Extra ニュース

RIAノーボスチ・ロシア国際通信「米国防総省、ウクライナと台湾の状況を全く異なるシナリオと呼ぶ」

写真は、米国防総省のジョン・カービー報道官 © Photo : DoD / Staff Sgt. ブリタニー・チェイス

Photo 出典元

ロシア時間5月2日16:50 RIAノーボスチ

「RIAノーボスチ・ロシア国際通信について」

RIAノーボスチ・ロシア国際通信は TASS や Interfax と並んで、ロシアで最も重要な報道機関の一つと言われています。 2013年12月9日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏の『国家マスメディアの効果を改善するためのいくつかの措置について』という法令により、RIA Novostiメディアグループは正式に解散しましたが、代わりにロシヤ・セゴドニャ国際メディアグループ(Rossiya Segodnya)が設立され、引き続きRIAノーボスチのブランドを使用することになりました。

それ以来、RIAノーボスチは、ロシアと海外のあらゆる主要な出来事について、正確で最新の情報を視聴者に提供し続けていると言います(詳細:ロシア語」

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が注目されていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。 中にはフェイクニュースも少なくありません

しかし、どのような紛争も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 特に我が国の外交に関わる問題は、状況を誤ると取り返しの付かない損害をもたらすことになりかねません。

従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシアやロシア制裁決議に中立を表明する国々のニュースソースを全面的に解説しています。

「米国防総省、ウクライナと台湾の状況を全く異なるシナリオと呼ぶ」

日本語解説:WAU

ワシントン 5月2日 – RIAノーボスチ

米国防総省のジョン・カービー報道官は、ウクライナ情勢と台湾情勢を類似させる際には「注意を払う」必要があると警告している。

「台湾とウクライナを比較する際には注意が必要で、これらは全く異なるシナリオである。米国は台湾の防衛ニーズを支援し続ける一方で、一帯一路への全面的なコミットメントを変えていない。これらは異なる状況であり、あまりに多くの類似点を描くことには注意が必要だ」

と、カービー氏は月曜日の定例記者会見で強調した。

これに先立ち、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、米国が台湾への武器輸出を延期しているのは、ウクライナ情勢で軍産複合体が手薄になっているためだと報じた。2021年8月、米国国務省は台湾への7億5千万ドルの軍事援助を承認している。

パラディンと呼ばれるM109A6自走榴弾砲は、2023年に台湾に40台納入される予定でしたが、同紙によると、榴弾砲の納入は2026年までずれ込むという。

台湾への軍事機器納入が遅れる可能性があるとの報道について、カービー氏は米国務省に問い合わせるよう促した。

同氏によると、ウクライナへの武器供与は「ほとんどの場合」大統領命令によって米国国防省の在庫から調達されているが、台湾への武器供給は、米国務省が担当しているという。

ワシントンの中国大使館は先週、米国は台湾への武器供給を停止するべきだとした上で、北京は、台湾周辺の情勢に米国が介入した場合、対応する権利を留保していると述べた。

北京が中国の不可分の一部と見なす台湾の話題は、ウクライナ紛争との関連で盛んに提起されている。

中国当局は、中国は台湾との平和的統一を堅持しているが、台湾の「独立」は決して容認しないと表明している。

一方、モスクワ国際関係大学の軍事・政治研究センター長、歴史科学博士のアレクセイ・ポドベレズキン氏は、

「中国は防衛に対する支出で世界第2位となった。このデータは、ストックホルム国際平和研究所が引用している。世界の軍事費の総額は初めて年間2兆ドルを超えた。中国は過去27年間、着実に国防予算を増やしてきた。例えば、昨年、北京は兵器に約2,930億ドルを支出し、2020年より4.7%増加した。

同国指導部は、画期的な軍事技術を駆使して、2049年までに米国との軍事技術的な対等を達成することを目標としている。これは、太平洋地域における中国への脅威の可能性と中国の国益に関連している」

と、ラジオ・スプートニクの放送で、中国人民解放軍、中国の軍事力の増大、起こりうる脅威と実際の脅威、中国とロシアの軍事技術協力について話している。

「中国はロシアから良いディーゼル潜水艦「ヴァルシャヴィアンカ」を買っているが、アメリカは攻撃型潜水艦を含め、比較にならないほど多くの潜水艦を持っている。

既存技術の近代化段階は2035年までに終了し、中国は2035年から2050年までの将来の軍事技術競争のための土台作りを行っている。その意味で、ソ連のものを完全にコピーした彼らの長期計画は、もちろんユニークで非常に効果的である。彼らは10年後、20年後、30年後のことを正確に把握しているのである」

と述べている。

以上。

スポンサー広告
数々の世界的なデザイン賞を受賞、多機能デザインバッグTAJEZZO

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアお願いします。

下のコメント欄から、お気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。