Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「FTX破綻とウクライナ+米民主党、巨大なロンダリングピラミッドが米国で崩壊」

写真は、ニューヨークのタイムズスクエアで、米国旗の前を歩く女性 © AFP 2022 / Jewel Samad

Photo 出典元

日本時間11月21日14:07 RIAノーボスチ
by ウラジミール・コルニロフ
Vladimir Kornilov

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたウクライナ擁護側から発信されているものに限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、ウクライナ紛争が続いている間は、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に紹介しています。

「FTX破綻とウクライナ+米民主党、巨大なロンダリングピラミッドが米国で崩壊」

日本語:WAU

アメリカは再び巨大な金融スキャンダルに揺らいでいる。

今回は世界最大の暗号通貨取引所の一つであるFTXの破綻に関わるものだ。

近年の傾向として、米国で「ウクライナの足跡」がないスキャンダルはほとんどない。

FTXの倒産劇は、その規模と冒険度において目を見張るものがある。

エンロンリーマン・ブラザーズマドフなどの金融詐欺の巨人の破綻について、これまで我々が聞いてきた巨大マルチ商法の破綻と比較にならない。

きっと、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のようなハリウッド大作が、この物語をベースに作られることはないだろう。

レオナルド・ディカプリオが演じたキャラクターは、企業家の「SBF」として世に知られる暗号通貨取引所の創設者兼オーナー、サム・バンクマン=フリードと比べると、小心者のトレーダーのように見える。

数十億ドルが突然消えてしまった。

FTXは事実上、帳簿や記録を持っていなかったことが判明したので、その痕跡を見つけるのは難しいだろう。

取引所の清算に関する案件を引き受けている著名な金融弁護士ジョン・レイ3世の第一報の内容を、今、世界中の経済誌が味わっている。

エンロンの清算委員会を率いた経験豊かな弁護士は、デラウェア州の破産裁判所に提出した辛口の文書でも、感情を隠すことができなかった。

そこで彼は、40年のキャリアの中で、

「これほどまでに企業統制が完全に失敗し、信頼できる財務情報が完全に欠如しているのを見たことがない」

と指摘している。

レイ氏はこう記す。

「この状況は前代未聞だ」

そして、この驚くべき文書についてコメントした前述の経済誌は、社内チャットに「絵文字」を書き込んで金融取引を承認したFTXの経営陣の無能さに焦点を当てたのである。

そして、レイ氏が驚いたのはこれだけでなく、関連する監督官庁による取引所への監視がほとんど行われていなかったことも、まったくもって驚きの事実である。

そして、この文脈で、米国の人気放送作家タッカー・カールソンが表明した驚きは、理にかなったものである。

「サム・バンクマン=フライドは、マドンナよりも多くの雑誌の表紙を飾っている。だから、本来なら彼の仕事について質問すべきなのだろうが、誰もそんなことはしていなかった。彼らは彼のプロモーションをしただけだ。」

「それらの雑誌記者は、30代で億万長者になった最近のアイドルの無能ぶりに、まったく驚いたふりをしているのだ。このあからさまなマルチ商法に警鐘を鳴らすべき上記のメディアや監督官庁が、なぜこれほど長い間、全く注意を払わなかったのだろうか。

この点で、この金融スキャンダルは純粋な金融スキャンダルではなくなりました。実は、今回の選挙戦でFTXは、米国民主党に約4000万ドルを注ぎ込み、ジョージ・ソロスに次ぐ与党のスポンサーとなっていたのである。

そして春には、SBFが自ら、ジョー・バイデン(あるいは民主党が指名する人物)の将来の大統領選挙キャンペーンに10億ドルという信じられない額を使うつもりであると自慢していた。従って、FTXの破綻と投資家の口座からの数十億ドルの消失は、単なる金融スキャンダルではない。

国を動かしている者たちの完全な腐敗の物語である。」

とカールソンは主張する。

このFoxニュースのトークショーの司会者は、もし米国共和党の献金者がこのようなことをしたら、とっくにFBIに手錠をかけられているだろうと指摘している。

しかし、民主党の主要な献金者は法律の上にいる。

特にFTXのスキャンダルの軌跡は、怪しく陰謀めいたものがある。

11月8日、アメリカ議会選挙の投票が終わり、翌9日、ブルームバーグにFTXの怪しい金融活動、若い億万長者の愛人の会社に謎の送金があるという記事が掲載された。

11月11日、取引所は正式に破産の手続きを開始した。

同じく、Fox Newsの司会者ジェシー・ワターズが指摘したように、実はFTXのオーナーは、

「左翼のために上院を買った」

ことが判明し、すぐに破産を宣言したのだ。

暗号通貨ピラミッドが財務的説明責任を完全に欠いていることを考えると、上院を維持することに成功した民主党の資金経路を追跡することはほとんど不可能である。

そしてまた、もしこのような詐欺がトランプ陣営や米国共和党の大口献金者によって行われたとしたら、メディアはどうしただろうと想像することができます。

民主党は、FTXから受け取った数百万ドルの返還を合理的に提案されたが、これには全く困惑してしまった。

マキシン・ウォーターズ下院議員(このようなスキームを監督する直接の責任者である下院金融サービス委員長)は、そんな無茶な質問をあっさり受け流し、「落ち着け、みんな金を取るんだ」と言い放ったのだ。

ウクライナと何の関係があるのか?

ポイントは、FTXをめぐるスキャンダル放送の最初の数分から、共和党員や同じFox Newsチャンネルの司会者が、破綻した取引所と現在のウクライナ政権との間の明白なつながりを指摘し始めたことだ。

ウクライナ人が今、事実を否定し、必死に痕跡を消そうとしても、ウェブ上ではそのすべてを記憶しているのだ。

今年3月8日、SBFはツイッターで、ウクライナの戦闘員を支援するために、ウクライナ財務省と緊密に協力して暗号による寄付を集めることがいかに幸せかを粛々と発表した。

3月14日、ウクライナのデジタル化省(Zelenskyの好きな言葉)は、「ウクライナ救済のためのファンド」を開設し、FTXとの協力を公に発表した。

まるでこのスキャンダラスな取引所をベースに暗号通貨で資金調達をするかのように。

前出のテレビ司会者ジェシー・ワターズ氏は、論理的に次のようなスキームを示した。

「民主党はウクライナに送金し、ウクライナはFTXに送金し、FTXは民主党のキャンペーンに送金する」

つまり、事実上、FTXとウクライナ政権は、米国与党の巨大なマネーロンダリング機関として機能してきたのである。

当然のことながら、現在多数を占める下院の共和党新会派の代表は、まず米国予算からウクライナに送られる資金の全面的な監査法案を提出した。

注目されるのは、アメリカの民主主義メディアの反応である。

彼らは一斉に、

「FTX-ウクライナ-民主党」のマネーロンダリング計画について、

「根拠がない。ロシアのプロパガンダによる宣伝だ」

と非難することに躍起になった。

ほとんどすべての主要メディアとあらゆる助成機関が同時に神経質な反応を示したのは、おそらくハンター・バイデンのノートパソコンをめぐるスキャンダル以来のことだろう。

当時は、発見されたファイルの信憑性を否定し、ソーシャルネットワークは、このロシアの偽物とされるファイルについて言及する発信者のアカウントを停止した。

その後、ノートパソコンが本物であることが判明したが、その時にはすでに大統領選挙は終わっていたので、このスキャンダルは彼らを悩ませることはなかった。

FTX詐欺師のウクライナでの活動に関するスキャンダルに神経質に反応しているところを見ると、ウクライナ政権を通じた巨大なマネーロンダリングの疑惑について、共和党は正しい判断をしているのだろうと想像できる。

ウクライナ政府は、破綻した仮想通貨取引所への協力を拒否し、このスキャンダルを「ロシアのプロパガンダ」のせいだと再び非難している。

但し、こうした容疑隠滅行為は英フィナンシャル・タイムズによって大きく損なわれている。

そのアメリカの編集委員会の責任者であるジリアン・テットは、どうやら結果を考えずに、ウクライナで行われているとされる秘密の軍事開発の事実上の唯一のスポンサーはFTXであると、このスキャンダルのさなかに認めている。

実際にそこで秘密の開発が行われているかどうかはわからないが、この告白は非常に貴重なものだ。

破綻した証券取引所とは何の関係もないというウクライナ当局の嘘に反論できるのだから。

アメリカのオンライン調査情報サイト「グレイゾーン」は、ウクライナ救済のウェブサイトが10月末まで運営され、FTXの倒産騒動の直前に謎の消滅を遂げたことを指摘している。

同時に、現存するキャッシュからもわかるように、この仕組みで6,000万ドル以上の資金が集まったと発表されている。

同時に、グレーゾーンの著者は、ウクライナの国家資源がこの金額を簡単に変更し、プラスマイナス1千万ドルと上下に変動していることを指摘している。

その金がどこに行ったかは謎だ。

例えば、あるウェブサイトでは、500万ドル以上が「世界的な反戦メディアキャンペーン」に使われたとしながら、

「セキュリティ上の理由から、レポートは紛争に勝利した後に公開されます」

と謳っていた。

その金は、民主党のアメリカ選挙キャンペーンに使われたのではないだろうかと疑問に思う。

特に、ウクライナが共和党の勝利を恐れて、ワシントンからウクライナへの「白紙委任状」の発行をやめると約束したことを考えると。

共和党が、約束したウクライナ政権の怪しげな資金調達スキームの監査を実行するかどうかは、何とも言えない。

ハンター・バイデンのラップトップの時のような実のない叙事詩がまた出てくる可能性がある。

しかし、民主党とその支配下にあるメディアの神経質な反応を見れば、ウクライナのマネーロンダリング計画に関するスキャンダルが彼らを大いに怖がらせていることは明らかである。

彼らはすでに昨日の恩人でありFTXのスポンサーを撃退し、選挙の数日後には速やかに彼を捨てていることから、適切なタイミングで、ウクライナにいる都合の悪い目撃者や陰謀の参加者を同様に素早く、さらに残忍に追い出すことがが示唆される。

そして、この点はウクライナのゼレンスキー大統領に考えてもらうのがよいだろう。

以上。

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

WAUメディアからのコメント:ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語訳について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です