Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「米ペンタゴン:核爆弾を破壊するUFOの新たな脅威を発表」

Photo 出典元 CC BY 2.0 / アーリントン郡 / ペンタゴン

ロシア時間5月26日08:00 RIAノーボスチ
by ウラジスラフ・ストレコピトフ
Vladislav Strekopytov

ウラジスラフ・ストレコピトフ氏(1964年10月4日生)
1981年、モスクワのA.N.オストロフスキー記念38番校を卒業。1986年にモスクワ地質研究所を卒業後、1994年まで地質省(VIMS)やソ連科学アカデミーの研究機関に勤務し、地質学者として中央アジアやカザフスタン、シベリア、極東での野外調査に従事。1994年4月より現職。1990年から1993年まで、IGEM ASソビエト連邦の大学院生として、鉱床地質学、岩石学、鉱物学、地球化学の研究に従事。この間、科学研究テーマに関連する多数の論文を執筆し、専門科学誌に掲載されたほか、数十件の論文を学会で発表。(中略)2014年より科学ジャーナリズムに携わる。ロシア科学振興協会(RAAS)の機関誌である電子ジャーナル『Science in the World』の上級科学編集者を務めた。2019年より、RIA Novostiの科学部門に所属(詳細:ロシア語)。

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

「米ペンタゴン:核爆弾を破壊するUFOの新たな脅威を発表」

日本語解説:WAU

米議会は、半世紀ぶりにUFO問題に関する公聴会を開催した。

公聴会のきっかけは、1年前に機密解除された国防総省の特別報告書であった。

過去15年間、米国のパイロットが上空で140回以上、出所不明の物体を観測している。

それは一体何なのか、どのような判断が下されたのか、RIAノーボスチが入手した資料を紹介する。

■未確認の空中現象

2007年以降、米国防総省の「先進航空宇宙脅威特定プログラム(AATIP)」で、航空機や海軍艦船とUFOの遭遇に特化した調査が行われている。

メディアがそれを知ったのは2017年、メディアが「ありえない」動きをする未確認物体の映像や目撃証言を入手してからだ。

議会は国防総省に対し、UFO(未確認航空現象)について何がわかっているのか、報告書を作成するよう要求した。

国防総省は、2012年にこのプログラムへの資金提供が停止されたものの、このようなエピソードに関する調査は継続していることを確認した。

「安全が第一です。私たちは、航空機が私たちの範囲や特別空域に不正に侵入したことを非常に真剣に受け止め、すべての報告を調査します」

と同省は公式声明で述べている。

米国防総省はまた、3つの映像をホームページで公開した。これらは軍用機からの映像で、1つは2004年11月、他の2つは2015年1月にさかのぼる。

カメラには、既知の航空機としては非典型的な形状の物体が記録されていた。

「風に逆らって揺れて動くもの」「立方体に囲まれた球体」など。

2020年、国防総省は入手可能な情報をまとめたワーキンググループを設置。

2021年6月、国家情報院は速報を発表した。

その中で、未確認物体の多くの特徴は、加速度、方向を急に変える能力、水に潜り、その場で動き続ける能力などが現代の技術では不可能であることが指摘された。

同局は、秘密裏の開発との関連を断固として否定している。

同時に、報告書の著者は、調査チームの少なくとも一部は、主にロシアと中国という競合する大国の極超音速兵器の実験に関連している可能性があると主張している。

このことは、観測に新たな弾みをつけている。

2021年11月、米国防総省は「空中物体識別管理同期化グループ(AOIMSG)」を設立した。

この新部隊の任務は、飛行物体を検知・識別し、その所属や脅威を確定するためのさまざまな機関の協力を実行させることである。

流体現象からエイリアンまで、あらゆる種類のものが検討されている。

■米国の国家安全保障への脅威

米下院テロ・防諜・拡散防止小委員会で行われた今回の公聴会の前に、議員たちには昨年の報告書の拡大版が配布され、2004年から2021年までに、「地球人の能力を超える技術」との信頼できる遭遇が143件あり、UFOそのものは 「地球上の誰によっても作られない」 物理物体だと報告された。

公開部分の動画は、下院常設情報特別委員会のYouTubeチャンネルに掲載された。

ロナルド・モールトリー国防次官と、スコット・ブレイ海軍情報局次長は、米軍パイロットがUFOと遭遇した事例を議員に説明した。

最も興味深かったのは、2021年に撮影された、海軍機のコックピット付近で猛スピードで何かが飛び交う8秒間のビデオで、パイロット自身がそれを目視している。

センサーも飛行ノイズを拾っていた。


写真は、国防総省が公開したUFOの映像 ©アメリカ国防総省

Photo 出典元

「説明のしようがない」

とスコット・ブレイ氏は認めた。

「予期せぬ飛行特性を持つため、その性質を理解できないです」

と言う。

同官によると、このような衝突寸前の事故は少なくとも11件発生している。

同時に、未確認物体からの信号は受信しておらず、米軍はコンタクトを取ろうとはしていない。

国防総省は、それが飛行だけでなく、国家安全保障全般の脅威となると考えており、以前は「ナンセンスで陰謀論」と考えていたのがむなしくなった。

「私たちにとって最も重要なことは、真実を明らかにすることです。NATOの同盟国や中国のことは知っている、我々はデータを共有している。しかし、そのすべてではありません。例えば、UFOが実験場に飛来し、10発の核ミサイルを破壊した事実があります。大陸間のものです。爆発はしなかったが、今は使えない。それに関する報告書がある」

と言う。

また、現場には破片など「地球外生命体由来を示すもの」は見つかっていない。

「彼らはいつも我々の射程に侵入してくる。おそらく当分の間、練習しているのだろう。それが戦争ならどうなるのか」

と結論づけた。

そして、米国政府にはUFOを扱う「極秘グループ」があることを紹介し、会議は閉会した。

これで専門家が発言する第2部はお開きとなった。

真面目な話だ。

何十年もの間、公的機関は空飛ぶ円盤の映像についてコメントを控えてきた。

しかし今、議会は公式にその存在を確認した。

アメリカの国会議員たちは、UFOは活動を活発化させており、特に地球人の軍事的潜在力に関心を持っていると述べた。

議員たちは、UFOの詳細な調査と目撃者保護システムの構築の必要性を強調した。

情報委員会のアダム・シフ委員長によれば、

「語るべき話がある」

のだが、彼らはクレイジーと呼ばれて職を失うのを恐れているのだという。

専門家は、UFOに関する文書化されていないパイロットの証言は、実際には約400件あると推定している。

アメリカの有名な物理学者で未来学者であるミチオ・カクは、Fox News TVのインタビューで、この状況について、

「ようやく彼らが真剣に取り組み始めたように見える」

とコメントした。

「私たちが見ているものは、物理学の法則に反しています。UFOはジグザグに動き、方向を急激に変え、マッハ5~20のスピードで移動する。人間はそのような過負荷に耐えることはできません。排気ガスもなく、UFOは水中に潜り、船や飛行機に危険なほど接近して飛びます。私たちは、さまざまな情報源から同じような観測を数多く得ています。だから、本当に空で何かが起こっているのです」

と言う。


写真は、ミチオ・カク教授のFox News Channel 動画スクリーンショット© #FoxNews

Photo 出典元

カク教授は、UFOが極超音速兵器の実験と関係があるという指摘をきっぱりと否定し、そのような技術が問題外であった1940年代から定期的に観測されていると指摘する。

近い将来、米国は人工衛星、カメラ、高速トラッキング、音声センサーを使ったUFOの状態調査プログラムを採用し、その信号を解読するために科学界の専門家が参加すると想定されている。

また、公式情報によると、NASAはまだこの問題に注力していないが、大気中のあらゆる奇妙な現象について、しばしば他の宇宙機関と協力しながら慎重にデータを収集している。

また、ハーバード大学の天文学者アヴィ・レブ教授が率いるガリレオプロジェクトや、非営利のUAPx科学共同研究など、民間資金による研究グループも増えてきている。

「UFOについて何か分かれば、新しい科学的な疑問への扉が開かれるでしょう。大気地球物理学者、航空宇宙専門家、その他の科学者が、この現象の本質を理解するために貢献することができます。宇宙で未知のものを探索することは、私たちの仕事の核心です」

と述べている。

どうやら、UFOが科学者にとってタブーであった時代は終わりを告げ、この話題に関する議論は、疑似科学的であると認識されることを急がない。

しかも、進んで資金を提供する新興企業の出発点としてますます役立っている。

以上。

スポンサー広告
世界的なデザイン賞受賞【花色百貨】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。