Extra ニュース

「中国、台湾の首に砂鉄の縄を締め付ける」

写真は、台北郊外の建設現場で働く労働者たち© AFP 2022 / パトリック・リン

Photo 出典元

ロシア時間5月4日02:50 RIAノーボスチ
by セルゲイ・サヴチュク
Sergei Savchuk

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「中国、台湾の首に砂鉄の縄を締め付ける」

日本語解説:WAU

この2日間、世界では米国下院議長の台湾訪問以外のニュースはないように思えた。

ナンシー・ペロシ氏の乗った飛行機は、ウクライナでの戦闘と世界的な金融・エネルギー危機の両方をその翼で覆い隠してしまった。

その結果、アメリカのエスタブリッシュメントの代表が台湾を訪問し、中国は極めて鋭い政治的発言を連発するにとどまった。

この事実をきっかけに、世界のあらゆる専門家から中国の戦略的敗北を憂慮する声明が雪崩のように出てきた。

軍事的な側面ばかりが強調され、アジアの国、つまりヨーロッパとは異なるメンタリティー、パワーシステム、政治シナリオ、アプローチを持つ国家について話すことが完全に見落とされている。

誰もが中国海軍の作戦や演習に注目している間、北京は気づかないように、しかし完璧に調整された痛烈な一撃を加えていた。

8月3日以降、台湾に砂を送ることが明示的に禁止されたのだ。

台湾にとって、これは直接の軍事侵攻や水陸両用上陸よりもはるかに痛いことである。

まず、最も単純で明白なことから始めよう。

宇宙望遠鏡が5億光年離れた銀河の高画質写真を撮影できる21世紀に生きていながら、数百年前と同じように、最も簡単な家さえも砂を使わずに建てることは不可能である。

建築資材に加え、セメントや砕石と混ぜ合わせ、漆喰の材料にする。

この禁止令は、冗談や茶番のように思える人もいるかもしれないが、台湾、香港、マカオの住民にとってはそうではない。

在米中国大使館が公表している貿易統計によると、これらの地域で消費される砂の90%は中国大陸から輸入されていることが分かっている。

台湾だけで、2021年の建設市場は821億ドルと推定されている。

数字だけでは全体像がつかめず、理解すべき基本的な事実がいくつかある。

台湾は面積がわずか3万6千平方キロメートルの島国だが、同じ面積をロシアのヤロスラブリ地方(日本では九州とほぼ同じ大きさ)が占めていることに比べれば、その差は歴然である。

同じ面積に、ロシアは120万人(九州は1200万人)、台湾は2300万人が住んでいる。

当然ながら、このような人口過密と土地不足の中で、建設のベクトルは上に向かっていく。

つまり、近代的なコンクリートでなければ建設不可能な高層ビルが、とっくにその場に建てられ、代替案もないままになっているのだ。

今年の初め、島の建設市場の構造は、約55パーセントが住宅で、残りは商業用不動産部門と、あらゆるインフラや燃料・エネルギー複合施設の建設がほぼ同じ割合で分担していた。

「砂」の禁輸措置の導入は、現地の建設業界を完全に崩壊させないまでも、存続の危機に立たせることになる。

このような制裁は、当然のことながら不動産価格の高騰を招くことになる。

もちろん、粒状シリカ(普通の砂の化学名)の供給を確立することは可能である。

しかし、そこには、輸送距離が増えるごとに、普通の砂を金の砂に変えてしまう非情な物流が待っているのである。

それに、今年のエネルギー危機が示すように、お目当ての製品が市場に出回っていても、すぐに購入・配送できるとは限らない。

他の国からクレームが来るかもしれないし、適切な種類の船を適切な数だけ用意できないかもしれない。

例えば、LNG(液化天然ガス)船の傭船料が制裁後に何倍になったかは、読者が独自に調べることができる。

しかし、これは氷山の一角に過ぎない。

制裁はもっと破壊的であり、反抗的な島の経済を短時間で破壊しかねない。

砂は、砂利と合わせて世界で年間400億トンも採掘され、そのコストは700億ドル以上にもなる。

現代のあらゆる電子機器や複雑なデバイスの基礎となっているのは珪砂だ。

チップ、マイクロチップ、コンピューター、光ファイバーケーブルなど、私たちの快適な日常生活を日常的に満たしている何千ものデバイスを作るために使われている。

この砂を特殊な方法で精製し、電気炉に入れて数千度の高温にすることで、酸素を分離した純度99%のシリコンが残る。

これを微細な円柱状に成形し、髪の毛の6万分の1の薄さのウェハーに切り出す。

この原料から、トランジスタ(電気の流れを制御する電子スイッチ)や半導体(ある温度で電気を通し、別の温度で電気を遮断するシリコンやゲルマニウムの元素)が最終的に作られるのだ。

1959年、アメリカの科学者ロバート・ノイスが、小指の爪ほどの大きさの純シリコンのウエハーに、トランジスタを数個並べる方法を考え出した。

これがエレクトロニクスの時代の始まりで、その後、チップやマイクロチップそのものが急速に小型化されていった。

台湾は電子機器用マイクロチップの世界的な生産地であるため、あえてエレクトロニクス産業における砂の役割について短い講義をさせてもらった。

昨年末の時点で、台湾のメーカーは世界のコア市場の66パーセントを占めており、明らかにそのシェアを広める勢いだった。

ちなみに、韓国はわずか17%、10億5千万人の中国も8%というわずかな半導体市場で満足している。

これが間違っていないことを理解するために、最大の中核企業のリストに目を向けてみよう。

台湾の聯合微電子有限公司(UMC)は、昨年の利益が77億ドルで3位。2位は韓国のサムスン電子で、74カ国に工場がある。

大きな開きがあるランキングでは、もう一つの台湾企業である台湾積体電路製造(TSMC)がランクインしている。

TSMCは1万1000種類以上の製品を顧客に提供しており、2020年には455億ドルを獲得している。

建設用砂と珪砂の輸入サプライチェーンを断ち切れば、台湾経済だけでなく、ゲーム機から現代のミサイルや戦闘機の「頭脳」に至るまで、世界の電子産業全体を深いノックアウトに追い込む可能性があるのだ。

台湾沖の航空部隊や軍艦の編隊を見るのは、非常に魅力的である。

孫子の著作を読んだことのある人なら、これは美しい背景に過ぎず、長く砂浜に座っていれば、いつか島全体が自分のところにやってくることを理解しているはずだ。

以上。



解説者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。