンで100人以上のアメリカ人が捕まっているというニュースを発表したばかりだが、これはまさに進歩と言えるだろう。

トニー・ブリンケン国務長官

Photo 出典元

トニー・ブリンケン: 今、米軍の飛行が終了し、軍はアフガニスタンを離れました。アメリカのアフガニスタンとの関わりの新しい章が始まりました。それは、私たちが外交でリードするものです。軍事的使命は終わりました。新たな外交任務が始まりました。アフガニスタンにいる、退去を希望するアメリカ人はまだ少数ですが200人以下です。おそらく100人近くいると考えています。現在、正確な数を把握しようとしています。

「20年もあったのに、小学生を含む何人のアメリカ人がアフガニスタンに残っているのかわからないのは、私たちが大人だからです。だからこそ、私たちは「外交でリードする」つもりです」

具体的にはどのように外交でリードするのでしょうか?

その一例をご紹介しましょう。

今年の4月、トニー・ブリンケン率いる国務省は、アフガニスタンの社会プログラムに何億ドルも費やすことを発表しました。我々の近代主義的な社会的価値観を前時代的な国に押し付けるのです。「女性のエンパワーメント」を支援するプログラムにお金を出すのです。

そのお金は、バハル・ジャラリ博士のような人々のどこに行ったのでしょうか?彼女は、アフガニスタンにおける公平性のために、次のような悲歌をソーシャルメディアに投稿しました。

「私は8年半の間、アフガニスタン・アメリカン大学で教員として、また学術的な管理者として教鞭をとっていました」と彼女は書いている。

「私はそこでアフガニスタンの歴史上初のジェンダー研究プログラムを立ち上げました。私たちの仕事、希望、夢、進歩のために。しかし、それが不必要に奪われてしまったのです」

例えば、他の文化が自分たちの家族構成を真似したいと考えるのは、文化的帝国主義と呼ばれていた特殊な傲慢さがあったからです。どのような家族構成にするかは、アフガニスタンの人々が決めることではないのですか?我々は自分たちの習慣を押し付けようとしましたが、彼らはそれを嫌がりました。

バハル・ジャラリ博士やアシュラフ・ガーニのような人材を雇って「外交でリードする」。それが過去20年間のアフガニスタンの姿だったのです。その一方で、私たちが外交でリードしていながら、タリバンに何十億ドルものアメリカ軍の装備を与えていたのです。

ブライアン・トッド(CNN特派員):洗練された襲撃ライフルの列、ピストルの詰まった箱、弾薬、視覚機器などです。ここ数日、タリバンがオンラインで公開しているビデオでは、アフガニスタンの都市ヘラートで襲撃ライフルを押収したことを自慢しています。また、クンドゥズ空港には、装甲ハンビーが何台も置かれており、中には1台50万ドルもするMRAPと呼ばれる地雷耐性待ち伏せ防護車両もあり、その他、小型のドローンも置かれています。 これらは、タリバンがここ数日の間に、敗れたアフガン軍から奪ったと思われる、潜在的に致命的な戦利品です。アメリカ製の武器は、崩壊したアフガンの同盟国にアメリカが供給したものだった。

つまり、アメリカ軍は、タリバンを武装させ、自国民をアフガニスタンに置き去りにしているわけです。このような事態を誰が予想できたでしょうか?

以上。

パート2はこちら

パート1はこちら

翻訳に関する注意事項

この記事の感想:

下のコメント欄からあなたの感想をお待ちしています。

翻訳者からのコメント:
ここまで読み進めていただいた貴重なお時間に感謝いたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です