Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「ロシア、英国最大の攻撃を開始」

Photo 出典元© AFP 2022 / Daniel Leal

ロシア時間6月21日08:12 RIAノーボスチ
by ウラジミール・コルニロフ
Vladimir Kornilov

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「ロシア、英国最大の攻撃を開始」

日本語解説:WAU

21日、火曜日の時点で、ロシアはイギリスの解体を始めている。

少なくとも、ウクライナのことを一瞬忘れて、今日、その日に始まる予定のストライキを主に報道しているイギリスのメディアを読んで、そう結論づけることができるだろう。

このストライキは、すでに「過去一世代で最大のもの」と呼ばれている。

このストライキは、頭文字をとってRMTと呼ばれる英国の主要な鉄道・海運・運送労働者の組合が始めたものである。

もともとは、6月に祝われた女王のプラチナジュビリー(在位70年)のためにロンドンで計画されたものだ。

一般市民が祝典のために全国から首都を訪れるため、主催者は祝典の期間中、ロンドンに乗り入れている地下鉄と一部の鉄道路線を停止することを計画していたのである。

しかし、結局、各方面からの非愛国的な非難にさらされ、ストライキは数週間延期されることになった。

ホリデーシーズンの真っ只中、英国人はすでに飛行機の大量欠航や空港での大混乱に直面しているが、鉄道労働者は行動を起こすことにした。

ストライキは、火、木、土の隔日で行われるという、極めて斬新な形式だ。

このストライキの期限は、賃金の引き上げや輸送機関の上司が「従業員をいじめる政策」をやめることなど、ストライキ参加者の主な要求が満たされるまでである。

RMTはすでに、今年のクリスマスまでストライキを行うことを義務づけているという。

発表されたストライキの予定表から判断すると、英国の通勤者を待ち受ける問題の規模は大きい。

一部の路線は完全に停止する予定だが、ほとんどの路線は1日1本か2本の運行となる。

ロンドンの地下鉄が文字通り封鎖される。

この計画が実現すれば、英国の鉄道・地下鉄労働者によるストライキは、6週間のストライキの末に8.8%の賃上げが合意された1989年以来、最大規模となる。

そのため、政府はすでに労働争議に介入する計画を立てており、最も厳しい、最も抜本的な対策も含まれている。

グラント・シャップス運輸相(かつて保守党党首だった)は、「国を人質にしてはならない」と述べ、抗議労働者の代わりに臨時労働者を雇う雇用者の権利を拡大する法改正を容認した。

さらに、ストライキの計画を知った政府は、公共での抗議活動を犯罪とし、デモ参加者に対する警察の権利を大幅に拡大する公序良俗法の草案を国会に提出した。

グラント・シャップス運輸相

Photo 出典元

ストライキだけでなく、大規模な街頭抗議行動も準備されていることは一目瞭然だ。

鉄道労働者が始めたストライキが徐々に勢いを増し、始まる前から拡大しているのだから、当然である。

ブリティッシュ・エアウェイズの社員がストライキの用意があることを示唆した。

記録的なインフレのため、数十万人の組合員からなる英国の2大教員組合は、12%の賃上げを要求し、運輸労働者のストライキに参加することを決定した。

医師と看護師はインフレ率を上回る賃上げを要求しており、政府が要求を拒否した場合は仕事を止めるとも脅している。

地方公共団体の職員や刑事事件の弁護士なども同じように声明を発表している。

このため、鉄道労働者のストライキは、1926年以来のゼネストのレベルまでエスカレートする可能性がある。

ボリス・ジョンソン政権は、公務員の給与をこれほど大幅に引き上げる資金がないと手を挙げている。

もし英国政府がウクライナに軍事援助やその他の援助をするために何十億ポンドも調達できるなら、なぜその資金の一部を地元の問題に振り向けることができないのか、という修辞的な質問がすぐに出てくる。

首相自身は、怒れる有権者や党派から緊急に身を隠せる場所としてウクライナを選んだようだ。

ジョンソン氏のウクライナ訪問は、英国の選挙制度における政党の勢力図から見て重要な地域である北部イングランド保守党の党大会に出席する予定が、この週末に急遽変更されたものである。

この地域は、いわゆる「赤い壁」に長く属しており、労働党が伝統的に勝利してきた地域と同じである。

この10年間、保守党はまさにこうした地域を占拠し、権力の座を固めることができたのだ。

そして、ジョンソン氏が欠席した会議そのものも、西ヨークシャー州ウェークフィールド郡の議会補欠選挙の前夜に開かれた最終会議という、非常に重要なものだった。

そこでは1930年代から労働党だけが常に勝利していたが、今回2019年の選挙でその議席は保守党のイムラン・カーン激戦の末に初勝利を収めた。

その後、セックス・スキャンダルが発覚し、この春に辞任に追い込まれた。

世論調査では、6月23日の予備選挙で労働党が同選挙区を奪還すると見られている。

しかし、保守党にとっては、少なくとも、かつての「赤い壁」の選挙区に連鎖反応を起こさないように、大敗を免れることが非常に重要である。

しかし、この時、ジョンソンはいきなりウクライナに行き、支持者を罠にハメたのだ

首相と対話することを望んでいる保守党の献金者の反応は当然である。

一人が残念そうに言った。

「ウクライナでの彼の存在を評価し、重要視しているが、問題はそのタイミングだ。首相は別の機会に行う事ができた」

しかし、ストライキの波が近づくと、少なくともイギリスの労働者の怒りを買った問題について、ジョンソンの声明が求められるようになってきた。

英国労働党のキーア・スターマー党首は、首相が国内危機の解決から自己中心的になっていることを露骨に非難し、

「問題は首相にある。なぜ、これらの問題を解決するために指一本動かさないの。」

と述べた。

キーア・スターマー党首

Photo 出典元

これに対してジョンソン氏は、ウクライナの血を犠牲にしてロシアを倒すという内容の長文の記事をサンデー・タイムズに寄稿した。

これから始まるストライキについては、一言も触れていない。

英国の首相にとって、ウクライナは同胞よりも重要な存在であるという印象だ。

しかし、ロシアと何の関係があるのか?

英国の公務員のストライキはどこまで進んでいるのだろうか。

かつて、英国で大規模なストライキが行われた時、ソ連全土でストライキ資金を支援するためにお金が集められたことがあった。

今は全く関係ありえない。

しかし、今の英国のマスコミは、自分たちの内部問題に「ロシアの干渉」の痕跡を見つけなければ、一人前とは言えないのだろう。

もちろん、今回の攻撃を準備したのはロシアだと非難されることもどうかしている。

いずれにせよ、すでに保守系マスコミ全体が、RMTの英国のリーダーを、

「クレムリンの役に立つ馬鹿者」「ロシアのエージェント」「プーチンの詫び状」

などとレッテルを貼っているのである。

デイリー・メール紙」は、組合主義者の意図を、ほとんどロシアが女王のプラチナ・ジュビリーを妨害しようとしたものだとさえ紹介している。

その証拠に、RMTの幹部の写真を何枚も引用している。

その中の一人が、ソ連のコッカード帽章をつけた耳あて帽を被って市場でポーズをとっていた。

モスクワの土産物屋を訪れる欧米人観光客は、これを根拠に「クレムリンのエージェント」に分類される。

別の労働組合リーダーは、ハンマーと鎌を持った赤い旗を背に撮影された。

主な「証拠」は、2015年にRMT事務局次長エディ・デンプシーがドンバス紛争地帯を訪れ、そこでルガンスク軍閥の一人アレクセイ・モズゴフと撮った写真であった。

タイムズ紙は、ウクライナのナチスの行為に反対する集会で黒とオレンジのリボンをつけていたRMTの一部のリーダーを非難した。

同紙は、リボンそのものが「ロシア軍の勇気の象徴」であるため、その着用は非難されるべきものであるとしている。

タイムズ紙は、ウクライナ政府がナチスの大隊を創設し維持したのは「ロシアのプロパガンダをごまかすため」だとする一部の「専門家」の発言を引用した。

クレムリンがこの人たちを、

「役に立つバカ、つまり無意識のうちにプロパガンダの指揮者として使っている可能性は十分にある」

とロンドン大学のベン・ノーブル准教授の意見を引用した。

これらの出版物をもとに、英国議会の議員たちは「これは非常に深刻だ」と次のように結論付けている。

「ロシアに同調するプーチン擁護派、労働党の沈黙を買うほど資金提供する過激な共産主義者によって、この国は石を投げつけられたようなものだ。

そんなことは許されない。

このストライキには不吉な要素がある」

ゲッペルスの精神に基づいて作成されたこのような素朴な記事や声明によって、イギリス人は、ストライキ参加者はまともな賃金を得たい、文字通り世界のあらゆるものの価格の高騰(これもロシアのせいだと言われている)を何とか補いたいという欲求によってではなく、イギリスを弱めて崩そうとするロシアとその「潜伏工作員」の悪意ある願望によって動いていると信じるようになったのだ。

そこで、火曜日からロシアはその陰湿な計画を実行に移し始める。

ロシアのプーチン大統領は先日、サンクトペテルブルク経済フォーラムで講演し、

「プーチンは西側に対するインフレを起こしている」

という絶え間ない主張について、

「私は、これを見たとき、このナンセンスは誰に向かっているのだろうと考え続けました。読み書きができない人、また、英国の労働者や従業員の問題をロシアのせいにしたい人たちが、自分たちの組合の行動に『クレムリンの不吉な陰謀』を見出そうとするレベルも想像できる。ウクライナのナチス支援ではなく、国民の社会水準の向上に資金を振り向ければ、英国の問題の多くは解決する、と英国当局に言いたい」

と述べた。

以上。

スポンサー広告

想いと美味しさで笑顔と感動を山梨から【Inakakara -Farm to Table-】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。