ニューズマックス

Newsmax 東京オリンピック サイバー攻撃の可能性 専門家が警告!

(AP経由のStanislav Kogiku / Sopa / Sipa)
by ジェレミー・フランケル 2021年7月4日日曜日09:04 PM

オピニオン記事寄稿者:
ジェレミー・フランケル

Jeremy Frankel 
エルサレムポスト、リサージェント、ワシントンタイムズなどの政治アナリスト兼ライター
Twitter @ frankeljeremy

Photo出典元

Newsmax公式記事

翻訳に関する注意事項

東京オリンピック サイバー攻撃の可能性 専門家が警告!

専門家は、ハッカーがサイバー攻撃で東京夏季オリンピックを襲う可能性があると言っています、とアメリカ合衆国の政治専門紙ザ・ヒルは、4日のニュース記事で報告しました。

ザ・ヒル(英語: The Hill)はワシントンD.C.で1994年から発刊しているアメリカ合衆国の政治専門紙。ニュース・コミュニケーションズ子会社のキャピトル・ヒル・パブリシングが発刊している。 政治、政策、ビジネス、国際関係を横断的に取り上げており、アメリカ合衆国議会、ホワイトハウス、連邦選挙を取材している。サイバーセキュリティ、国防、エネルギー・環境、金融、医療、国家安全保障、技術、通信において一貫した方針を持っている。

ザ・ヒルの記事(ハッカーがサイバー攻撃で東京夏季オリンピックを襲う可能性がある・・)

「オリンピックは、開催国、この場合は日本が、最善を尽くし、成し遂げた利益と進歩の成果を示し、観光客を増やし、世界の舞台でより良い場所に国家を置くためのとても大きな機会です。 しかし、日本と交流のない国家は、サイバー攻撃を通じて日本を当惑させようとする機会をここで見い出すかもしれない」と、

サイバー脅威同盟(CTA)の最高分析責任者ニール・ジェンキンス氏は報道機関に語りました。

公開されたCTAのレポートによると、潜在的な脅威は、データ漏洩、ランサムウェア攻撃、偽情報キャンペーンが含まれます。

ロシアは最大の脅威の1つと見なされています。

「明らかに物理的なリスクがすべてのオリンピックで非常に現実的に起こり得るのですが、特にサイバーリスクに関する限り、最も重要な脅威としてあるのが、ロシアのハッカーによる混乱のリスクだと思います」

と, FireEye グループのサイバーセキュリティ担当副社長のジョン・ハルトキスト氏は述べています。

FireEyeグループのマンディアント・スリート・インテリジェンス(Mandiant Threat Intelligence)は、ザ・ヒルに次のように語っています。

「2020年、COVIDで初めてオリンピックが延期になる前から、彼らが東京を襲うと予期していました。マンディアントは、彼らが日本のネットワークを調査していたという証拠を掴んでいました。」

ランサムウェア攻撃も大きな懸念事項です。

日本オリンピック委員会は先月、4月にランサムウェア攻撃に見舞われたことを明らかにしました。

日本オリンピック委員会(JOC)は25日、昨年4月にサイバー攻撃を受けていたことを明らかにした。事務局にあるパソコンや、サーバーには強化選手に関する個人情報などが保管されていたが、外部への情報流出はないという。記事

「私が今オリンピックで最も心配していることは、一般的に私のリストの一番上にあるものの1つであり、ランサムウェアです」とジェンキンス氏は述べています。

オリンピックと同じくらい大きなイベントを開催する組織は、標的となる可能性が大きいです。」

可能性のある偽情報作戦に関して、ジョン・ハルトキスト氏は次のように述べています。

どの国際的なイベントにも、情報運用に対する脅威があると思います。

オリンピックは長い間イデオロギーの戦いの場でした。それらの選手の何人かがそれに従事しても、驚きじゃないでしょう。」

国際オリンピック委員会(IOC)のスポークスパーソンは昨年、IOCとオリンピックの組織委員会が

「サイバーセキュリティを優先分野として特定し、オリンピックに可能な限り最高のサイバーセキュリティ環境を提供するために多額の投資を行った」とロイターに語っています。

ロイター記事:日本はオリンピックのサイバー攻撃を防ぐための措置を講じま:

ジェンキンス氏はまた、日本政府とIOCの両方が起こりうる脅威を真剣に受け止めていると信じており、すべてに対して防御することは不可能であるとザ・ヒルに語りました。

「IOCがより広範なサイバーセキュリティコミュニティと正しく関わっていることを知っています」と、ジェンキンス氏は言いました。

「彼らがサイバーセキュリティの演習を実施し、情報共有関係を検討し、何かが起こった場合に備えていることを示す良い兆候だと思います。

関係する組織の数が多く、各組織に存在する脆弱な可能性も多くあります。

多くの場合、開催者ができる最善のことは、脅威に対応する準備を十分にすることです。」

ジェンキンス氏はまた、日本政府とIOCの両方が起こりうる脅威を真剣に受け止めていると信じており、すべてに対して防御することは不可能であるとザ・ヒルに語りました。

「IOCがより広範なサイバーセキュリティコミュニティと正しく関わっていることを知っています」と、ジェンキンス氏は言いました。

「彼らがサイバーセキュリティの演習を実施し、情報共有関係を検討し、何かが起こった場合に備えていることを示す良い兆候だと思います。

関係する組織の数が多く、各組織に存在する脆弱な可能性も多くあります。

多くの場合、開催者ができる最善のことは、脅威に対応する準備を十分にすることです。」

以上。

Newsmax公式記事より

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です