Extra ニュース

「中国は、ナンシー・ペロシの台湾訪問後、米国の干渉を『断固として阻止する』と宣言し台湾付近で軍事演習を開始した」

写真は、軍事訓練中に撮影された中国人民解放軍の水陸両用装甲車© China Photos

Photo 出典元

ロシア時間8月2日 18:21 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「中国は、ナンシー・ペロシの台湾訪問後、米国の干渉を『断固として阻止する』と宣言し台湾付近で軍事演習を開始した」

日本語解説:WAU

中国メディアは、米国のナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問を受けて、北京は一連の「標的軍事作戦」を開始すると宣言した後、台湾沖で軍事訓練を開始したと報じた。

CCTVは、ペロシが台湾に到着した数時間後に、

中国人民解放軍の戦闘司令部の東部ゾーンは、一貫して台湾島周辺で一連の合同軍事作戦を実施している」

と報じた。

ペロシは、北京が中国の不可欠な一部と見なす領土を訪問しようとすることに対して再三警告を発しているにもかかわらず、火曜日遅くに台北に到着した。

中国国防省の呉謙(Wu Qian)報道官は、

「中国人民解放軍は厳戒態勢にあり、これに対抗するため一連の標的軍事作戦を展開し、国家主権と領土保全を断固として守り、外部からの干渉と『台湾独立』分離主義の試みを断固として阻止する」

と語ったが、それ以上の詳細は明らかにしていない。

別の声明で、中国東部戦区司令部は、台湾沖での合同軍事訓練、台湾海峡での実弾射撃、台湾東方海域でのミサイル発射を発表した。

演習は水曜日未明に開始されたとのこと、次のように中国のCCTVが流した映像が示している。

RIAノーボスチ✔
RIAノーボスチ
⚡️ 中国軍が台湾近海の3海域で演習を開始した

中国のテレビが台湾付近での演習開始の映像を流した
t.me/rian_ru/173094
434.5Kビュー
8月3日 02:45

この「標的軍事作戦」が具体的に何を含むのか、また東部戦域司令部が発表した一連の訓練とは別のものなのかは、すぐには明らかにされなかった。

中国軍の発表では、ペロシの訪問が「中国の主権と領土の完全性」に対する「重大な」侵害であると非難した中国外務省の声明と呼応するものである。

同外務省は、

「台湾海峡の平和と安定を損ない、『台湾独立』を求める分離主義勢力に深刻な誤ったシグナルを送るものだ」

と明記した。

ペロシ氏の台湾訪問は長く不透明で、米政府高官も相反する発言をしていたが、火曜日遅くに台湾に到着した。

台湾は、シンガポール、マレーシア、韓国、日本を含むアジアツアーの公式訪問先には含まれていなかった。

北京は週末、台湾海峡を挟んだ福建省南東部の海岸で実弾演習を行い、この地域での軍事活動の急激な増加をすでに促していた。

米国も台湾付近での軍事的プレゼンスを高めており、空母レーガンは台湾の南東海域を航行中である。

ペロシ米下院議長は台北に着陸した後、

「台湾訪問はワシントンの揺るぎないコミットメントを尊重するものだ。ワシントンの自治領島に対する長年の政策に決して矛盾しない。我々の議会代表団の台湾訪問は、台湾の活気ある民主主義を支援するというアメリカの揺るぎない約束を尊重するものだ」

と初の声明で述べた。


写真は、2022年8月2日(火)、台湾・台北に到着したナンシー・ペロシ米下院議長

Photo 出典元

米国政府高官は、台湾の指導者との話し合いは、

「我々のパートナーへの支持を再確認し、自由で開かれたインド太平洋地域の推進を含む、我々の共通の利益を促進することに焦点を当てる」

と述べた。

中国外務省は、

「この訪問が中米関係の政治的基盤に深刻な影響を与え、中国の主権と領土の完全性を著しく侵害する」

と述べ、

「ペロシ氏の台湾への滞在は台湾海峡の平和と安定を損なう危険な道を歩んでいる」

とワシントンに警告を発した。

ペロシは、米国下院の議長として、20年以上ぶりに台湾を訪問した。

台湾は、正式には中華民国といい、1940年代から自主統治しているが、北京からの独立を正式に宣言したことはない。

一方、ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官は2日未明、

「ロシアは中国と絶対的な連帯をする。ペロシ氏の訪問は『純粋に挑発的』であり、地域の地政学的緊張を悪化させる可能性がある」

と述べている。

以上。

解説者からのコメント: ペロシが台湾訪問を実行した。米民主党が政権を摂ると必ず世界各地で戦争を起こす。ただし、第2次世界大戦後、ほとんど米国の単独戦争はなく、他国を巻き込んで戦っている。ウクライナとロシアの紛争もしかり、中国と台湾との衝突にも、周辺諸国が巻き込まれる可能性が非常に高い。特に今回ペロシのアジアツアーの訪問国は厳重注意ではないだろうか。アメリカ合衆国が関与した戦争一覧(20世紀)

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。