Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「アラブの石油王たちはアメリカを破壊する準備ができている」

写真は、サウジアラビアのラスアルカイール港に停泊中の石油タンカー © AFP 2022 / Giuseppe Cacace

Photo 出典元

ロシア時間3月21日 08:00 RIAノーボスチ
by セルゲイ・サヴチュクСергей Савчук

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。

2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

日本語解説:WAU

「アラブの石油王たちはアメリカを破壊する準備ができている」

「一般の観察者には全く気づかれないことが多いが、現在、ウクライナで起きていることは、地殻変動のプロセスを反映した広大な地政学的モザイクの一部に過ぎない」

と、ロシアの政治、経済評論家、作家兼コメンテーターのセルゲイ・サヴチュク氏は言います。

以下に、ウクライナ危機を引き金に、「アメリカの完全な独裁による一極世界の終焉」を診る、セルゲイ・サヴチュク氏による分析を紹介します。

「ロケット弾の轟音や大砲の音よりも、静かな高台で起きている出来事の方がはるかに重要であることがよくあります。

先週金曜日(3月18日)、シリアのアサド大統領がアラブ首長国連邦の首都アブダビに到着しました。

3つの重要なポストを持つムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームは、アラブ首長国連邦の副大統領、兼首相としてアサド氏を歓迎しました。

アール・マクトゥム氏は国防相も兼任しているが、そんな高貴な人物のオフィスの椅子の背もたれの高さには、もっと興味深い事実が隠されているのです。

マクトゥム氏のもう一つの役職である、アラブ首長国連邦(UAE)におけるトランスナショナル・プロジェクトの開発と同国への投資誘致を先駆的に推進した人物として、母国では相応の名声を得ています。

例えば、エミレーツ航空の設立や、設立からわずか6年で世界第3位の国際港湾運営会社となった港湾運営会社DPワールドの設立などが挙げられます。

世界的に有名な超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の建設は、マクトゥーム氏の参加なくしてはあり得ませんでした。


Photo 出典元 by Donaldytong – commons:File:Burj Khalifa.jpg.

アサド大統領のUAE訪問は歴史的なこと

シリア・アラブ共和国で外部からの大規模な抗議活動が発生し、後に長引く流血のシリア内戦に発展した2011年以来、シリア人とUAE代表とのハイレベルな会談は行われていませんでした。

会談後、シェイク・アール・マクトゥーム氏は、

『首長国連邦は2つのアラブ諸国の正常な関係の回復に極めて関心があり、平和の確立を歓迎し、2011年にUAEと他の中東における米国の同盟国が直接介入せず、またアサド政権打倒の試みに反対しなかったシリアが追放されたアラブ連盟に戻ることを推奨する』

と宣言しました。

即座に米国務省はこの会談を非難しました。


写真は、3月18日に行われたシリアのアサド大統領とUAE代表アール・マクトゥーム氏の会談後に様子 via AFP

Photo 出典元

2週間前、つまりロシアの特別作戦開始から1週間後、アラブ首長国連邦とサウジアラビアは方針を揃え米国の原油増産依頼を拒否しました。

バイデン政権が発動した対ロシア制裁戦争が、米国内での記録的なインフレと燃料価格の上昇を招いたことを想い起してください。

ここで注目すべきは、拒否の事実ではなく、その形です。

サウジアラビアムハンマド・ビン・サルマン皇太子とUAEのシェイク・ムハンマド・ビン・ザイド氏は、ジョー・バイデンと電話でさえ話すことを拒否しました。

政府による外交の世界では、規定が厳格に守られ、戦争中の国同士の代表であっても、際立って礼儀正しく握手するものだが、これは公然と平手打ちされるに等しいのです。

ホワイトハウスが国民の不満の高まりを抑えようと急いだのはよく理解できるが、バイデンは、3億2900万人の人口に対し、2億8400万台の自動車が公式に登録されている、地球上で最も自動車消費量の多い国の責任者です。

そして、1ガロン4ドル、5ドルという記録的な米国のガソリン価格は、まったく予想通りの結果を招いたのです。

御用政治アナリストは、バイデン氏と民主党を国民の支持率を42%で無理強いに描いています。

一方、CNNアメリカが行った独立した世論調査によって、バイデンは史上最低の支持率を持つ大統領であることが世界に知れ渡りました。

現職の国家元首の政策や業績を肯定する回答者は36%に過ぎなかったのです。

サウジと首長国の代表がバイデンの要求を拒否したのは、

第一に

「アメリカの予備のガスタンク」

という役割が、彼らにとって重く、すでにかなり明確にのしかかっていることを示しています。

これは、米国政府が全面的な軍事支援と保護を約束する見返りに、アラブに対して自主的かつ強制的に課してきた国家間関係のパターンです。

しかし、

アフガニスタンでのアメリカの作戦の大失敗、イエメンでの紛争の解決の失敗、そして、ウクライナに武器を何年も供給しながら肝心なときにそれを放棄してロシアと対立させるという現在の前例は、明らかに石油資源の豊富なアラブの人々の気分を変えてしまったのです。

第二に、

サウジアラビアとUAEによる示威行動は、アメリカが世界の石油市場に対する影響力が、実際に命令することができたときから大幅に薄れていることを示しています。

米国は現在、日量1,860万バレルで世界の生産量の20%を占める世界一の石油生産国です。

しかし、そのすぐ後ろにはサウジアラビア(12%)、ロシア(11%)が続き、UAEとイランはそれぞれ7位と9位にランクされています。

ドバイもアブダビも、バイデンの支持ランキングを守るために、世界の石油生産と輸出の半分を支配するOPECOPEC+のカルテル内の関係を犠牲にしようとは考えていないのです。

アラブの立場は、完全に論理的で合理的

新型コロナの第一波の時だけ、通常の供給スキームが崩壊し、サウジアラビアは、様々な推定によると、200〜250億ドルに達する直接の損失を被りました。

このような背景の中、もう一つ非常に重要なシグナルがあります。

ちょうど1週間前にサウジと中国の交渉が行われ、石油取引におけるドル決済からの脱却が主な議題となりました。

最新の数字では、サウジアラビアは1日1100万バレルの石油を生産しており、その4分の1は中国に供給されています。

同時に、口座決済(その他の流動的なブラックゴールド取引の75%)をペトロダラーで行っています。

ペトロダラー(petrodollar)とは、燃料のガソリン(petrol)のことで、これを表す言葉として古くから使われてきました。

石油貿易の規模は年間14兆ドルと推定され、世界の外貨準備高は8兆ドル、うち7.1兆ドルは米国通貨建てです。

ユーロは2.5兆、英国ポンドは0.6兆、中国元は0.2兆と控えめです。

ペトロダラーからの脱却は、人民元の重要性を高め、その通貨量も同様に急増させます。

簡単に言えば、全世界が米国通貨の価値と重要性を維持するために働かなくなり、現在の無秩序に近い米国紙幣の印刷は、結果的にあるべき姿、つまりハイパーインフレを引き起こすことになるのです。

これは、生活費として市民の足を引っ張り、主要なカテゴリーの商品、燃料、エネルギー、サービスの価格を連鎖的に上昇させることになります。

誤解を恐れずに言えば、産油国は中国政府にばかり近寄っているわけではなく、この1カ月間だけでも、ロシア外相はIAEAのトップや、炭化水素市場のもう一つの重要なプレーヤーであるカタールのカウンターパートと会談しています。

同時に、セルゲイ・ショイグ国防相がシリアの首都ダマスカスを訪問し、バッシャール・アル・アサド大統領と直接会談を行ったので、そこから今日の話が始まるのです。

ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相

Photo 出典元

シリアは2011年以前は日量50万バレルの石油を生産しており、現在ではその基幹産業があらゆる支援を受けられることを示唆しています。

ウクライナで起きていることは、世界的なプロセスの反響に過ぎません。

中国は極めて明白な親露中立の立場をとり、アラブ産油国の米国への反撃と言う現象は、

『アメリカの完全な独裁による一極世界の終焉』

を、ロシアや中国政府だけでなく、世界が辟易として診ていることを示唆しています。

そして、それはかなり控えめな表現なのです。

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。

以上。

スポンサー広告
最新のAI技術で思い出の動画をアップスケーリングします。
映像をお送りいただくだけで、高画質に変換します。
映像アップスケーリングサービス【picmo】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。