Extra ニュース

ロシア・トゥデイ(RT) 「ウクライナのEU加盟候補国入りの時期が明らかに」

写真は、ジョゼップ・ボレルEU外務・安全保障政策上級代表 ©Nicolas Economou / NurPhoto via Getty Images

Photo 出典元

ロシア時間6月22日 07:50 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)について」

ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。 2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています。

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう(フェイクニュースも少なくありません)。

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する 国のニュースソースを全面的に解説しています。

「ウクライナのEU加盟候補国入りの時期が明らかに」

今週中にもウクライナに加盟候補国入りの可能性、EUトップ外交官が期待

日本語解説:WAU

EUのジョゼップ・ボレル外交政策委員長は、今週末に同国がEU加盟候補国としての地位を提供されることを希望すると述べ、そうした動きを 「歴史的」と称した。

この発言は、火曜日にウクライナのドミーティ・クレバ外相と、ウクライナとロシアとの対立に関するブリーフィングを行った後のことである。

ボレル氏はツイートの中で、

「必要な限りウクライナに対するEUの揺るぎない支持を表明する」

と述べている。

欧州理事会は木曜日と金曜日にブリュッセルで開催される首脳会議で、ウクライナとモルドバグルジアの立候補を検討することになっている。

ウクライナは何年も前からEU加盟を目指しており、憲法にもその意向を明記しており、ロシアがウクライナに対して攻撃を開始して以来、統合の要請は再活性化されている。

ウクライナの政府関係者は、自国を「ロシアの侵略」から守ったのだから、欧州経済圏の正式メンバーになるに値すると主張している。

先週、ドイツ、フランス、イタリア、ルーマニアの首脳がキエフを訪れ、ウクライナの加盟候補国入りを支持する意向を表明し、EU委員会もそれを承認した。

しかし、この措置は必ずしも完全加盟につながるとは限らない。

トルコは1987年、EUの前身である欧州経済共同体(EEC)への加盟を申請して以来、候補国のままとなっている。

ウクライナは、法治、汚職、犯罪、政治的自由など深刻な問題を抱えており、まだ準備が整っていないと懐疑的な意見もある。

一方、ロシアは、ウクライナのEU加盟の可能性に対する態度について、複雑なメッセージを送っている。

ロシア政府は以前、ウクライナ政府が地域の経済統合ではなく、世界の軍事問題への関与を強めていると非難したが、今週、プーチン大統領は、ロシアは異議を唱えないだろうと述べている。

ロシアは今年2月下旬、ウクライナが2014年に初めて締結されたミンスク協定の条件を履行しなかったとして、最終的にドンバス共和国であるドネツクとルガンスクを承認したことを受けて、ウクライナを攻撃した。

ドイツとフランスが仲介した議定書は、ウクライナ国家内での同地域に特別な地位を与えることを目的としたものであった。

ロシア政府はそれ以来、ウクライナは中立国であり、米国主導のNATO軍事圏には決して参加しないことを公式に宣言するよう要求している。

ウクライナ政府は、ロシアの攻撃は完全に無謀であると主張し、武力による2つの共和国の奪還を計画しているとの主張を否定している。

以上。

スポンサー広告
ジェラート職人が作る本物のジェラート

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事に関するご感想などありましたら、下のコメント欄からお気軽にお寄せください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。