Extra ニュース

「台湾が中国を狙った防空演習を実施」

写真は、2022年7月25日、台湾の台北で行われた万安演習で、地下のシェルターに人々を誘導する台湾人兵士 © AP / Chiang Ying-ying

Photo 出典元

ロシア時間7月日04:46 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「台湾が中国を狙った訓練を実施」

ナンシー・ペロシ米下院議長の訪問を控え、空襲演習を開始

日本語解説:WAU

中国との緊張が高まる中、米国のトップ議員が今後数週間のうちに台湾を訪問する予定であるとの報道がなされ、台湾は中国の侵略を撃退することを目的とした一連の軍事訓練を実施した。

空と海の合同演習、兵士や装甲車の動員など、北京からの攻撃を想定した恒例の「万安演習」が始まった月曜日、島の首都台北では空襲警報のサイレンが鳴り響いた。

この訓練について記者会見した台北市の柯文済(か ぶんてつ)市長は、

「中国の戦闘機が近年、頻繁に台湾に嫌がらせをしている」

と主張した。

北京は台湾を中国の領土の一部とみなしており、台湾の近くで活動することは権利の範囲内であると主張していた。

市長はまた、ウクライナで進行中の敵対行為を挙げ、こう説明した。

「これらのことは、私たちに平時から警戒することの重要性を理解させ、戦争が起こった場合に備える必要がある」

米国当局はまだ日程を確定していないが、ナンシー・ペロシ下院議長は8月のいずれかの時点で台湾を訪問する予定だと報じられている。

台湾と中国の緊張が高まっているため、軍の職員は旅行を控えるよう勧告している。

ペロシ訪台の報道を受け、中国外務省は、

「北京は断固とした強い措置を取る」

と警告したが、その内容については明らかにしなかった。

中国国営の環球時報も、下院議長の訪問は大きな挑発行為とみなされ、米中関係に「重大な影響」を与えるとし、訪問反対を促す社説を多数掲載している。

バイデン米大統領は就任以来、台湾との友好関係を維持し、台湾への武器供与や米軍艦による台湾海峡の通過をほぼ毎月許可しており、中国の怒りを買っている。

今月初め、中国軍は南シナ海で係争中の島々に近づきすぎたアメリカの誘導ミサイル駆逐艦を追い払ったと主張し、両軍の間で最新の衝突があった。

解説者からのコメント: 民主党下院議長の台湾訪問が実現すれば、8月以降、本格的な米中の衝突は避けられないだろう。これまであらゆる警告をしてきた中国に対し、民主主義の旗の元、中国を挑発してきたアメリカ。11月の中間選挙に向け、世界を分裂の道筋に加速させるのか。

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。

記事へのご意見ご感想お待ちしてます。コメントは↓

日本語解説について

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。