Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「ロシアはフィンランドとスウェーデンのNATO加盟を安易に受け入れることはない」

写真は、フィンランドのサナ・マリン首相とスウェーデンのマグダレナ・アンデルソン首相がヘルシンキで会談した時の模様。

Photo 出典元 @yahoo news

ロシア時間5月16日09:48 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「ロシアはフィンランドとスウェーデンのNATO加盟を安易に受け入れることはない」

日本語解説:WAU

5月16日 – ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、ロシアはフィンランドとスウェーデンのNATO加盟を安易に受け入れることはないと述べ、西側に幻想を抱かせないよう促した。

「今後、軍事的緊張の全体的なレベルは上昇し、この分野での予測できる可能性は低くなるだろう。このような状況下で何をすべきかという考えのために、常識が犠牲になるのは残念なことだ」

とリャブコフ氏は強調し、今回の事態はスウェーデンとフィンランドの当局が犯した過ちであり、その影響は広範囲に及んでいると明言した。

セルゲイ・リャブコフ外務副大臣

Photo 出典元

このことは、これらの国の意思決定者のレベルを示しているとして、

「我々は、この状況を全体として見ている。もちろん、状況は根本的に変化している。最近、さまざまなレベルで私たちの側からコメントが出されている。

これらはすべて、西側諸国、特に北欧諸国の政治的に形成されたサークルが、世界で起こっていることについて完全に誤った、歪んだ認識を持っていることの反映である。

この決定によって、フィンランドだけでなくスウェーデンの安全保障が強化されないことは、我々にとって絶対的に明らかだ」

として、リャブコフ氏は次のように続けた。

「NATOの全体的な構成が変わった後、ロシアが具体的にどのように自国の安全を確保するかは、別の問題である。ロシアの決断は、両国によるNATO北大西洋同盟への加盟の具体的な結果によって決まるだろう」

15日、スウェーデンの与党・社会民主党はNATO加盟を申請する決定を発表した。

承認された場合、スウェーデン政府は核兵器と軍事基地の配備に反対することが明示されている。

マグダレーナ・アンデルソン首相は、NATOへの加盟は国家とスウェーデン国民の安全保障にプラスの影響を与えると指摘している。

フィンランドも日曜日、NATOに加盟することを正式に決定した。

報道によると、両国は同時に申請書を送付するという。

フィンランドとスウェーデン政府は、ウクライナの非武装化と非ナチ化を目的としたロシアの特別軍事作戦が始まった後、長年の中立をあきらめ、NATOに加盟する可能性について話し始めた。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、フィンランドとスウェーデンが仲間になることは喜ばしいことであり、迅速に加盟できるようにすると述べている。

ロシアは、NATOが対立を目的としていることを繰り返し指摘してきた。

ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、

「同盟のさらなる拡大は欧州にさらなる安全保障をもたらすことはない」

と述べ、同時に、

「ロシア政府はスウェーデンとフィンランドのNATO加盟がロシアにとって存立の危機とは考えていない」

と指摘した。

プーチン大統領は、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領と会談した際、フィンランドの安全保障を脅かすものは存在しないため、軍事的中立を放棄することは誤りであると述べている。

また、プーチン氏は、

「フィンランドの外交政策を変更することは、長年にわたり善き隣人として協力の精神で築かれてきたロシアとフィンランドの関係にマイナスの影響を与えかねない」

と指摘していた。

以上。

スポンサー広告
おいしい味はそのまま、飲める炭のパワー!【まっくろの素】

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。