Extra ニュース

ロシア・トゥデイ・ニュース「ロシアで初の国際『反ファシスト会議』開催へ」

Photo 出典元 Getty Images / NurPhoto

ロシア時間3月1日23:15 ロシア・トゥデイ(RT)

「ロシア・トゥデイ(RT)は、ロシア連邦予算からの公的資金で運営されている、自律的な非営利団体です。2005年に最初の国際ニュースチャンネルを開設したRTは、現在、9つのテレビチャンネルでニュース、時事問題、ドキュメンタリーを放送する24時間体制のグローバルなニュースネットワークであり、6つの言語によるデジタルプラットフォームと、姉妹ニュースエージェンシーのRUPTLYを擁しています。

現在、RTは5大陸、100カ国以上で視聴可能です。主流メディアが見落としているストーリーをカバーし、時事問題に対する新たな視点を提供し、主要なグローバルイベントに対するロシアの視点を国際的な視聴者に伝えています。

2021年1月の時点で、RTのウェブサイトは合計で1億5000万以上の月間アクセス数を記録しています。2020年、RTは世界のTVニュースネットワークとして初めて、YouTubeのチャンネル全体で100億ビューを達成しています」

日本語解説:WAU

「ロシアで初の国際反ファシスト会議開催へ」

モスクワは、ウクライナの「脱ナチス」を目的とした攻撃を開始した後、ファシズムと戦うための世界的イベントを計画している

ロシア・トゥデイ(RT)によると、ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、第1回国際反ファシスト会議を開催する計画を発表し、ウクライナ危機の中でナチズムと戦うためにモスクワの動きをエスカレートさせたと言います。

ショイグ氏は火曜日、この新しいイベントについて記者団に語り、8月にモスクワ近郊で開催される国際軍事技術フォーラム「Army-22」に合わせて開催されると述べました。

セルゲイ・ショイグ国防相

Photo 出典元

この構想は、

「現代世界におけるあらゆる形態のナチズム、ネオ・ナチズムのイデオロギーとの戦いにおいて、国際社会の努力を結集する」

ことを意図していると言います。

ロシアは、旧ソビエト連邦共和国を「非ナチス化」するためにウクライナで紛争を戦っている時に、その反ファシズムの議題に注意を促しています。

RTニュースでは、今年1月に、

「米国国営メディアは、ナチスの協力者を自由の戦士に作り変えている」

として、ノルウェー・サウス・イースタン大学の、グレン・ディーゼン教授の論説を紹介しています。

グレン・ディーゼン教授

Photo 出典元

教授は、

「ウクライナの国家としてのルーツを再定義するために、ステパン・バンデラの戦争犯罪は白日の下にさらされる」

と題し、

「米国国営放送RFERLのウクライナ語チャンネルは、第二次世界大戦時のナチス協力者ステパン・バンデラの人生と遺産を復興させるために、協調的な努力を行っている。

ロシアで「外国人放送」として登録されているこの放送局が1月初めに投稿したビデオでは、戦時中の指導者は英雄か悪人かについてウクライナ人の意見は大きく分かれており、英雄説に大きく傾いている。

RFERLは米国グローバルメディア局の一部であり、年間予算8億ドル以上の政府管理下の組織で、「米国の外交政策目標」を推進することを公約に掲げている。

バンデラは、ヒトラーの第三帝国と同盟を結び、ユダヤ人の一斉検挙、民間人の処刑、赤軍の進撃と戦う役割を果たしたウクライナ民族主義者組織(OUN)の図抜けた存在であった。

OUNのメンバーの多くは、やがてナチス指揮官の統制下にある現地調達のワッフェンSSの全ウクライナ第1ガリシア師団の一員として戦うことになった。

この激しい民族主義運動の子孫は、バンデラを反ロシアのイデオロギー的な象徴として掲げ続けている。バンデラは、戦時中にポーランド人とユダヤ人を大量虐殺した、ヨーロッパで最もひどい犯罪に関連している」

と主張しています。

ステパン・バンデラ

Photo 出典元

以下に、続けてグレン・ディーゼン教授の論説を抜粋します。

ノルウェー・サウス・イースタン大学
グレン・ディーゼン教授

Twitterで@glenn_diesen

「米国国営メディアは、ナチスの協力者を自由の戦士に作り変えている」

バンデラの反ロシアのイデオロギー的支持者の多くは、ウクライナの市民生活や政治生活において指導的な役割を担っており、西側諸国から支持と甘受を受けてきた。米国は、少なくとも主流派では、ネオナチズムに対するイデオロギー的な傾向を持っていないが、その政策はパワーポリティクスの問題に帰結するものである。

ワシントンは、先行するすべての帝国が分割統治戦略をとってきたように、しばしばライバルを互いに押し付け合い、ソ連とロシアの主要な敵としてファシストを支援することに関心を持ったことが何度かある。

現在、東欧を反ロシアの最前線に作り変えようとしていることは、第二次世界大戦の戦犯をウクライナの国家建設の立役者として美化することを再び煽っているのである。

ソ連に対抗する同盟国

1941年にナチス・ドイツがソ連に侵攻したとき、後の米国大統領ハリー・トルーマンは「ドイツが戦争に勝っていると見れば、我々はロシアを助けるべきであり、ロシアが勝っていると見れば、我々はドイツを助け、そのようにしてできるだけ多くを殺させるべき」と主張した。

しかし、その後、西ドイツが同盟国、ソ連が敵国となり、アメリカはソ連と同盟を結んでドイツに対抗した。ドイツとの同盟は、ドイツ国防軍の「中傷」をやめさせ、世論を変えることを求めたヒンメロード覚書を受け入れることを意味した。

国防軍をボリシェヴィズムの敵として白紙化することは、新しい冷戦の現実に適応するために必要なことであり、そのためには、国防軍の後継として連邦軍を創設して協力することが正当化された。

かつての敵が味方になったのである。米国の秘密計画「ペーパークリップ作戦」は、戦後、約1600人のドイツ人科学者を米国に移送し、米国政府で雇用させるというものだった。

ナチス・ドイツ軍最高司令部参謀本部作戦部長アドルフ・ホイジンガーは、1957年に連邦軍の初代監察官となり、1961年にはNATO軍事委員会の委員長に任命された。フォン・ブラウンは、ナチス親衛隊の少佐でロケット工学者であったが、後にNASAのマーシャル宇宙飛行センターの所長になった。

東欧のファシスト

ヒトラー政権に協力した右翼民族主義者は、第二次世界大戦中の東ヨーロッパの反ソ抵抗勢力の主力であり、冷戦時代には効率的な「第5列」であり、冷戦後もヨーロッパの分裂を目指す反ロシアの運動に忠実であった。

例えば、ラトビアでは、赤軍と戦ったナチスの退役軍人を称えるために、首都リガで毎年ワッフェンSSの行進が行われている。

アメリカは、多国籍企業であるソ連を分裂させるために、「俘虜国」に対する支援を行い、民族主義やファシスト運動と共通の原因を作り出した。OUNのウクライナ人ファシストは、1950年代初頭からアメリカに定住し、ソ連邦内の分裂を生み出す重要な運動となった。

OUNはアメリカの情報機関によって支援されていたため、ラジオ自由ヨーロッパのようなプロパガンダ・チャンネルに影響力を持つようになった。

ソ連崩壊後、米国の対ウクライナ政策の第一の目的は、ウクライナとロシアの同盟を阻止し、代わりにウクライナを対ロシアの砦とすることであった。そのためには、深く分裂したウクライナに介入する必要がある。

東部ウクライナでは、ウクライナを多民族・多文化・バイリンガル国家と見なす多元主義的な国民性が支配的である。一方、西ウクライナでは一民族、一文化、一言語という一元論的な国家像が支配的である。

元ウクライナ大統領のヴィクトル・ユシチェンコ氏でさえ、「7年間もロシアと対立しているにもかかわらず、約40%のウクライナ人がウクライナ人とロシア人を一つの民族だと考えている」と最近嘆いていた。

2014年にヤヌコビッチ元大統領が倒されたとき、キエフ市議会議事堂にステパン・バンデラの肖像画が飾られた。

とはいえ、ファシストがウクライナの権力を独占しているわけではないことは明らかだ。2014年の抗議、暴動、クーデターには、汚職撲滅やEUとの緊密な連携など、かなりの程度、合理的な目標があった。しかし、ほとんどの革命がそうであるように、最も暴力的なグループが権力を掌握する傾向がある。

急進的な民族主義者は少数派だが、効率的な少数派である。ファシストの徽章が公然と使用されたことからもわかるように、彼らはクーデターにおいて中心的な役割を担った。

彼らは、クーデターに反対する東ウクライナ人に対して使われたアゾフ大隊のような任意大隊において、不可欠な戦力となった。

彼らの決意は、ゼレンスキー大統領がロシアに対して弱さを見せたり、ミンスク和平合意を守ったりすれば、キエフに進軍するというもので、反ロシアの立場を固め続けている。

この影響力はアメリカも認めている。2013年以来、米国は毎年、「ナチズムの美化と闘う」ことに専念する国連決議に反対票を投じている。2021年11月、全世界でこの決議に反対票を投じたのは、米国とウクライナの2カ国だけである。

政治的過激派の再ブランド化

国家は、自国の基本的な利益に従って行動し、その政策を価値や美徳という言葉で飾り立てる傾向がある。アメリカがシリアやイエメンにおけるジハード主義の同盟者の価値を認めていたように、ファシストもロシアに対して信頼できる同盟者であった。

極端なナショナリストやファシストに対するアメリカの支援は「民主主義の促進」として売られ、政治的野党やメディアの弾圧は「ロシアのハイブリッド戦争との戦い」として売られるのである。

RFERLの大胆な新しいビデオは、ワシントンがファシストを自由の戦士として再ブランド化する長い伝統を継続することに何の疑問も抱いていないことを示している。

====

注:現在、世界中でロシアとウクライナの紛争が話題になっていますが、我々が日本で入手する情報のほとんどは、欧米を中心にしたNATO擁護側から発信されているもの に限られていると言ってよいでしょう。

しかし、どのような事も、当事者両方の言い分を聞いて、読者が客観的に自身で冷静に分析し判断する方が賢明だと思います。 従って、この一連のウクライナ紛争のニュースに関しては、敢えて、ロシア側のニュースソースを全面的に解説しています。

以上。

スポンサー広告
圧倒的なボリューム。羽毛を超える暖かさの『殿様ふとん』

日本語解説について

この記事の感想:

翻訳者からのコメント:

ここまで読み進めていただいた貴重なお時間ありがとうございます。記事が面白いと思っていただきましたら、是非、SNSにシェアしてくださいませ。

下のコメント欄から、この記事への感想、知りたいニュースのリクエスト、その他何でもお気軽にご意見お待ちしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。