Extra ニュース

ロシア・トゥデイ・ニュース「ロシア、ウクライナでの軍事部隊の死傷者数を明らかにし、欧米NATOの偽善を非難」

Photo 出典元 ロシア兵 © RIA/Mikhail Voskresenskiy

ロシア時間3月2日 16:49 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。

2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています」

日本語解説:WAU

「ロシア、ウクライナでの軍事部隊の死傷者数を明らかにし、欧米NATOの偽善を非難」

ロシア国防省が明らかにしたところによると、攻勢が続く中、500人近くのロシア兵が死亡している

水曜日、ウクライナへの攻撃が続行している中、約498人のロシア軍人が死亡し、約1,600人が負傷したと、ロシア軍が発表したとロシア・トゥデイ(RT)が報じています。

ロシア国防省は、「無数の」死傷者が出ているとの嘘報道に反論し、敵国からの意図的な偽情報であると主張しています。

ロシア軍の推定によると、ウクライナ軍部隊と極右準軍事組織が少なくとも2870人の兵士が死亡し、さらに3700人がさまざまな傷を負っており、また、約572人のウクライナ人兵士が捕虜になった模様です。

また、ロシア軍の攻撃部隊は職業軍人だけで構成されているとロシア軍は言い、西側メディアによる、侵攻軍の大部分が「徴兵」で構成されているという「疑惑」に反論しています。

侵攻開始以来5,800人以上のロシア兵が死亡したとするウクライナ政府の発表と、ロシア政府が発表した公式の死傷者数は大きく異なっています。

ロシア政府は先週、ウクライナ東部のドネツクルガンスクの分離独立共和国を守るために残された唯一の選択肢だと主張して、ウクライナに対する攻撃を開始しました。

ロシアの軍事作戦に表明された目標の一つは、ウクライナにおける「脱ナチス」「非武装化」とされています。

ウクライナ政府は武力による分離独立共和国の奪還を否定しており、ロシアの攻撃はいわれのないものだと主張していますが、ドネツクとルガンスクは2014年、民主的に選出された政府を追放した「マイダン事件」を受けて、ウクライナから分離しました。

ロシアは侵攻に先立ち、この2つの共和国を独立国家として正式に承認しています。

一方、ウクライナへのロシアの侵攻をめぐり、欧米諸国はロシアに対して極端な姿勢をとっているとして、

「この反応は、米国が主導した海外での戦争が、それに値する懲罰的な反応を受けたことがないことを考えると、高度な偽善を露呈していることになる」

と、アメリカ人作家の、ロバート・ブリッジ氏は述べています。

同氏は、

米国とNATOは、戦争を始めることで制裁を受けたことはない。なぜなのか?ロシアのウクライナ攻撃への反応は、どう考えても西側のダブルスタンダードを露呈している

と題し、ロシア・トゥデイ(RT)に、次のような論説を書いています。

「ウクライナでの出来事が証明したことは、米国とその大西洋をまたぐパートナー諸国(NATO)が、アフガニスタン、イラク、リビア、シリアといったホットスポットで、ほとんど無差別に、衝撃を与えそれらの国を蹂躙することができるということだ。

一方、ロシアとプーチンは、ウクライナでの行動を理由に、ほぼすべての主要メディアでナチス・ドイツの再来として描かれている。

まず、はっきりさせておきたいことがある。

偽善とダブルスタンダードだけでは、どの国も敵対行為の開始を正当化することはできない。

言い換えれば、NATO諸国が2001年以来、深刻な結果を招くことなく世界中で無謀な破壊の道を切り開いてきたからと言って、ロシアやいかなる国も同様の行動をとる道徳的ライセンスを与えるものではない。

一国が武力行使を認め、「正義の戦争」に身を投じるには、納得のいく理由がなければならない。

そこで質問である。

これまでのロシアの行動は「正義」といえるか?

少なくとも理解できるものなのか?

その答えは読者の判断に委ねるが、いくつかの重要な点を考慮しないのは怠慢であろう」

以下にロバート・ブリッジ氏の論説の抜粋を紹介します。

ロシア時間3月2日10:24

ロバート・ブリッジ著
Robert_Bridge
アメリカ人作家・ジャーナリスト
著書に「Midnight in the American Empire, How Corporations and Their Political Servants are Destroying the American Dream」(『アメリカ帝国の夜明け』)がある。

米国とNATOは、戦争を始めることで制裁を受けたことはない。
なぜなのか?
ロシアのウクライナ攻撃への反応は、どう考えても西側のダブルスタンダードを露呈している。

2007年のミュンヘン安全保障会議での有名な演説で、プーチン大統領は、集まった世界の権力者たちに、

「なぜこの(NATO)拡張の際にロシアとの国境に軍事インフラを置く必要があるのか」

と単刀直入に尋ねた。

「誰かこの質問に答えてくれませんか?」

この後、プーチンは、

「ロシア国境まで軍事施設を拡張することは個々の国家の民主的選択とは全く関係がない」

と述べた。

しかし、ロシアの指導者の懸念は、耳をつんざくようなコオロギの音の中で予想通り無視されただけでなく、NATOはその日以来、さらに4カ国(アルバニア、クロアチア、モンテネグロ、北マケドニア)を加盟させるに至ったのだ。

NATO軍の旗と軍人

Photo 出典元 Getty Images / Kay Nietfeld

例えば、ロシアが南米に軍事ブロックを構築し続けたとしたら、ワシントンはどのような反応を示すか、おバカさんでもできる思考実験をしてみよう。

しかし、モスクワが本当に警戒したのは、米国とNATOが軍事ブロックへの加盟を求め、隣国のウクライナに目もくらむばかりの高性能兵器を投入し始めたときであった。

いったい何が問題なのだろう。

ウクライナはロシアにとって存亡の危機に瀕していたのだ。

12月、我慢の限界に達したロシアは、米国とNATOに条約案を提出し、ウクライナや他の国の加盟を含む東方へのさらなる軍拡を停止するよう要求した。

その中には、

「NATOがウクライナや東欧、南コーカサス、中央アジアの国々の領土でいかなる軍事活動も行わない」

という明文化が含まれていた。

ロシアの提案は、またしても西側諸国の指導者たちから傲慢と無関心で迎えられた。

ロシア政府が次にとった衝撃的な行動については、人によってさまざまな意見があるだろうが、警告を受けていなかったとは誰も言えない。

結局のところ、ロシアが2月24日に目を覚まして、突然、ウクライナ領土で軍事作戦を開始する素晴らしい日だと決めたわけではないのだ。

そう、ロシアには自国の安全保障に対する懸念があり、それが行動を正当化する理由であったという議論は可能である。

しかし、米国とNATO諸国の過去20年間の好戦的な行動については、同じことを言うのはもっと難しいかもしれない。

最も悪名高い例として、2003年のイラク侵攻を考えてみよう。

この悲惨な戦争は、西側メディアのハッカーたちが不幸にも「情報の失敗」として片付けてしまったが、最近の記憶では最もひどいいわれのない侵略行為の一つである。

あまり泥臭い詳細を掘り下げなくても、米国は9・11の攻撃を受けたばかりで、イラクのサダム・フセインが大量破壊兵器を保有していると非難した。

しかし、米国は、イラクに駐在してその検証を行っていた国連兵器査察団と緊密に連携することなく、英国、オーストラリア、ポーランドとともに、2003年3月19日にイラクに対する「衝撃と畏怖」の空爆作戦を開始したのである。

この明白な国際法違反によって、罪のない100万人以上のイラク人が一瞬にして死傷し、移住させられたのである。

公益財団法人パブリック・インテグリティ・センターによると、ブッシュ政権は、差し迫った殺戮に対する国民の支持を高めるために、2001年から2003年の間に、米国とその同盟国に対するイラクの脅威について900以上の虚偽の声明を発表したという。

しかし、西側メディアは、軍事的侵略のための最も熱狂的な宣伝者となったが、どういうわけか、戦争のための議論にいかなる欠陥も見出すことができなかった。

もっと完璧な世界であれば、アメリカとその同盟国は、罪のない人々に対するこの8年間の長引く「過ち」をきっかけに、厳しい制裁を受けることが予想されたかもしれない。

実際、制裁は行われたが、米国に対しては行われなかった。皮肉なことに、この狂った軍事的冒険から生じた唯一の制裁は、ドイツとともにイラクの大虐殺への参加を断ったNATO加盟国であるフランスに対するものであった。

世界的な超大国は、このような拒絶、特に友人と称する人々からの拒絶に慣れていない。

アメリカの政治家たちは、自分たちは神のような例外主義者であると自負しており、フランス政府がイラク戦争に「恩知らずな」反対をしたために、フランスのワインやボトルウォーターをボイコットするよう要求している。

また、「フレンチフライ」と呼ばれる人気メニューを「フリーダムフライ」という名前で代用せよと主張する戦争煽動家もいた。

つまり、フレンチボルドーの不足とレストランのメニューの面倒な作り直しが、アメリカとNATOが何百万人もの命を無差別に破壊することで被る唯一の本当の不都合であったようである。

この米国と同盟国に対する紳士的なアプローチを、ウクライナの現状と比較してみよう。

ここでは、NATOの進出に脅威を感じているというロシア側の不当な警告にもかかわらず、正義の天秤は明らかにロシアに重くのしかかっている。

ロシアとウクライナの紛争についてどう思おうと、ロシアを長年にわたって非難してきた人々の偽善とダブル・スタンダードは、予測可能であると同時に衝撃的であることは否定できない。

しかし、今日の違いは、爆弾が爆発していることだ。

ロシア人個人とロシア経済に対する厳しい制裁はもちろんのこと、おそらくフランス経済相が自国は「ロシアに対する完全な経済・金融戦争」を行うことを約束したと述べたことが最もよく表しているように、ロシアの情報源からのニュースや情報を黙らせようとする極めて不穏な取り組みが行われているのだ。

3月1日(火)、YouTubeはヨーロッパのすべてのユーザーに対してロシア・トゥデイ(RT)スプートニクのチャンネルをブロックすることを決定し、それによって西側世界が世界の物語の別の塊を押収することを可能にした。

ウラジーミル・プーチンが政治的動機による迫害の地と称したように、ロシアが「嘘の帝国」で悪者にされてきたことを考えると、ロシアは今受けているノンストップの脅威に値すると考える人もいるかもしれない。

しかし、実際はそうではない。

このような世界的な大言壮語は、リベラル資本で流行しているある種の心ない徳政令のようなもので、すでに不安定な状況を不必要に悪化させる以外に、ロシアが完全に間違っていることを前提にしているのである。

このような無謀なアプローチは、議論の余地も、この極めて複雑な状況におけるロシアの側面を見る余地もなく、この先、本格的な世界戦争とまではいかなくとも、さらなるにらみ合いを保証するだけである。

西側諸国が積極的に第三次世界大戦の勃発を望んでいるのでなければ、ロシアに対する醜い偽善やダブル・スタンダードを止め、ロシアの意見や出来事に関するバージョン(外国メディアが紹介したものであっても)に辛抱強く耳を傾けることが望ましいだろう。

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が話題になっていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。

しかし、どのような事も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。

以上。

スポンサー広告
数々の世界的なデザイン賞を受賞、多機能デザインバッグTAJEZZO

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。