Extra ニュース

「何十億トンもの金とプラチナ。宇宙の富を手に入れるのは誰か」

Photo 出典元CC0 / Willgard /

ロシア時間7月26日09:45 RIAノーボスチ
by ウラジスラフ・ストレコピトフ
Vladislav Strekopytov

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

「何十億トンもの金とプラチナ。宇宙の富を手に入れるのは誰か」

日本語解説:WAU

アメリカのアストロフォージ社は、小惑星からプラチナを抽出する技術の準備ができたと発表し、来年には採掘機を軌道に乗せると発表した。

宇宙での鉱物開発は古くから議論されているが、これまでのプロジェクトで実用化されたものはなかった。

RIAノーボスチは、アメリカ人がパイオニアになるのかどうかを調べてた。

◇貴重な小惑星

天文学者は、太陽系の中に何十万個もの小惑星を発見している。

小惑星は、太陽の周りを惑星とともに公転している小さな天体である。

その数はおよそ200万個と推定されている。

その多くは、火星と木星の軌道の間にあるメインベルトの中にある。

小惑星は地球と同じ物質から形成され、同じ化学元素を持っている。

ただし、地球は重力分化の段階を経て、ニッケル、コバルト、鉄、マンガン、モリブデン、タングステン、金、プラチナなどの重金属のほとんどは核に集中し、地殻上層部にはほとんど存在しない。

一方、小惑星では、すべての元素が比較的均等に分布している。

マススペクトルに属する天体は、太陽系形成の初期に衝突した原始惑星系天体の金属コアの残骸と考えられ、特に貴重な鉱物を豊富に含んでいることが分かっている。


写真は、メインベルト:小惑星帯。中心から太陽、火星、金星、地球、その外側に小惑星帯、トロヤ群、木星がある @CC0 / Mdf

Photo 出典元

マススペクトル・クラスの最大の代表は、小惑星プシケである。

レーダーやスペクトルの研究によると、ほぼ鉄とニッケルで構成されている。

この宇宙体を何とかして地球に届け、加工すると、抽出された鉄の価値だけでも1京ドルにもなる。

さらに、貴金属の含有量は合計で0.5%に達する。質量に換算すると1100億トンの金とプラチノイド(ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、プラチナ)である。

いずれも世界で最も希少かつ高価な原料の一つである。

当然のことながら、プシケは宇宙での採掘の第一のターゲットとして真剣に検討されており、NASAは今後2年以内に探査ミッションを送り込む予定である。


写真は、小惑星プシケ© NASA/JPL-Caltech

Photo 出典元

◇宇宙採掘の第一人者

アストロフォージ社以前にも、アメリカの民間企業が2社、小惑星採掘プロジェクトに携わっていた。

1つ目のプラネタリーリソース社は、2012年4月にその野心的な計画を発表した。

出資者の支援を受け、創業者は地球近傍の全小惑星の組成や軌道パラメータなどのデータベースを購入した。

そして、最も有望なものを見つけるために、小型宇宙望遠鏡の開発が始まった。

1年後の2013年、スパイ衛星や小惑星の破片ハンターから巨大輸送機、宇宙濃縮プラント、燃料補給ステーション、無重力で製品を印刷する3Dプリンターまで、さまざまな複雑さと目的を持った宇宙船を作ることを目的に、ディープスペース・インダストリーズ(DSI)が登場した。

取り出した材料はすべて宇宙でリサイクルし、燃料や建築構造物などの完成品は宇宙で販売するというものだった。


写真は、ディープスペース・インダストリーズ(DSI)の、宇宙での鉱物抽出コンセプト・イメージ© Deep Space Industries

Photo 出典元

2019年初頭、両社はプロジェクトを完了することなく、消滅した。

宇宙採掘に企業が関心を示さなかったのは、ある意味時期尚早だったということが大きいだろう。

しかし、小惑星への飛行は技術的に困難であり、また、輸送コストも高くつくため、投資家は敬遠した。

その状況は、年々変化している。

イーロン・マスクのスペースX社や、ベソスのブルーオリジン社などの企業は、新しい技術的な解決策を提案している。

現在、1キロの貨物を軌道に乗せるコストは、2010年代初頭に比べて10倍も低くなっている。

そして長期的には、さらに一桁下がる可能性がある。

「これが実現すれば、革命が起こる」

と語るのは、ロシアの投資ファンド、オービタ・キャピタル・パートナーズの創設者兼ディレクターのエフゲニー・クズネツォフ氏だ。

彼は、

「膨大な数の産業プロジェクトのためのスペースが確保されることになります。2021年の投資額は2020年に比べて倍増し、本格的な議論が始まっています。アクセシビリティの問題を解決することで、人々は次の段階の資源関連技術への投資を開始することになったのです」

と言う。


写真は、小惑星で採掘された金属から構造物を製造(コンセプト)© Deep Space Industries

Photo 出典元

これを利用したのが、2020年5月まで誰も知らなかったカリフォルニア発のスタートアップ企業、アストロフォージ社の創業者たちである。

公式サイトには、求人情報の一覧以外の情報はない。

分かっているのは、創業者が宇宙工学者のマット・ギアリッチホセ・アカインであることだ。

前者は、ヴァージンオービット社アビオニクスフライトソフトウェアを担当し、電動スクーターを製造するバード社に勤務したこともある。

後者はカリフォルニアのサンタクララ大学で機械工学を学び、NASAでロボットや超小型衛星を設計した後、スペースX社で最初の宇宙船ファルコン9の副主任エンジニアと最初のドラゴン船4隻の主任エンジニアを務めた。

しかし2016年、アカインはエンジニアとしてのキャリアに終止符を打ち、俳優、監督、音楽家として再トレーニングを受け、演劇や映画で演技をしたり、音楽を教えたりしていた。

アストロフォージ社は、リーダーの経歴が異例であり、プロジェクトの技術的側面に関するデータが全く公開されていないにもかかわらず、設立数カ月で1300万ドルのシード資金を調達し、実験室で小惑星の材料を加工してテストを行い、2023年1月に打ち上げられるSpaceX社のファルコン9ロケットに席を確保することができた。

そこにベンチャーキャピタルファンドのイニシャライズド・キャピタルがジェネラルパートナーとして参加した。


写真は、アストロフォージ社の創設者であるマット・ギアリッチ氏とホセ・アカイン氏© Photo from Linkedin pages of Jalic and Akin

Photo 出典元

著者はまだ、そのノウハウが何であるかを明らかにしていない。

「小惑星を丸ごと引きずり出すのではなく、粉砕してその場で濃縮し、貴重な成分だけを地球に戻す」

という採掘原理を簡潔に表現している。

無重力状態での技術を検証するため、採掘機の試験版をキューブサット(重さ200kgの小型衛星)の形で地球低軌道に送り込むと言う。

アストロフォージ社は、すでにイギリスのオービアストロ社と製造契約を結んでいる。

軌道上では、地球から運ばれた鉱石からプラチナを抽出することが期待されている。

注目すべきは、これまで宇宙での開発計画はすべて「水」に焦点が当てられていたことだ。

小惑星の多くには氷があり、これを元素に分離すると、宇宙飛行士が呼吸するための酸素や、ロケットの燃料となる水素を得ることができる。

例えば、プラネタリーリソース社は、2020年までに宇宙初の「燃料基地」を建設することを構想していた。

しかし、その夢が実現することはなかった。

解説者からのコメント: このような記事について解説していく作業は楽しい。疲れない。このサイトでは、ほとんどが政治関係の記事ばかりで、どろどろした勢力争いについて主に書かれている。「世界の動きを知って備える」事を示唆することが目的だが、単純に面白くない。しかし、不安を煽るつもりも全くないし、むしろ、それを消し去る方法の一つとして参考にしてもらいたいだけなのだ。この先、いつか、私たちは、科学的に進歩することに集中し、金、権力なんかより人類にとって重要なミッションに気づく日を目にしたい。

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。