Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「ローマ法王:NATOがロシアの国境で武力を拡大する行為が、紛争とプーチンの反応を引き起こしたことを否定しない」

Photo 出典元 © AP Photo / Andrew Medichini

ロシア時間5月5日08:00 RIAノーボスチ
by ピーター・アコポフ
Петр Акопов

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「ローマ法王:NATOがロシアの国境で武力を拡大する行為が、紛争とプーチンの反応を引き起こしたことを否定しない」

日本語解説:WAU

ローマ教皇フランシスコは、欧米諸国によるウクライナへの武器供給に疑問を呈し、

「NATOがロシアの国境で武力を拡大する行為が、紛争とプーチンの反応を引き起こしたことを否定しない」

と述べた。

教皇はコリエレ・デラ・セラ紙のインタビューでその発言をし、欧米諸国を驚かせた。

教皇は、NATOがロシアの国境を脅かすことで、クレムリンの支配者が悪い方向に反応し、紛争に突入することを確信したのかもしれない。

この紛争は意図的に引き起こされたものなのか、私はよくそう自問自答します。

しかし、その怒りの矛先を明らかに手助けした人物がいる。

12億人の信者を抱えるカトリック世界のトップが、突然ロシアを支持することになったわけではない、もちろん、そんなことはない。

フランシスコ教皇は戦争を非難し、モスクワに行きロシア大統領に軍隊を止めるよう説得したいとさえ言っている。

しかし、教皇がロシアを非難することは、同時に欧米を非難することでもある。

これは、ロシアの孤立だけでなく、ロシアの敗北を達成すことを宣言したアングロサクソンの指導者の利益には全くならないことでもある。

特に、歴史上初めて、米国指導部の3つの最高ポストのうち、バイデンとナンシー・ペロシ下院議長の2つがカトリック教徒によって占められているのだから。

彼らが本当に敬虔で勤勉なカトリック教徒であるかという問題ではなく、公には常にフランシスコ法王の高い権威を認めてきたという事実である。

そして、カトリック教会のトップが、ロシアを孤立させることに賛成していないだけでなく、紛争の責任の少なくとも一部を欧米自体に押し付けていることが判明したのだ。

バチカンもフランシスコ教皇も、アングロサクソン的なグローバリゼーションを支持しなくなって久しい

カトリック教会には独自の普遍的なプロジェクトがあり、アングロサクソンのプロジェクトはプロテスタントメシアニズムから発展し、フランス革命以降、カトリックをうまく追い出してきたのである。

特に第二次世界大戦後、バチカンの立場が急速に弱まっている欧米諸国を中心に広がった。

カトリックはやがてプロテスタントではなく、あらゆる宗教的価値の否定と新しいスーパーマンの崇拝を掲げた反キリスト教的なポストヒューマニズムに取って代わられることになる。

フランシスコ教皇が常に「自由市場」を批判し、市場資本主義の「魔法の理論」は失敗したと述べ、少数者を富ませ貧困を永続させる現在の経済システムではなく、公正な経済関係のシステムを構築するよう求めているのは偶然の一致ではない。

教皇はまた、西洋人は自分たちが優れており、他の国や文明を教え、罰する権利があるという信念を持ち、新たな「十字軍」を組織していることを嫌っている。

そして、その立場を確認するために、フランシスコ教皇は昨年8月のスペインのラジオ局Cadena COPEとのインタビューで自分の好きな言葉で次のように引用している。

「歴史的、国家的、宗教的な特殊性を考慮せず、他民族の伝統を完全に無視して、外国の価値観を押し付け、外国のモデルに従って他国に民主主義を建設しようとする無責任な政策は止めなければなりません」

ローマ法王が、「世界で最も偉大な政治家の一人」と呼ぶアンゲラ・メルケル首相の言葉であり、米国がアフガニスタンから撤退した後の世界情勢に対する姿勢も反映していると述べたのだ(この点について質問されたのである)。

ただし、この言葉を最初の発したのはメルケル首相ではなく、モスクワで彼女をもてなしたプーチン大統領であることを除けば、この引用は実に良い。しかも、アフガニスタンについてだけでなく、何度も引用している。

しかし、アングロサクソンのグローバリゼーションに対するバチカンとモスクワの態度は、見かけよりも緊密であり、しかもそれだけではない。

カトリックと正教会は、何千年もの間、その違いや相違のために、その時代にはカトリック西側が「正教会の分裂主義者」を拒絶していたが、今では多くの点で同盟関係にある。

なぜなら、宗教と家族、伝統的な生き方、人類の正義と多様性を守るからである。

イエズス会のベルゴリオ(教皇フランシスコ)は、人類の文明の複雑さと多様性を繁栄させる擁護者なのだろうか。

そう、逆説的に見えるかもしれないが、完全な人間性を奪う計画を覆い隠す「自由と民主主義」という言葉で、唯一の真の教義を掲げる勢力(グローバリスト)との対決において、バチカンは必然的に神聖ローマと同じバリケードの側に立つことになる。

これは歴史の妙なのか?

いや、昨日までの不倶戴天の敵同士が、その違いを乗り越えて、迫り来る世界の破滅を共に食い止めるという新展開なのだ。

以上。

スポンサー広告
革新的ニット素材シューズの+F+(エフ)

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。